2018 / 02
≪ 2018 / 01 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - 2018 / 03 ≫

2018年 2月11日


ピアノ教師になって〇〇年。
数多くの発表会を経験してきました。


その中で最も大変で
最も悩んだ発表会のお話です。



それはもう25年も前の事になります。

主人の駐在にともない
フィリピンのマニラで暮らしていた時の事です。


マニラでの生活は
二人のメイドさんに助けられ
家事はほぼ無く
楽園のようなものでした。


そんな中
息子との約束である

マニラに行ったらピアノは教えない・・・・


と言う約束を守る事は出来ず
日本人のピアノの先生を待つ
駐在員のお子様たちのレッスンをしていました。



マニラに行って1年半後ぐらいの時

発表会をしてあげたい


と言う気持ちになり
ご紹介いただいた
日本人のヴァイオリンの先生と

合同発表会


をさせて頂く事になりました。


ホールを借りるのが難しいので
ホテルのペントハウスで行ったため
費用がかさみ
合同でないと難しかったのです。


ホテルでの開催なので
ミリエンダと呼ばれる
立食パーティーも楽しみのひとつでした。



初めてお会いする先生。

私より年上でしたし
マニラに長くいらっしゃるので
ほぼ先方の仰る通りに進めていて
プログラムなども
私が担当していました。


英語での対応でしたので
大変でしたが
生徒さんのため・・・・
と頑張っていました。



ところがある日
その先生から

ピアノの生徒さん達は

皆さん曲も長く
連弾もされるので
短い曲しか弾けないヴァイオリンの生徒さんと
比べると不公平なので
曲を短くしてほしい・・・


とのご意見がありました。


ピアノは音色の事を考えなければ
直ぐに音が出る楽器ですが
ヴァイオリンはそうはいかないのは
良く分かります。

でもそれなら
アンサンブルをするとか
何かしら工夫は出来ると思いますし
これまで一生懸命に練習してきた
生徒さん達の曲を減らしたり
カットするなんて出来ません。


自分の事では我慢して来ましたが

生徒さんの事では
我慢してはいけないと思いました。



と言う事で
こちらも強く主張して
かな~~り険悪ムードに・・・。



演奏時間に差があると言う事で
参加費にも差をつける事をご提案しましたが
それだけでは納得して頂けず
一時は

発表会が出来なくなる・・・

心配もありました。


悩んだ挙句
合同と言いながらも
同じ会場で
前半後半に分けて
別々の発表会にする事に落ち着きました。



ミリエンダだけは
合同でやるしかなく
妙な雰囲気で行われました。



慣れない土地で

思うように進めない
大変な発表会でした。



でも幸せなことに
ご理解ある保護者さまばかりでしたので
皆様に励まされながら
そしてとっても団結して下さり
とても思い出深い発表会になりました。



アルバムを出してきて
懐かしく思い出しました。











おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2018年 2月9日


ちゃんはいつも穏やかで
周囲の皆に優しい女の子です。


このところ手の乾燥が酷くて
ちょっと辛そうです。


でもそんな時でも
明るく笑顔でいられるのが
ちゃんの素晴らしい所だと思います。




ピアノを弾く時には
あちこちの関節を曲げ伸ばしするので
そのことで
症状を酷くしてしまう心配があります。



なのでここ数回は
ピアノは弾かずに
他の事をしています。


新曲視唱では
ソルフェージュの本を使って
11番、21番、31番、41番、51番、61番、71番・・・・・・
と1の付く番号の曲を
歌っていきました。



ちゃんは
音程もしっかりしていて
新曲視唱は
お得意みたい・・・・

楽しく進められました。




聴音もやってみました。

ノートに先生が弾いた旋律を
書きとります。

普段のレッスンでは
なかなか聴音まで時間が取れないので
じっくりと取り組んでみました。




ワークブック
じっくり丁寧に取り組みました。

普段のレッスンでは
最後の1~2分でパパパっとしか
みてあげられないのですが
こんな時は少し時間をかけて
説明してあげられます。



ピアノを弾くのが難しい状況でも
他に出来る事は
沢山あります。


骨折などで
レッスン室にいらっしゃること自体が
大変な場合もありますが
そうでなければ
いらして下されば
何かしら楽しく役立つことを
ご提供できるかと思います。




ちゃんのレッスンも
その時の状況に応じて
相談しながら進めていきたいと考えています。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2018年 2月7日


発表会のホールの抽選は
昨年の7月1日。


厳しい抽選の末
やっとの事で決まりました。



あの時はまだまだ先だと思っていましたが
気が付くと
もう5ヵ月前に迫っているのですね。


ちょっと焦って来ましたあ~~。




会場確保

発表会の準備の最初の1歩

ですが最も大変な作業でもあります。




そしてその次は

選曲



中学生までは
ほぼ決まりました。


大曲、難曲が
ずらっと並んでいます。


身が引き締まる(痩せるのではなく・・・)
と同時にとても楽しみです。



この後
高学年の生徒さんから順々に
選曲を進めていきます。



生徒さんご本人もお母様も
張り切っていらっしゃるのが
ひしひしと伝わって来ます。



素敵な曲を
たくさんご提案出来る様に
頑張りますよ~~。





そして
私一人では出来ない事
決まって来ました。



ゲスト演奏をお願いしている
フルートの久美子さんとご相談して
演奏曲も決まりました。

こちらも楽しみです。




ビデオやさん、写真屋さん

前回と同じ業者さんにお願いしたので
安心です。




そ~~して
私の頭の中では色々なプランが
渦巻いて来ました。


少しずつ具体化していきたいです。



やること満載の毎日ですが
時間管理を上手にして
進めていきたいです。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2018年 2月5日


私の教室で最年少の
年少さんのちゃん。

昨年5月からレッスンを始めました。

いつもニコニコで
理解力も集中力もあり
楽しくリトミック的な事を
レッスンしていました。


そんな中
昨年12月の
クリスマスコンサート
ステージデビューする事になり
本格的にピアノのレッスンを始めました。

弾ける弾ける~~


その頃から
毎週のレッスンも
リトミック的な要素が減り
ピアノ中心で進めています。

ぴあのどりーむ1巻
ピアノランド1巻
ピアノ弾けるよジュニア1巻
を楽しくレッスンしています。




そして
教室全体の取り組みの

楽語をおぼえよう

にも堂々参加しました。


お母さまに手伝っていただき
頑張って書きあげましたよ。




今日のレッスンで
みごと合格
凄いです。


ご褒美のお菓子を嬉しそうに選んで
レッスン中も何回か眺めていました。


今日は
その取り組みで
エネルギーを使い果たしちゃったのか
眠そうでしたが
最後まで頑張れましたね。



保育園でお昼寝が無くなったようで
遅い時間のレッスンは
年少さんには辛いですよね。


お母さまは
これからは仮眠させてから来ます。
って仰られていました。


いつもの事ながら
きちんと子どもさんの様子を見て
対応を工夫されている
素晴らしいお母様です。



これからも
大切に育てていきたいと思います。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2018年 2月3日


現在の場所で教室を始めて
15年を超えました。


転居が多かった私ですので
一か所でこんなに長く
教室を続けられたのは初めてです。




ここ数年はずっと
満室なので
生徒さん募集をしていませんが
それまでは

生徒さん募集もし
体験レッスンもしていました。



私の記憶では
体験レッスンにいらして下さった方は
ほぼ全員
ご入会して下さったように思います。


今のように
ホームページやブログが無い時も
生徒さんのご紹介がほとんどでしたので
事前に教室の様子は
お聞きになられていたかと思います。


これは本当に嬉しい事で
今までずっとずっと
素敵な生徒さん、理解ある保護者さまに
恵まれていた事に
感謝の気持ちでいっぱいです。



そんな中で
お1人だけご入会に至らなかったケースを
憶えています。


理由は

発表会への参加

についての事でした。



お母さまからは

是非入会させたいのですが
引っ込み思案で
発表会への参加が難しいかも知れません。


とのご相談を戴いたかと思います。



私は音大生の頃から
ピアノを教えさせて頂いていますが

発表会には全員参加

をモットーにしているのは
ずっと変わりません。



発表会では生徒さんが
  劇的に成長しますので
  その機会は大切にしたい。


教室の皆さんで目標に向かって
  励まし合って進んでいく雰囲気を
  つくりたい。


発表会一色で盛り上がっている時に
  参加されない生徒さんに
  疎外感を味あわせたくない。


のような理由です。



話が戻りますが

できればピアノを通して
その生徒さんの引っ込み思案を
少しずつ変えていってあげられたらいいな・・・



とも考えましたが
もしかしたら

発表会ごとに
今回はご参加されませんか?
ってお誘いする事も
その方にはご負担になるかも知れない・・・


とも考えました。



発表会の無いお教室もありますし
発表会は自由参加と言う
お教室もあるかと思います。


そのようなお教室に
行かれる方が
お気持ちが楽かな?


とも考えてその時は
ご入会をお勧めしませんでした。


その方が今もどこかで
楽しくピアノを弾かれていらっしゃる事を
祈っています




発表会全員参加をモットーに
するからには

参加して良かった・・・・・

と思って戴ける発表会で
なくてはいけません。



今回もそんな発表会になるよう
本格的に準備を始めます。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。