2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

2016年 7月5日


今日は前回の

講座1 スケールとアルペジオ(基礎)

のセミナーに続き



ピアニストの身体の使い方

~フェルデンクライスメソッド的アプローチ~

講座2 跳躍(基礎)


に参加しました。




前回と同じく

講師は松本裕子先生。


場所は先生のご自宅である西八王子スタジオで

またまた素晴らしいスタインウエイ様を
たっぷり弾かせて頂きました。




今日は跳躍と言う事で
身体が重くて跳べない・・・・
と言う心配をしながらも
前回よりはお気楽な気持ちで参加しましたが

いきなり

先ずはこれを弾いてみましょう。
展覧会の絵の一部分です。

との事で
ビシッと気持ちが引き締まりました。


まさに和音の跳躍のオンパレードの部分です。


6名の受講者が2台のピアノで
交代で弾きながら
皆で跳躍に必要な事は何かを考える事から
スタートしました。



未だ頭の中も確実なものではありませんし
思ったようには出来ませんが
始めに弾いた時と
色々学んで最後に弾いた時とでは
弾き方がかなり変わった気がしました。



跳躍に必要なのは


骨盤を自由に動かすこと。

肩甲骨を緩めること。

弾いて直ぐに脱力すること。


との事です。



これを少しでも出来るように
とても分かりやすく
説明して下さり
皆さんで実践しながらの
セミナーでした。



身体がほぐれて
自由に動かせれば
音色が変わる。


そのことも
実感できました。


そして
身体の声を聞いて
無理なく楽しくピアノを弾けたら
良いですね。


今日学んだ事を少しずつでも
自分の演奏に活かし
生徒さんのご指導に
役立てられるように
頑張りたいと思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。