2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

2015年 6月15日



飯能ステップに向けての


弾き合い会



第2グループは
小3と小4の5名の生徒さんたちでした。


内容は前回の記事で書かせて頂いたのと
ほぼ同じ進め方でしたが
第1グループに比べて
かなり緊張感の強い雰囲気でした。



学年が上がると
精神的にもピアノの技術面でも
考えることが多くなり
それが緊張に繋がるのですね。



そして私もその緊張した空気の中で
演奏させて頂きました。






よくピアノの先生仲間で話しますが


生徒さんの前では失敗したくないよね・・・・


そうです。そうです。
いつも偉そうな事を連発していますので。



出来れば(いやあり得ませんが)

完全無欠

でありたい。



今回もまた納得のいく演奏では無かったのですが
お母さまから嬉しいメッセージも戴けて
勇気が出ました。


ありがとうございました。




以前の発表会で最後の演奏の生徒さんが
40度近く熱を出して
それでも弾くと頑張り
ずっと楽屋で寝ていて
自分の時だけむっくり起きてきて
演奏したことがありました。


すごい根性です。
確か,月光ソナタの3楽章だったかと記憶しています。


演奏が終わって
私の胸で泣き崩れて・・・・・。

私も一緒に号泣。



でもそのあとは講師演奏だったんです。
ソロで暗譜でした。



全く気持ちが作れずに弾き始めて
途中まで自分でも訳が分からない感じでした。



発表会では
生徒さんに何が起こるか分からないので
自分のペースを守るのは難しいです。




今回は少し今の自分の気持ちを
お伝えしてから演奏しました。


お母さまたちが頷きながら
一生懸命に聞いて下さったので
思っていた以上に沢山お話させて頂きました。


本番は先生も不安なこと。
そしてそれと闘いながら頑張っていること。


だからこそ皆の気持ちが
本当に良く分かるということ。




課題は永遠に続くけれど
今、自分が出来ることを精いっぱい
頑張ろうと思います。



生徒さんたちの本番への不安や
喜びを本当の意味で
分かってあげられる先生でいたいと
思います。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。