2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

2013年  10月2日

ちゃんは、大手楽器店のグループレッスンから
1年半ほど前に私の教室に移って来られました。

いつもニコニコ、精神的にも安定していて
それほど頑張らなくても器用に課題を
こなしてくる事が出来る生徒さんです。

先日初めて受けたグレンツェンコンクール予選でも
ちゃんは緊張したと言っていましたが
いつも通りの落ち着いた演奏で、銅賞まであともう一歩の点数の
優秀賞と言う素晴らしい成績でした。

そして、コンクールに向けてのレッスンでも
そんなに大変な思いをすることなく
難なくこなしてしまったと言う印象でした。


そんなちゃんなので、私も強い口調で注意する必要もなく
どちらかと言えばいつも穏やかなレッスン風景でした。


先日、レッスンに来たちゃんの様子が
ちょっといつもと違う感じでした。

先週もうひといきだった曲がどうしても
すらすら弾けません。
更にその曲は、先日行われたグループレッスンの
弾きあい会で弾く曲なのに・・・・・。

ちゃん、お家での練習頑張れた?

あ・ん・ま・り ・・・・・・

どうしてかな?
何か理由があるの?
具合が悪かった?

違う

学校の宿題とかで忙しかった?

違う

じゃあ気持ちの問題?
だとしたらそれは凄く大切な問題だよ。

と言ってちゃんのお顔を見ると大きな目から涙が・・・・。

初めて見たちゃんの涙でした。
思いつめた表情を見て私までウルウルしてしまいました。

もうすぐ皆の前で弾く事も分ってるのに
どうして練習できなかったんだろう。
ちゃんらしくないよね。

だってスラスラ弾けないから・・・・・

そうか、スラスラ弾けないから悲しくなっちゃったんだ。

大きく頷くちゃんでした。

挫折を知らないちゃんなのできっと弾けない自分を
どうして良いのか分からなかったのでしょう。

ちゃん、どうせスラスラ弾けないと思って弾いているでしょう。
それはもう気持ちが負けていると言う事なんだよ。

今から先生が魔法をかけるから初めの1段だけは
ノーミスで弾いてみようよ。

何回かやるうちにノーミスで弾けました。

今ノーミスで弾けていた事だけをイメージして練習しようよ。

そして少しずつ魔法をかけながら
最後までほんの少しのミスで弾けるようになりました。

お家に帰ってからもスラスラ弾けないからと言って
逃げては駄目だよ。

ノーミスで弾けていた自分だけをイメージして
練習してね。


ちゃんに笑顔が戻った頃、ちゃんと同じ学年のお友達が来ました。

こちらのちゃんはこの時、最高潮でした。
少し前にちょっと悩みを抱えていましたが
立派に乗り越えたところだったんです。


この2人で弾きあい会をしたらどうなるかな?
今のちゃんには辛いかな?

ちょっと迷いましたが、やらせようと思いました。

ちゃんに強くなって欲しかったから・・・・・・

ちゃんは私の提案を素直に聞いてくれて
頑張って弾いてくれました。


頑張ってね。楽しみにしているからね。
の言葉に笑顔で頷いたちゃんでした。


そして、グループレッスンの弾きあい会では
2曲ともノーミスで気持ちを込めて
立派に演奏してくれました。


ちゃん、強くなったね。

これからも色々な事があると思うけど
ひとつひとつ乗り越えていこうね。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




スポンサーサイト

【】
"気持ちが負けている""弾けたイメージ"その通りだと思いました。とても大切な事ですよね。
【自分にも言い聞かせています。】
冨永先生、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

今日は自分のレッスンで、まさにこの二つの言葉を
自分に言い聞かせながら、必死に
頑張ってきました。(笑)

演奏って本当に気持ちが大きく影響しますものね。

ちょっとの事でグチャグチャに崩れてしまったり
する事もありますよね。

生徒さんにアドバイスしていることは全て
自分に対しても言えることなのだと日々思います。

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。