2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

2016年 3月10日


君はレッスンを始めて1年3ヵ月の幼児さんです。


とても頑張り屋さんで
教本の進度も速く
いつも綺麗な音で弾いてくれます。



昨年の
ピティナピアノステップでも

S評価をたくさん戴きました。



発表会でも
難しい曲にチャレンジし
しっかりと弾いてくれました。


ママとの連弾も
とても微笑ましかったです。



今もお家での練習も順調で
きちんと課題をこなし
更にその次にも進んでいる事が多いです。



ここまで書くと
なんの心配もないようですが
ちょっと気になる事があるのです。



6月のピティナ飯能ステップの選曲をした時
君にしてはとても易しい曲を選びました。


その時は2月の始めだったので
お母様も私も
口を揃えて


6月までまだいっぱい時間があるから
難しくても本当に弾きたい曲を選ぼうね。


でも君は譲らなかったので
お母様には

もう少し様子を見ましょうか?
曲をあとで変更することも出来ますので・・・・

とお伝えしていました。



そして2月末のレッスンの日に
私の本の中から10曲ほど候補曲を選び
その中から自由曲を
選曲し直すことにしました。



するとまたまた
その中で最も易しいと思われる曲を選びました。


いつも取り組んでいる教本の曲よりも
かなり易しい曲です。


私としては
せっかくなら少し苦労してでも
勉強になる曲をやって欲しいと考えていました。


お母様は候補曲の中で
2曲、弾いて欲しい曲があったようです。



先生が弾くと難しそうに聞こえちゃうかも知れなので
楽譜を持っていって
お家で弾いてみてごらん。

もしかしたら
な~~んだ易しいじゃないって思って
大好きな曲になるかもしれないよ。


その翌週
君はお気に入りの曲を探して来てくれました。

自分で弾いてみたら
安心したようでした。



君のように能力は充分あるのに
ちょっと不安な表情を見せるケースもあります。


そんなときは
しっかり観察して
背中をちょっと押した方が良いのか
黙って見守るのが良いのかを
見極める必要があると思います。



このように選曲をする時に
好きな曲より易しい曲を優先しようとする時は
普段のレッスンが負担になっていないかを
疑う必要もあるかと思います。



お母様には
少しレッスンの進度を落として見る事を
提案しました。


男の子ってプライドが高いし
周囲の人たちの期待に応えようとする
傾向が強いように思います。


息子を育てながら
そんな場面にたくさん出会いました。



何もかもが順調に見える
君ですが
もしかしたら
何かのサインを出していたかも知れません。



とかく順調に見える生徒さんのサインは
見落としがちですが
充分に気をつけてあげて
楽しくレッスンを進めていきたいと思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。