2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

2017年 5月20日


ちゃんは5月からレッスンを始めた
明るく素直な女の子です。


お母さまはいつも笑顔で
レッスンに付き添って下さっています。




先日のレッスンで
取り組んでいる3冊のうちの2冊の本で

の音が出て来ました。



私は頭の中で

ここでスラーの弾き方を

しっかり身につけてもらおう

と考えていました。





この曲では
同音連打(レ・レ)のあとに
スラーで弾く音(レ➡ド)が
来るので
スラーを会得するのは
難しいケースかと思いますので
年齢が小さい生徒さんは
この曲では
スラーに取り組まないで終わらせる事もあります。



でもちゃんは
大丈夫と考えたので
スラーにチャレンジしました。





こちらの曲は
レドレドレドレド・・・・・
とスラーで弾く音が
いっぱい続きます。


と言う事で
今日のレッスンは
スラー
がポイントと張り切っていると
ソファーに座られて
じっとレッスンを見ていらしたお母さまが
ピアノの方に近ずいていらして

すみません。

今まではつなげなくて良くて
この曲からつなげるのですか?


と質問されました。


お~~
確かに・・・・・
不思議に思われるのかも知れません。

お母さま、とても良い質問です。

実はピアノは基本的にすべて音を
つないで弾くのです。
今まではドしか無かったので
つなげませんでしたが・・・。


なるほど・・・・・

そういう事なんですね。


ドしか無かった・・・

という言葉に
思わず二人で笑ってしまいました。



子どもは
良く分らなくても取りあえず
言われたとおりに弾いてみる傾向ですが
実際、きちんと理解できないで
進んでしまっている事もあるかも知れません。


そんな中
このようなお母様からのご質問は
とても貴重で
私も色々な気付きに出会えることがあります。


レッスンに付き添われているお母様には
何か疑問を感じられましたら
どんなことでも
ご遠慮されずに質問して頂きたいと
改めて思いました。


生徒さんもお母様も
笑顔で納得できるレッスンを
目指して進んでいきたいと思います。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。