2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

2017年 4月26日


今日は

フェルデンクライスのレッスン

松本裕子先生のお宅に伺いました。



少し身の上話をしてから

チェルニー30番を
譜面台に乗せると


チェルニー30番ですか?

と先生が微笑まれ

出し物が無くて・・・・・

と苦笑する私でした。



弾きましょう、弾きましょう

の裕子先生のお言葉で

堂々第1番を聴いて戴きました。



チェルニー30番は
小学生の頃弾いた時は
大嫌いでした。


でもその後
生徒さんのレッスンで一緒に弾いたり
やり直そうかと
始めから弾いたり・・・・


少しずつ魅力を感じてきています。


何回やっても良い教本ですよね。



今日の
チェルニー30番のレッスンは
とても楽しかったです。


レッスン前に

今更なんですけど
小さい頃から熱心に練習する子で
なかったので
指が弱いと思います。
これからどんなふうに練習していけば
それを克服できますか?



と先生にお聞きすると

先生は

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

車のサイドブレーキを引き抜いたり
鍵を割ったり
そういう事とは逆で指が鍛えられていない気がするんです。



2人で顔を見合わせて笑ってしまいました。


いえいえ指は充分強いと思いますよ。
使いこなせていなかったり
器用に動かせていないのだと思います。


恵まれた手を持っているのだから
それを上手に活かすことを考えましょう。




曲の中で
力を抜く場所や
手の向き、動きなどを
細かく教えていただきました。



その後

アルペジオの極意
教えていただきました。


ちょっとした工夫で
とても弾き易くなります。



思うように弾けないのは
指が弱いのではなく
指や身体の使いかたに対しての
工夫が足りないのだと思いました。


色々試して
一番弾き易い角度や動きを
探し出していく作業は
忍耐も要るし時間もかかりますが
成果を得られた時の喜びは
とても大きいと思います。




そして今日
とても嬉しいことがありました。


今の音は完全に脱力出来ていた音よ。

って先生が仰って下さいました。


左手の5の指

偉いぞ



今日も、また頑張ろうと思える
素敵なレッスンでした。



お母さまの発表会のご感想です。

発表会お疲れさまでした。
今回は何日も前から初めて
「緊張する・・・」と言っていたので
とても心配でしたが
先生のご指導と励ましのおかげで
大きな失敗することなく
演奏する事ができました。

緊張の中、きちんと演奏出来た事が
本人にとっても
大きな自信になったと思います。

終わって帰宅した後
「本当に楽しかった!!」と
充実した表情で嬉しそうに話していました。

毎回毎回思いますが
素敵な発表会に参加させていただき
ありがとうございました。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。