2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

2016年 8月16日


最近、お2人のお母様から
同じお申し出がありました。


ワークが進んでいるのですが
先生に預けて丸付けをして貰えますか?


と言うものです。



私の教室では
教本に合わせた内容の

ワークブック

に取り組んでいます。



教本に合わせて進ませたいのですが
レッスン中に時間が無くなり
丸付けをしてあげられないこともあります。



特に
ピティナステップやコンクールや
学校の伴奏などに
取り組んでいる時には
優先順位がそちらにいくために
丸付けが滞ってしまうことがあります。



申し訳ありませんでしたが、
今回のお申し出には
お応え出来ませんでした。




その理由は次の2つです。


その1 不公平になる


もしかしたら
他のお母様も
丸付けが滞ってしまっていたら


先生に預けてレッスン時間外で
丸付けをして貰いたいな・・・・

って思っていらっしゃるかも知れません。



でも私がいつも忙しそうにしているので
ご遠慮されているかも知れません。


もし、お申し出があった方に
レッスン時間外で丸付けをしてあげるなら
生徒さん全員に

ワークの丸付けが溜まってしまった人は
預かって丸付けしますよ。

とお伝えすべきかと考えます。

それが公平と言う事かと思います。




実は以前
そのようにしていた事がありました。

正直、結構大変でした。

間違った場所に付箋をつけて・・・・
説明を加えて・・・・・

お預かりしたワークが
私の手元で溜まってしまい・・・・


教員時代の定期試験の時の採点地獄を
思い出しました。




その2 生徒さんと一緒に丸付けした方が良い

理想は生徒さんと一緒に
見直して
間違いがあればその場で一緒に考えて
きちんと説明する方法だと思います。


間違いがほぼ無い生徒さんも居れば
おっちょこちょいも含めて
間違いが多く出てしまう
生徒さんも居ます。


どちらにしても
一緒に見ながら
褒めてあげたり
間違いを正したりしていけたら
良いなと思います。





レッスンを進めていく上で
レッスン時間外で
やらなくてはいけないことは
沢山あります。



ワークに関しては
今後は出来る限り
レッスン中に
生徒さんと一緒に
丸付けをしていきたいなと考えています。



もし、教本からワークが
遅れてしまっても
それはそれで復習する機会にもなりますものね。


保護者の方には
ご理解をお願いしたいと思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。