2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

2015年 12月30日


昨日は自分のレッスン
多喜先生のお宅に伺いました。


今年最後のレッスンです。


心臓破りと呼ばれているこの坂道を
何回行き来したのでしょうか



初めて多喜先生のお宅に伺ったのは
今年の
1月10日の朝9時でした。


その日から数えて昨日は
21回目のレッスンでした。

いつもお優しい笑顔で
温かく見守って下さる雰囲気の中で
とても多くの事を学びました。


長年続けて来た弾き方は
なかなか簡単には変える事は
難しいですが
ほんの少し、私の中で
色々な事が変化しているように思えます。


そして先生の深くて大きな人間力も
少しずつ学ばせて頂きたいと
毎回思います。


先生にお世話になってから
不思議な事に
人前で弾く機会が増えました。


今年は先日の教室の発表会も含めると
4回の本番がありました。


どれも納得のいく演奏では無かったですが
これから先生の元で少しずつ
精進していきたいと思います。



今日のレッスンでも
とても大切な事を
学ばせて頂きました。

音が繋がって聞こえるってどういうこと?


と言う先生の質問に直ぐには答えられなかった私です。

レガートと言えば
指使いを工夫して何とかして
指で音を繋ぐこと
としか考えていなかったです。


指で繋いでもレガートにならない場合もあり

指で繋いで無くてもペダルを使って
音の出し方を工夫する事により
レガートに出来る場合もある。



先生が弾いてみて下さると
それがとても良く分ります。


私のは指で繋ごうと頑張っている割には
レガートになっていなかった・・・・。


もっとピアノの音の出る仕組みを理解して
音色の追及をしないといけないなと思いました。


シューマンの
子供の情景


とても多くの事が
学べそうです。

お正月休みに
丁寧にじっくりと取り組んでみようと思います。


今日のお母様からのメッセージのご紹介です。

昨日は大ホールにふさわしい素敵な発表会でした。

出だしは緊張したものの
ステージの素敵さとピアノの響きと緊張感が
途中からとても気持ちよく感じ、
天を仰ぎたくなったそうです。
あまりにも気持ちが良くて天井を向いたまま
弾いてしまおうかとも思ったと
言っていました。
本人の実力よりかなりレベルの高い曲に
挑戦してしまった上に
練習時間が思うように取れず
後悔や焦りがある中で本人なりに
やり切った感があったのだと思います。




もう一つ・・・・・

先日は発表会、ありがとうございました。

そして、お疲れさまでした。
本当に素敵なコンサートで感激しました。
本人もとっても緊張したみたいでしたが
先生に優しく声をかけていただいて
ステージで最後まで弾くことが出来て
本当に良かったと思います。
ありがとうございました。
親子共にピアノを通して沢山の事を学び
とても充実した1年でした。
ありがとうございました。




今日のパスポート表紙のご紹介はこちらです。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。