2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

2016年 7月21日


新しいスケジュールで新年度のレッスンが
スタートしたばかりの
5月初めにお問い合わせを戴きました。


生徒募集はしていないとの事で
諦めていたけれど
5月から新しい生徒さんが入られたとの事で
それならと連絡して下さったようです。

空きが出るまで待たせていただけますか?


と始めから待って下さるお気持ちでの
お問い合わせに
とても感激したのを思い出します。



何回かのやりとりで
とてもきちんとされたお母様だと言う事が
良く分りました。



いつもの事ながら

こんなお母様なら
きっと一緒に子どもさんを育てていけるので
ご縁を大切にしたい・・・・


そんな気持ちが
頭をよぎります。


その気になれば
土曜日、日曜日にもレッスンすれば
お受けする事は出来ます。


でもそれでは自分の許容範囲を超えてしまい
周囲の皆様にご迷惑やご心配を
おかけしてしまいます。



私の今までの人生
そんなことが沢山ありました。


息子の幼稚園時代の
PTA副会長。


バザーで100万円の収益を出すのが伝統の幼稚園で
それはそれは大変でした。
幼稚園に通い詰めました。
食事も作れなくて
友人がよくおかずを届けてくれました。


マニラ時代の合唱団の指揮者兼伴奏者。

日本人の皆様が楽しみにして下さっていた
年1回の大規模な演奏会。
慣れない土地でこれまた大変でしたが
メイドさん2人が居てくれたので何とかなりました。



息子が中学生だった時の
PTAでの本部役員選考委員会委員長。

進学校で気合の入ったPTA。

お母様方がお医者様や大学の先生と言うようなケースも
多く、なかなか大役は引き受けて戴けず・・・・・。

遠くから通われている生徒さんが多かったので
連絡は全て委員長が電話でするというのが鉄則でした。

家庭生活が破たんしそうでした。




色々な経験を反省しつつ
自分の許容範囲は犯さないように
気をつけています。


でもそんな気持ちに対して少しずつ

お受けしたい・・・

と言う気持ちが勝るようになりました。



楽器購入のご相談にいらした時
子どもさんもつれていらっしゃいましたが
お母様とのお話が中心で
ほとんど声をかけてあげられなかった事も
悔やまれています。


その時
お利口にしてじっと待っていた姿が
忘れられません。


早く先生として
またお会いしたいと考えるようになりました。


空きが出ないと言うことは
とても嬉しいことです。

でももしかしたらいつまでもお受け出来ないかも
とも考えました。



何とか私自身の時間のやりくりをして
8月からお受けする事になりました。


1年生のお姉ちゃまは長く
お待たせするわけにいきません。


妹さんはもう少しお待ちいただく事になりました。




いつまででも待つと仰って下さったお気持ちを
大切にして
より良いレッスンが出来るように頑張りますね。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。