2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

2013年  11月9日

先日、永井祐子先生の素晴らしいコンサート
ご一緒したWさん(大人の生徒さん)のその時の感想が
私の心にとても響きました。

Wさんが小さい頃に教えて戴いていた先生は
1回も生徒さんの前で演奏された事が
無かったそうです。

発表会の連弾も全て生徒さん同士で
先生が生徒さんと弾くと言う事も無かったそうです。

1回だけ、プログラムの最後に先生の演奏が載っていて
とても楽しみにしていたら、当日
練習不足なので弾きませんとの事だったとか・・・・。

祐子先生は、今回のようにコンサートを企画されて
生徒さんたちのお手本となる演奏をされていますし、
ご自身のお教室の発表会でも
最後にソロで暗譜で演奏されていました。

尊敬です。
そしてまさにWさんの理想なのかも知れませんね。

教室の発表会では生徒さんたちに良い演奏をして貰うために
相当量のエネルギーが必要で、その上に自分の演奏をきちんとする
と言うのはとても大変な事だと思います。


私が千葉に居た頃の発表会で、トリを努める高校生の生徒さんが
高熱を出してしまいました。

周囲の人たちはこの状態で演奏するのはとても無理と判断しましたが
本人がどうしても頑張ると言うので、ギリギリまで楽屋で
寝ていて、自分の順番にやっと起きて来て弾きました。
それも暗譜で・・・・・。

何回も止まりそうになりながら、泣きながら必死で
弾いているその生徒さんの姿をみて私ももちろん
ウルウル・・・・。

演奏が終わると私に抱きつき、号泣でした。
本当に良く頑張りました。

ところがその後が私のソロの演奏で
もう動揺しまくりの中でのスタート。
落ち着きを取り戻すまで放心状態でした。

何とか大事故にはならずに終えられましたが
あれ以来、発表会でのソロの演奏は
正直ちょっと怖いんです。

という事で最近は毎回、ゲストの方にいらして戴き、
ピアノ以外の楽器や歌の伴奏、
またはピアノ連弾をさせて頂いています。
生徒さんに楽しんで貰おうというコンセプトの
講師演奏です。


でも先ほどのWさんのお言葉で今回
ある決心をしました。

12月のクリスマスコンサートでは
ソロで演奏させて頂こうと思います。

と言いながら、生徒さんとの連弾がとても多い事に
ちょっと怯えていますが・・・・。

更に、プログラム作りなど諸々の準備も
頑張らねばです。

発表会とはまた違い、内々のイベントなので
少しカジュアルな感じではありますが
公民館ホールなので自分達でやらなくてはいけない事も
多く、それはそれで大変かも知れません。

でもやはり先生も頑張っていると言う事を
お伝えしたいなって思います。


最近、音大時代お世話になった恩師の元に
レッスンに通わせて頂いています。

先生のご熱心なご指導にまだまだ全然
応えられていない状況ですが
何とか頑張ってお勉強を続けさせて頂きたいと
思っています。

ちょっとサロンパスだらけの私ですが
それでも練習したいと思っている自分が
不思議に思えます。


Wさんはお家にグランドピアノを
置かれていて、お忙しい中、時間を作り
練習を頑張られています。

今回のようにコンサートにも
足繁くお出掛けになり、感性を磨かれています。

発表会ではいつもトリを立派に努めて下さる
実力派です。

そんな風に頑張られている生徒さんに
負けないように、私も頑張りたいと思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




スポンサーサイト

【No title】
知子先生、度々先生のブログに登場させて頂いて、光栄ですが、お恥ずかしいです。

Wさんが仰った言葉を真摯に受け止めて、頑張ろうと決心された知子先生も素敵☆☆☆

今回のコンサートも生徒のお母さまの「祐子先生が弾くからいいんです。励みになるんです」の言葉に、あらためてCDの超1流のピアニストの演奏の方がいくら良くても、生徒にとっては身近な自分の先生が弾く事で、名曲をもっと身近に感じられるのかもしれないなと思いました。

知子先生、また3時間のレッスンに耐えて?頑張って下さい。生徒さんはきっと知子先生の演奏を聴いて、『もっと頑張って先生みたいに弾けるようになるんだ~」って思ってくれますから。

ピアノを習うモチヴェーションが上がってくれれば、こんなに嬉しい事はありませんよね?

生徒さんのWさんとご一緒に遠路はるばるいらして下さり、こんなに書いてくださり、感謝の念に堪えません。ありがとうございました。
【本当に仰るとおりだと思います。】
祐子先生、こんばんわ。
またまたコメントありがとうございます。
とても嬉しいです。

クリスマスコンサートでソロで弾こうと思ったのは
素敵なお手本の祐子先生のお導きでもありますよね。

そして、とてもご熱心にレッスンして下さる恩師にも
心から感謝です。
まだまだご注意戴いた箇所がなかなか思うように
直すことが出来ず・・・・・・。
申し訳ない気持でいっぱいなのですが、
今は少しずつでも自分のピアノが変わっていくのが
とても楽しいです。

恩師の
「卒業してからが本当の勉強だよ。」
と言うおことばがずっと心に残っていました。
この歳になってしまいましたが
恩師にしがみついて頑張りたいと思います。

先生の生徒さんのお母様のお言葉はとても嬉しいですよね。
身近な自分の先生の演奏は生徒さんにとって
とても印象深く、間違いなくモチベーションアップに
繋がると思います。

Wさんにも祐子先生が今回のコンサートに向けて
1に練習、2に練習、3・4が無くて5に練習
でいらしたことをお伝えしておきました。

祐子先生の生徒さん達は先生の背中をみて
しっかりと成長されますね。

私にとってもこれからもずっとかっこいい
お手本でいらしてくださいね。
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。