2017 / 03
≪ 2017 / 02 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2017 / 03 ≫

2017年 3月19日


今日は
頓所裕子先生の
お教室の発表会

春のクラスコンサート

にお邪魔しました。




出掛けに
私の教室の発表会のプログラムの校正で
バタバタしてしまい
途中からになってしまいましたが
ゆっくりと楽しませていただきました。



第2部の連弾
から
聴かせていただきました。

ご兄弟、ご姉妹
お友達同士
親子さん

色々なパターンでの
組み合わせは
それぞれ個性があって
楽しかったです。



そして

第3部は

お話とピアノ演奏

『ふくろうとそめものや』


朗読の柳戸陽子さんは
飯能ステップでも
朗読を担当されていて
いつもながら
とても惹き込まれました。


カラスがなぜ真っ黒なのか
私でもよ~~く理解できました。


そのお話の内容と
ピアノで奏でる音楽が
とてもしっくり来て
素晴らしかったです。



演奏する時に
色々な方法で
その曲のイメージを
膨らませてもらおうと工夫してますが
このように
お話と組み合わせるのは
とても有効だなと思いました。



休憩時間には
裕子先生と少しお話出来ましたが
最後はお忙しそうでしたので
ご一緒のお写真は諦めて
お友達の林田先生と一緒に会場を後にしました。


髪の毛もアップにされて
ドレスもとても素敵だったのに
ざ・ん・ね・・ん
でした。



穏やかで温かい時間が流れる
素敵な時間でした。


裕子先生
お疲れさまでした。

少しゆっくりされて下さいね。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 3月17日


過去に何回か

合同発表会

をした経験があります。



音大生の時に
4名の友人と開催した
合同発表会は
おそらく私の人生初の
発表会だったと思います。


記念品も手作りして
打ち合わせで集まるのが楽しくて
とてもアットホームな発表会だったと
記憶しています。



そして
息子がお腹の中に生息して
臨月の時の
合同発表会は
女性合唱団の伴奏をさせていただいていた
団員の素敵なおばさまお2人との
発表会。


新居の厚木から
実家の所沢まで
毎週、生徒さんたちのレッスンと
女声合唱の伴奏のために
里帰りしていた時の事でした。



そして今日書かせて頂くのは

マニラ時代の
合同発表会

の事です。


なかなか大変でした。


マニラ時代は
日本人会の女声合唱の指導などで大変で
生徒さんは今のように多くはお受けできなかったです。


2年半生活していた中で

発表会をしたいな・・・・・・

って思いましたが
日本のように手軽に借りられるホールもなく
悩んでいた時に
友人からヴァイオリンの先生が
どなたかと合同発表会をやりたいと
仰っている事を聞き

ヴァイオリンとピアノの発表会

開催する事になりました。



なぜか
諸々の事ほとんどを私がやる雰囲気になっていて

ちょっと・・・・

って思ってはいましたが
生徒さんのためと思い
得意でない英語で頑張って
準備を進めていました。


ところがある日
ヴァイオリンの先生から

ピアノは直ぐに音が出せる楽器だけど
ヴァイオリンはそうでないので
長い曲を弾ける子は未だ少ない。
プログラムを見ると
ピアノの生徒さんばかり
大曲を弾くのでバランスが悪いから
曲を減らすか短くしてくれないか?


とのお話がありました。


それは納得できません。
一生懸命に練習している生徒さんたちに
そんな事言えません。


という事で
電話でかなり言い合いになったように
記憶しています。


その結果
決裂・・・・


発表会は
日系ホテルの
ペントハウスで開催される予定でした。

それなりのお値段なので
合同発表会に踏み切ったので
やはり諦めたくない気持ちもありました。


結果

午前中はピアノ

合同のミリエンダを挟んで

午後はヴァイオリン


という形態で
発表会が行われました。


ミリエンダと言うのは
パーティのようなもので
ホテルのお食事で
立食パーティでした。


その雰囲気の微妙な感じと言ったら・・・・

異国の地での
苦い思い出の
合同発表会でした。


でもこの事で
普段からとても協力的な保護者さまたちが
更に温かく見守って下さり
更に良い雰囲気になった事も
とても良い思い出です。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 3月15日


ここ数年は
教室は満室のため

新規の生徒さん募集は
休止させて頂いています。


そんな中でも
お問い合わせを戴いています。


とても嬉しいことです。



ホームページやブログを
ご覧戴き

募集されていないようですが
やはり難しいでしょうか?


という感じの
お問い合わせです。


私の事や
教室の様子を
良く分かって下さった上での
お問い合わせなので
感謝しつつ
私も気持ちを込めた
お返事をさせて頂いています。



この時期ですと
5月から

レッスンスケジュール

見直しますので
そのタイミングで
上手く組めれば
お受けできるかも・・・・
という事も含めてお返事しています。


子どもさんの事を
一生懸命に考えていらっしゃるお母様方なので
ご縁が繋がれたら
嬉しいなと言う気持ちにもなりますね。



そんなこんなで
昨年7月からの方も含めて
お待ち下さっている方々が
いらっしゃいます。


体験レッスンなしで
大丈夫と仰って下さる事も
有難いですし
そのお気持ちを裏切らないようにしたいと
気持ちが引き締まります。


皆さん
発表会を見にいらして下さるので
プログラムを取りにいらして下さる時が

はじめまして・・・・・・

ですね。


大切なお子様を
大切に育てていきたいと
改めて思います。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 3月13日


発表会に向けての練習を
頑張りながら

生徒さんたちは
学校の伴奏でも
活躍してくれています。



レッスンの時間は
発表会の曲にたっぷり使いたいので
伴奏はあまり見てあげられていないのに
ほぼ自力で


オーディションにも
合格しています。


今日はそんな頑張り屋さんの
生徒さんたちをご紹介しますね。




中学3年のAちゃん。

卒業式で
生徒会長さんのご挨拶の時のBGMを
演奏させて頂きます。


この学校では
今まではCDを流していたとの事で
今回のナマBGM
初めてだそうです。

BGMなので
静かめな曲と言う事で
発表会で弾く

ドビュッシーのアラベスク1番

がピッタリ。


長さも5分程と言う事なので
これまたピッタリ。


発表会の曲が
激しく暗い曲だったら
どうなっていたのでしょう・・・・


本番が前倒しになり
大変でしたが
先日の補講レッスンの時
とても良くなっていて
嬉しかったです。



当日は
参列されている皆様に幸せを届けてね。



中学2年生の
A君とNちゃん。

2人そろって

3年生を送る会

の合唱伴奏に選ばれました。


この2曲は
ほぼ見てあげていませんが
本番は二人とも
立派に弾けたようで良かったです。




更に二人とも

卒業式の定番の曲

大地讃頌

の学年練習伴奏者にも選ばれていて
この難しい曲を
自力で頑張ってくれました。


いつの間にか
力が付いているんだね。



小6の
MちゃんとHちゃん。

3年生頃から
いつもオーディションで
ぶつかっていた二人。

仲良しでライバル


毎年、6年生が卒業式で歌う曲の伴奏者は
一人のようで
最後はどうなるのかと心配していましたが
今年は2曲の伴奏者が出るとの事で
2人とも弾かせて頂ける事になりました。


オーディションの日にちょうど
レッスンでMちゃんが来て

先生、二人とも選ばれました。

ってとても嬉しそうに
報告してくれました。


こちらも
発表会の譜読みに必死だった時期で
ほとんど見てあげていません。



伴奏をしたいと思い
それに向けて
オーディションのための準備をして
選んで戴けたら
責任をもってしっかり演奏出来る様に頑張る


簡単な事では無いと思います。


それがきちんと出来る様に
成長してくれている
生徒さんたちを
心から誇りに思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 3月11日


フェイスブックにお友達申請を戴くと同時に
こんな懐かしいメッセージを戴きました。


突然のメッセージを
失礼致します。
また人違いでしたら
申し訳ありません。

小学生の時に
ピアノレッスンを先生から
受けていました、
旧姓、吉村直美です。
千葉の松戸や鎌ヶ谷で
お世話になりました。


わ~~
憶えていますよ。
ご結婚されて苗字が変わり
また、お名前の漢字も変えられていたので
全く分からなかったですが
旧姓を書いて戴いたので
思い出しました。


私が結婚して
息子が幼稚園に入ったのを機に
自宅でレッスンを始めた
その時の生徒さんです。


主人の会社の上司でベルギー駐在中の方の
お家をお借りしていました。
ご近所でもちょっと目立つ敷地120坪の素敵なお家で
工務店の自慢の建物で
モデルハウスにもなっていました。


でも上司の方のこだわりで
家には穴をあけたくないとの事で
エアコンがつけられず
また、グランドピアノは不可と言われ
アップライトピアノしか
置けませんでした。


夏の暑い中も扇風機のみで
汗をかきながら
私の子ども時代の古いアップライトピアノでの
レッスンでしたし
更には貸家と言う事で
いつか居なくなってしまうかも・・・
という心配もあったかと思いますが
口コミで直ぐに土曜日のみのレッスンは
満室になりました。

今から思うと
本当に皆さん、
良く入会して下さったと思います。
有難いことです。


土曜日だけ主人に息子を見てもらって
レッスンしていました。


10名程で
発表会を開催したのも
懐かしい思い出です。


お母さま方もとても協力的で
助けられ、また多くを学ばせて頂きました。





その後、
このお家に住むことに疲れ
車で30分ほどの所に
とても小さいお家を買って引っ越しました。


松戸の六高台から
鎌ヶ谷の初富です。


六高台の生徒さんたちは
全員、初富まで通って下さる事になり
初富でのレッスンが始まりました。


その時、なおみちゃんも
妹さんと一緒に通われていたと思うのですが
2階のレッスン室は狭かったので
レッスンしていない人が
1階のリビングで息子の相手をしてくれていたと思います。


そんなご姉妹が何組かいらして
1人っ子の息子はお姉ちゃんたちが
いらしてくれるのを
とても楽しみにしていました。



驚いたことに
なおみちゃんが
息子の名前を憶えていてくれたのです。


25年前の事を・・・・
本当に驚くと共に
とても嬉しかったです。


なおみちゃんは
その後、私が主人の単身赴任先のマニラに
行くまで通ってくれていました。




そしてなおみちゃんとの
メッセージのやりとりが続きます。


前略

実は今度20年ぶりに
人前でピアノを弾きます。
先生に教えて戴いた
バレリーナとカノンです。

当時が懐かしく練習しない
テンポずれる
そんな私だったのに
温かくご指導くださったな
と思い出していました。


昔弾いていた曲を
今、人前で弾いてくれる・・・


とてもとても嬉しいことですよね。


偶然にもバレリーナは
4月の発表会で弾く生徒さんが居るんです。
曲への想いが募ります。


私は転居が多くて
沢山の生徒さんと
こんな風にお別れをしてきました。


そんな事を
ムジカノーヴァにも
書かせて頂きました。


でもこのように
ピアノを弾き続けてくれていたら
感激です。


そして
なおみちゃんは
とても素直で明るくて優秀だったと記憶してますが
ご本人はこんな風に
ご自分の事を思っていたことも驚きです。



なおみちゃんは
三姉妹のママ、そして
お料理教室の先生として
ご活躍です。


こちらがホームページです。

直見ママのつぶつぶ雑穀料理教室 栗の家


素敵なお教室に
行かれてみてくださいね。



なおみちゃんとの繋がりがきっかけで
子育てしながらの
ピアノ教師時代を
懐かしく思い出しました。


たくさんの方に支えられて
たくさんの方に見守られて
頑張っていた時代が
甘酸っぱく幸せな気持ちで
蘇りました。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。