2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

2012年3月28日

ミニコンサートのあとのお楽しみ(?)として
2部(高校生)と4部(中学生)では、
初見大会を行いました。

今回が初めてでしたので、私も手探りの準備でしたが
皆、真剣に取り組んでくれて、程良い(?)緊張感の中で
楽しく進められました。

今回、18曲にチャレンジしましたが、ちょっと
物足りなかったかな?と言う感じでした。
次回はもう少し、難易度を上げてみましょうね。

結果的には18番目の曲まで弾けてしまい、
(全員が○判定のボードを出してくれました。)

先生は皆さんの力を甘く見ていたかな?と反省

チェルニー30番や40番の片手なら
いつも初見でOKですものね。

練習してなくて、レッスンで初見に近い状態で
弾いている事ぐらい分かっているぞ~~。

私自身も初見は割と好きであまり苦にならない子供
だったかと思います。

お教室のホームページの講師プロフィールにも
書かせて頂いたように、
亡き母が「発表会で家で聞いた事のない曲を弾いていた」
と言うのはかなり真実です。

その努力の足りない体質を、大学受験時にとてもとても
反省したのでした。

マニラ在住時代、アットホームなコンサートで、良く
プログラムに無い曲を、突然歌いたくなってしまう人
続出する事が有りました。

有るとき、日本大使の方が「出船」を歌いたいと言い出され、
それまで楽しそうに初見で伴奏をしていたフィリピン人が
“ジャパニーズソングはNO!”となり・・・・。
知子コールに・・・・・・。

何とか切り抜けましたが、その後のコンサートでも、度々
知子コールが起こり、オペラのアリアまで
弾かされる羽目に・・・・・。

さすがに、オーケストラのピアノ編曲版は大変ですよね。

私の生徒さんが、こんな目に会うことは無いかと思いますが、
やはり、有る程度、初見が効くように育ててあげたいなと
思っています。

合唱の伴奏だって、突然、合唱パートを弾かされる事も
有りますものね。
そんな時、慌てず騒がず、笑顔で対応したいですものね。

何曲か、当日チャレンジした曲をご紹介致します。

① はるのワルツ
“え?これ弾くの?易しすぎてなんか恥ずかしい~”
“ペダル付けても良いよ”“これにペダルですか?”
“ウソです”なんて言う会話が有るぐらい易しい曲
なんといっても始めはリラックスして貰わないと・・・。

12032801.jpg 

⑭ まる木ぶね
  ヘヘヘ、短調で~す。
  でもへっちゃら・・・・。

12032802.jpg 

⑯ 見上げてごらん、夜の星を
  最近、良く聞かれる曲ですよね。
  左右の動きが少し変わっているのでどうかな?

12032803.jpg 

⑰ 春よこい
  季節感を出してみました。
  リズムに気をつけてね。
 
12032804.jpg 

⑱ 贈る言葉
  卒業シーズンでしたから・・・・
  ここでビックリ
  
  中高生たちはこの曲を知らない?
  お母様方は知っていらしたので、ここで世代の壁を
  感じました。

  今、再放送やっていますよ。涙、涙のドラマです。
  でもしっかり弾いてくれました。えらい 12032805.jpg

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。