2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

2015年 5月4日



昨日は


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015


に行ってきました。







私が自分自身のレッスンで悩んでいた時に


楽しいこと考えようよ。


ってあけみ先生が
誘って下さっていて
この日をとても楽しみにしていました。




最近お知り合いになった
依津子先生もご一緒で
いつもながらの
物静かで気品あふれる1日となりました。





2月にネットで昨日のパスポートをゲット。


熟練者の依津子先生のご指導の元
パソコンにかじりついて
頑張りました。



国際フォーラムは音楽一色。

凄い人の数でした。












やはり最も心に残ったのは
最終公演の


バッハ:ヨハネ受難でした。


2時間の長大な曲ですが
器楽・合唱・ソロ
全てが素晴らしく惹きこまれました。


巨匠ミシェル・コルボの元で
この3つが見事に一体化していて
大きなストーリーを
表現していたように思います。


拍手・ブラボーが鳴りやまない中
終電が気になり
そーっと退出しました。




そして、


ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調


大学時代に
ヴァイオリン科の友人の伴奏で
苦しんだ曲です。


全楽章やって3楽章の8分の6拍子に乗れなくて
大変でした。


確か試験曲で
自分の試験の時期と同じなので
泣きそうだったのを思い出します。



昨日はソリストが肩を痛めていて
ソリスト変更になりました。


自分ではない演奏家の演奏を楽しみに
集まっている観衆の前で演奏するということは
どんなにプレッシャーなのでしょうか


私は

オリヴィエ・シャルリエの演奏は
とても素晴らしいと思いました。


とても品があり高音域がとてもとても綺麗でした。





そしてピアノはやはり気になります。


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番


ショパン:ピアノ協奏曲第1番



共に素晴らしかったです。




ピアニシモの音だって
ちゃんと響きのある音なら
あんなに大きなホールでも
響きわたるんだな・・・・・


ピアノの鍵盤さんが
元気になって帰ってきたら
頑張って練習するぞって
自分に約束しながら聞き入っていました。




公演の合間にランチや夕食をとったり
丸の内エリアのコンサートまで
足を延ばしたり
本当に音楽三昧の1日でした。








公演の感動を分かち合い
そこからまた楽しいおしゃべり・・・・・
とても幸せな時間でした。



あけみ先生、依津子先生
楽しい時間を
ありがとうございました。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。