2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

2014年 9月17日

今日は自分のレッスン
恩師のお宅にお邪魔しました。


前回からの2週間、私の心に常にあった言葉は

油断大敵


前回、思いがけずとても嬉しいお言葉を戴けた

バッハのイタリアン協奏曲第1楽章

テンポを上げて崩れて
先生をがっかりさせてしまう事がないように
自分なりに頑張ったつもりでした。

結構慎重にメトロノームのテンポを
1つずつ上げて確認しながら進めていました。


な・な・なんと今日も始めから最後まで通して
聴いて戴けました。

そして

な・な・なんと合格が戴けました。

本番で弾くのならもうちょっとだけど
勉強としては良くなったので
次に行きましょう。

2楽章の譜読みだね。

そうでした。
2・3楽章もいらっしゃいました。
協奏曲ですものね。


好きな曲だったし、とても多くの勉強を
させて頂けたと思います。

大切なレパートリーになるように
時々弾き続けていきたいです。


そして

前回、大変な事になったインヴェンション

夕べは鍵盤も湾曲していなかったし
ちゃんと白黒だったし
まずまずのコンディションでした。

念には念を入れて
5回連続でノーミスだったので
流石に大丈夫かなと思いつつ・・・・・。

取り敢えずご注意戴いたニュアンスも
自分なりにやっていたつもりでした。

気合を入れて弾きだすと
次々に細かいご注意が・・・。

お恥ずかしい事にそのほとんどが
以前からのご注意でした。

自分ではそのようにやっているつもりでも
まだまだなんですね。

今日は冒頭の3小節のみを
細かく見て戴きました。



その中で、
1小節目の右手のファ・ラ・ファ・ド・ファと
2小節目の左手のファ・ラ・ファ・ド・ファの
スタッカートの音質と手の動きが違う

とのご指摘を戴き
自分ではあまり良く分からなかったのですが
帰宅して、先日松尾ホールで録画した動画を
見てみたら納得でした。

左手の動きが鈍くて右手とは異なる動きをしていました。

そんなご注意を遠く離れたソファから
なさる恩師を改めて尊敬です。


以前にレッスンを再開させて頂く時に

以前に弾いた曲をやり直すと言う事は
更に深い勉強が出来ないと
意味がないからな。

と仰られた事を思い出します。


常に自分の演奏をきちんと聴いて冷静に判断して
許せない部分はきちんと
取り組まないと・・・・。

諦めてはいけないですね。

そして、許せないレベルを
少しずつ上げていかないと・・・・ですね。


そしてエチュード
練習方法を丁寧に教えて戴いたので
頑張ってみます。


先日、松尾サロンの帰りにバタバタと
生徒さん達の楽譜を買ったら
2冊も間違っていました。

1巻がめでたく終了して2巻を買うはずが
またまた1巻を買っていて・・・・。

と言う事で楽器店により
今度は何回も確認して購入して
帰宅しました。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

【おはようございます】
先生、ご無沙汰しております!
私も先日ピアノレッスンに行ってきました。

私はチェルニーとショパンのエチュードを持っていきました。

チェルニーは苦手な所に入っていてなかなか次に行けません(><)
でも行ってくると自分に返ってくるものが大きいので(^^)
練習方法など教えていただいているのでまたがんばらないと!
来週は歌のレッスンを入れているのでそちらも頑張ります。
【頑張りましょうね。】
マッキー先生、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

マッキー先生もレッスンに行かれたのですね。
そして来週はお歌のレッスンですか?
凄いです。

先生が仰るようにレッスンに伺うと
気付きや学びが満載ですよね。
それがそのまま生徒さんにも還元出来れば
更に良いですよね。

練習嫌いの私が、恩師のレッスンに伺うようになり
自分なりに練習を頑張れるようになったのが
嬉しいです。

自分の練習時間を確保するのは大変ですが
マッキー先生も頑張っていらっしゃるので
一緒に頑張りま~~す。

ミニコンサート、お疲れさまでした。
トーンチャイムも買われたのですね。
私も欲しいな・・・・って思っています。
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。