2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

2012年4月19日

ステージで演奏中に、いきなり
客席もステージも 真っ暗になったら
そのまま冷静に演奏を
続けられるでしょうか?

そんな事が、私がマニラ在住時代に起こりました。

日本人のピアニストさんだったと思います。

例によって、20分程遅れて、そのコンサートは
開演されました。

その頃、マニラでは時間通りに開演される事は
ほとんど有りませんでした。

演奏前の気持ちの作り方ってとても大変だと
思いますが、きっと演奏開始が遅れた事で
既に無駄なエネルギーを必要とした筈です。

そして、次なる悲劇が・・・・・。

コンサート中盤の頃、ステージも客席も
突然真っ暗になりました。

その頃、マニラでは、急激な経済成長に伴い
電力不足が深刻な問題でした。

日本の計画停電とは異なり、何の予告も無く
突然停電します。

運悪く、演奏中に停電に
出くわしてしまったのです。

のんびりしている国民性か、テキパキと発電機を
作動するなんて難しいのか、しばらく真っ暗なまま
でした。

冷房ももちろん切れたので、そのうち

会場はとても 暑くなり、
観客は、ダラダラムードでプログラムで
仰ぎだし・・・・・。

そんな中、そのピアニストさんは、汗だくで、
真っ暗な中、 演奏を続けていました。

立派です。尊敬です。

何とかしてあげたいけれど心の中で応援する事ぐらいしか
出来ません。

その後、しばらくして、発電機が作動し、照明は付きましたが
冷房までは力及ばずで、

暑いまま、コンサートは終了しました。

疲労根倍のピアニストさんが退場する時、私は力いっぱい
出来るだけの拍手をしていました。

すると更なる悲劇が・・・・・。

ステージ上をネズミさんが走る・・・・・。

私には良く見えなかったのですが、ピアニストさんの足が
一瞬止まったので、

疲れ果てて倒れてしまったらどうしよう・・・

と思ったのですが、一緒に行った友人は、しっかりと
ネズミさんの姿を確認したそうです。

きっと、やっと演奏が終わり、ほっとしてステージから
去ろうとした時、ネズミさんに遭遇したのですね。

本当に本当にお気の毒なコンサートでした。

マニラ時代にはまだまだ多くの驚きのエピゾード
いっぱいです。

その幕開けはグランドピアノが日本から
やってきた時の事です。

過去に書かせて頂きました。

【ポメロ】を見て思い出すマニラでの驚きの日々

停電についても暑い国なのでかなり大変でした。

いつかたっぷりとお伝えしたいで~~す。


おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。