2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

2013年 6月4日

今日は、岳本恭治先生

チェルニー30番で脱力奏法をマスターしよう

の講座を受講しました。


最近、この脱力がとても気になり、ムジカノーバ4月号に
岳本先生が書かれている記事を読み、
是非とも詳しくお話をお聞きしたいと思い、
今日の講座をとても楽しみにしていました。


なのに・・・・・・。

何と目覚ましがオンになってなくて、明るくて目覚めると
エ~~~
と言う時間。

バタバタと準備して、駅まで7分でダッシュ。
汗だくの幕開けとなりました。

今日は、一人で行ったのですが、極度の方向音痴の私は
駅から会場までが非常に不安。

スマホで調べておいたマップを凝視しながら無事到着。
な~~んだ。やれば出来るじゃない


先生は、とても熱く脱力の事を教えてくださいました。
脱力をイメージするのはとても難しいですが、
身近なことを例えとして示して下さり、
とても分りやすく楽しくお勉強させて頂きました。

ハイフィンガー奏法で手を傷められてから、
脱力奏法を学ばれたとの事でとても説得力がありました。

私自身も何回も腱鞘炎になったり、肩こりは日常的なので
この奏法を身につけて、手に無理させない、豊かで伸びのある
響きの音でピアノを弾きたいなと思いました。


脱力奏法の大まかな手順は

1 腕の重さを知る。
2 腕の重さに耐えられる指を作る。
3 それぞれの指を独立させる。
4 MP関節をリラックスさせながら指を支える。
5 脱力奏法でテクニックの基礎を固める。


それぞれの項目がとても興味深く、
2時間ばっちり集中しての学びの時間でした。

生徒さん達にも脱力について今までよりは
分りやすくお伝え出来そうです。


終了後、先生にブログアップのご了解を戴き、
少しお話させて頂きました。

いつもの癖で
一緒にお写真撮らせてください。

ともう少しで口から出そうでしたが、
セミナー会場の空気がいつもと違うようで、
控えめな私にはやはりお願い出来ませんでした。

もう少し、修行を積まなければ・・・・・です。

そうそう、私のチェルニー30番は200円と言う
お値段でした。

そして、書き込みを発見。
なんと、昭和59年にセミナーを受講した時のものでした。

結婚する前です。

教員を辞めた後、沢山の生徒さんを抱えて
ピアノ教師として暗中模索していた時代かと思います。


今日はレッスンをお休みにさせて頂いていたので、
久しぶりに夕食は新しいメニューを開拓しました。

白身魚のムニエル・オリジナルソース添え
シャキッとレタスとカニ缶あんかけ
ジャコ飯

13060401.jpg 


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



スポンサーサイト

【おはようございます】
チェルニーは大きな課題ですね♪

今、自分のレッスンで40番の復習をしていますが難しい・・・
生徒さんには「肩の力抜いて楽にしてね」などど言っていますが自分も出来ているのかなと思います。

日々勉強ですね(^^)

それと・・厚かましいお願いなのですが先生にお伺いしたいことがありまして一度お電話させていただいてもよろしいでしょうか?
【お勉強になりました。】
マッキー先生、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

脱力、難しいですよね~~。
昨日のお話だとマスターするまでに5年はかかるそうです。

そして、とても忍耐の要るお勉強ですよね。
どこまで出来るか分りませんが、少しずつ取り組んでみようと
思っています。

父の事が落ち着いて来たので、自分の練習を頑張らないと!!と
思いつつ、やはり自分の事は後回しになってしまいます。

お電話戴いてももちろん大丈夫ですが、せっかくなので
何処かでランチでもしながらゆっくりお話できたら嬉しいです。

ずっとお会いしたいな!!って思っていましたので・・・・・・。

私なんかでお役に立てるか分りませんが、宜しかったら
日程などご連絡いただければ嬉しいです。

ホームページにメールアドレス記載しています。

マッキー先生はお問い合わせフォームですものね。

中間地点はどの辺でしょうか?
楽しみにしています。
【No title】
嬉しいお申し出、ありがとうございます!

先生のホームページのアドレスに一度メールさせていただきますね!
【わ~~い!!お会い出来ますね。】
マッキー先生、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

やっとお会いできますね。
とても嬉しいです。

ご連絡お待ちしていますね。
楽しみにしていま~~す。
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。