2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

2014年 10月15日

今日は自分のレッスンで恩師のお宅にお邪魔しました。

前回のレッスン以来
自分なりに丁寧な練習を心がけると共に

自分の音を聴く

事について本を読んだりして試行錯誤していました。


その結果、自分の音が以前より聴けるようになったのか
悪い部分が気になるようになり・・・・・。

それらの改善が不充分なまま
今日のレッスンを迎えました。


エチュード

前回よりは細かく丁寧な練習が出来ているね。

と仰って戴き

合格させて頂きました。


最後から2小節目の1拍目の右手の和音の
ソプラノのドを響かせる方法として
3つの音の打鍵距離で調整することを
教えて戴き

なるほど

と思いました。






そして、気合を入れて頑張った
インヴェンションですが
3小節目で早くも撃沈でした。

繰り返して部分練習はやってるのかも知れないけど
いつも同じテンポで練習してるだろう・・・・

まさに仰るとおりでしたのでそのご指摘に驚きました。

流石に全てお見通しの先生です。

という事で3小節目だけを
ゆっくりのテンポで練習。

自主練習の時間を頂き
かなりの時間、ここだけをゆっくりから
練習して少しずつテンポを上げました。



右手はブレス後、ピアノから始まり
拍を感じながらバランスよくクレシェンド

左手はしっかり出て後半でデクレシェンド
どうしても早くデクレシェンドを始めてしまいます。

ここばかりをひたすら繰り返して
弾いていましたが、それでも
百発百中ではありません。

少しムキになって頑張っていました。

先生が戻られて
更に更に遅いテンポをメトロノームで指示されましたが

弾けない

あんなにやったのにと自分でも愕然としました。


時間をかけないといけない練習もある。
1つ1つの音すべてをコントロール出来るテンポで
練習しないと改善できないからね。


問題のある部分は取り出してやってはいましたが
ここまで丁寧には取り組めていなかったです。

前回、仰られた1拍ずつの部分練習という意味が
良く分かりました。


練習ってこういう事を言うのですね。


何も改善せずに曲をどんどん進めても
何の進歩もないからね。
1つの曲で勉強出来ることをきちんとやって
次の曲でそれを生かしながら
また新しい事を勉強していかないと・・・・。


とても心に残るお言葉でした。


もう1曲の
イタリア協奏曲第2楽章

左手の3度の和音が綺麗じゃない

ということで即、撃沈でした。

これもまたエチュードと思って
取り組まないとです。


今日は生徒さんたちのレッスンはお休みにさせて
頂いていたので

おひとり様ランチをして



レッスン室のタペストリーを探して
ブラブラしました。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい。

スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。