2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

2014年 10月3日

昨日は自分のレッスン
恩師のお宅にお邪魔しました。


新曲の
イタリア協奏曲第2楽章は

譜読みとしてはまあまあだね。
次回は曲想を考えて弾いて来なさい。
ペダルは内声の響きに気をつけて
トリルの部分を濁らせないように・・・・。

とのお言葉を戴き
次回は自力で曲作りです。


そして問題は以前から弾き続けている2曲です。

撃沈でした。


大雑把な練習だけで丁寧な練習が出来てるようには見えない。

今回先生は新曲の譜読みよりこちらの2曲を何とかしなさいと
仰られていましたし、自分でもそう思っていたので
この2曲を中心に頑張ったつもりでした。

でもまだまだなんですね。

丁寧にやってるつもりでしたがまだまだ甘いんです。


自主練習の時間を頂き
インヴェンションの冒頭のみを繰り返し
練習していたら
急に弾けなくなってしまいました。

右手も左手も暴走

こんな状態の時に先生が戻っていらしたら大変と
思っていた時に

さあどうかな?

とお戻りになりました。


この悪夢のような状態をとてもお聞かせできないので

急に弾けなくなってしまいました。

と申し上げると


神経を張り巡らせて弾いたから弾けなくなったんじゃないの?
今まではそうでなかったから弾けていたんじゃないのかな?

自分では一生懸命に各パートを聴いて
弾いているつもりでしたが
これまたまだまだだったんですね。


学生時代は学校の授業内のレッスンだけでは
濃い勉強は出来てないはずだ。
今は、学生時代の延長でもなく
趣味程度のレベルでレパートリーを広げる訳でもなく
ピアノの勉強をしようとしてるんだから
もっと細かい練習をしないと・・・・。


この何回かのレッスンでずっと停滞気味のこの2曲。

この壁を乗り越えないといけないんだな
改めて思いました。

かなり頑張っても少しの成果しか見えないような
微妙な部分かも知れません。
でもその微妙な部分を先生は分かって下さいます。


もしかしたら頑張っていると思いながら
どこかで諦めていたのかも知れません。
まだまだ頑張れる余地はあるかと思います。


次回のレッスンまでにどこまで出来るか
正直、自信がありませんが
頑張るのみです。


レッスン後、休憩がてらお一人様ランチ。
先生のお言葉を思い出しながら自分が情けなくて
どんな顔になっていたのでしょうか

シェフのような方がいらして

バジリコ大丈夫ですか?
って聞かれました。

きっと私が泣きそうな顔で食べていたのかと思います。

とても美味しいです。

ってお答えしました。

本当はバジリコのパスタは大丈夫ですが私はダメです。

って感じでしたが・・・。


今日はお世話になった方のお通夜でした。
明日は告別式。

今日のレッスンと明日のご父兄とのランチ会を
キャンセルさせて頂きました。

急なことで申し訳ありませんでした。

受付のお手伝いをさせて頂きました。
85歳で亡くなられたのですが
すごい数の弔問の方々でした。
お人柄が忍ばれるお通夜でした。

懐かしい方にもお会いできて心が洗わえる想いでした。


色々なお話をして下さった恩師の
お気持ちを無駄にしないように頑張りたいと思います。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。