2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

2014年 5月26日

5月21日に大切な友人が亡くなりました。


ご主人様からのお知らせのメールには

宝物のような〇〇子を失ってしまい・・・・
とありました。

彼女とは高校3年生の時に知り合い
大学も一緒でした。

名前とは全く関係ないのですが

ピーちゃん

と呼んでいたので、ここでもピーちゃんと
書かせて頂きます。


高3の時に初めて同じクラスになり
私にとってピーちゃんは憧れの存在でした。

女子校だったので
女の子女の子した子がちょっと大人っぽい感じの子に
憧れたりしますが
きっとそんな感じだったかと思います。

休み時間にキャーキャーとお喋りに夢中の私に比べ
ピーちゃんは良く自分の席で本を読んでいました。

音楽室で良くピアノを弾いていましたが
本当に上手で尊敬でした。

とても大人の雰囲気があり
少し近ずきがたかったような気もします。


そんなピーちゃんと親しくなったのは
音大の夏期講習会と冬季講習会でした。

一緒に通い、帰りにはあの頃1軒しかなかった
喫茶店に寄りお喋りしていました。

お子ちゃまだった私はそんな時間がとても
嬉しかったのを思い出します。


そして、めでたく二人とも
母校の国立音楽大学に入学しました。


そして月日は流れて
最後にピーちゃんに会ったのは
私の教室の発表会に
ゲストとして連弾をお願いした時でした。

2009年の9月でした。


ジムの筋トレでテニス肘になってしまっていた私は
頼りになるピーちゃんに連弾をお願いしました。

手を傷めているのでカバーして ・・・・・

な~~んて都合の良いお願いでした。

ピーちゃんは快く引き受けてくれて
とても精力的に取り組んでくれました。

曲を決めてから1週間後に
私をカバー出来るようなアレンジに編曲して
レポート用紙5枚ほどに解説を書いて
送られてきました。



ぴーちゃん、凄すぎ

3回ほど合わせましたが
毎回4時間ほどのとても熱い練習でした。


ピーちゃんの音楽への真剣な気持ちに
驚き、感動し、必死について行ったのを
思い出します。


当日は
とても感動的な演奏でした。

教室の発表会では生徒さんの事が中心で
自分の練習は後回しになってしまうのが常なのですが
この時は自分なりに頑張ったと思います。


そして、今回の悲しいお知らせがやって来ました。


一昨日、お通夜で何も言ってくれないピーちゃんに会い
お別れをしてきました。

会場ではピーちゃんの好きだったと言う
グレングールドのバッハが流れていました。

祭壇には
ピーちゃんの大学時代の恩師からの
お花も飾られていました。

良くぴーちゃんからお話を聞いていた先生です。

ピーちゃんが心から尊敬し
大好きだった先生です。

良かったね、ぴーちゃん。


そして会場にはピーちゃんの思い出の品も飾られていました。

私の知らなかった数多くのリサイタルのプログラム、
写真(私との連弾の写真も飾って下さっていました。)

そしてピーちゃんが書いたメモ
ピアノ演奏に関してのものです。
これはその中の1枚です。



ピーちゃんらしいね。

高校時代のマンドリンクラブのお友達も
沢山いらしていて

本当に才能のある何でも出来る人だったね。

と話していました。


もっと色々お喋りして
もっと色々教えて欲しかったよ。

ピーちゃんの足元には及ばないけれど
私は以前より真剣に音楽に向き合ってるよ。
ピーちゃんの分まで頑張るからね。
天国で見守っていてね。


発表会後に戴いたぴーちゃんからのお手紙の1部と
プレゼントの時計です。







ずっとずっと大切にするからね。

ピーちゃん、さようなら。


今日の作品です。
とても難しい曲にチャレンジしています。
譜読みももう一息。
最後まで頑張ろうね。
連弾は先生とミカ先生の作品
「タンゴNo.1」を演奏します。
かっこよく弾こうね





おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。