2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

2014年  1月22日

7月の発表会のゲスト

オーボエの山内花さんにお願いしています。

大学院1年生のとても素敵なお嬢さんです。
お~~息子より更にお若い・・・・・。


昨年10月末にお母様の山内経子先生と花ちゃんと
3人でお会いして以来、3か月も経つのですね。

あの時は、まだまだ発表会は随分と先に感じていましたが
新年を迎え、1月も下旬に入り、

え~~あと半年


10月にお会いした時には、出来れば

モーツァルトのオーボエコンチェルト k314

メインにして・・・・・。

な~~んてお話ししていたかと思います。

大ブームだった
のだめカンタービレ
すっかり有名になりましたよね。

とても素晴らしい曲です。





ところが

モーツァルトは私の最も苦手な作曲家なんです。

聞くのはとてもとても良いのですが
弾くのは・・・・・。


ベートーベンみたいなモーツァルト・・・・
そんなことを言われたような記憶もあるような気もします。


明るく軽やかで透明感のある音色。

ペダルに頼らずに奏でる美しいレガート


何も講師演奏で苦手なものをやらなくても・・・
ですよね~~。


音大時代にヴァイオリンの伴奏をさせて頂いていた時にも
このタイプの曲は辛かったです。

更にコンチェルトは大変です。


自分の練習もきちんと出来てないのに、
ヴァイオリンの伴奏をしている なんて恩師に言えず、
見て戴いていなかったのもいけなかったと
今更ながら反省です。

今回も花ちゃんはもうこの曲を何回も演奏していて
ゼロからのスタートの私とは
大きな差が・・・・・。


でも

大きい生徒さんたちにちょっと聞いてみたら
みんなこの曲を知っていて
(恐るべしのだめカンタービレ効果・・・)

聞きたいと。

そして、吹奏楽をやっていた生徒さんは

先生、オーボエと言えばこの曲ですよ。
だそうです。


と言うわけで、
頑張ってみることにします。

やはり皆さんに喜んで戴ける曲を
やるべきですものね。


恩師にはまたまたお世話をおかけしますが
レッスンで見て戴けるようお願いしたいと思います。

恩師のご指導にしっかりとしがみついて行きます。

そして当日、花ちゃんと
素敵なモーツァルトを奏でたいな
と思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。