2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

2013年 5月23日

昨日は、 

第13回 リーラムジカセミナーを受講しました。
 

子どもたちの目が輝く!魔法のコード&伴奏指導法セミナー

講師は折田信枝先生です。



音大時代に一番苦手だった科目は、

キーボードハーモニーでした。

ちょっと暗めの(すみません)先生がちょっと(いえかなり)
怖く、私にとっては辛い辛い授業でした。

指名されて弾かされますので・・・・・。

おそらく私の周りの友人達は皆、苦手科目だったかと思います。

なぜか脳が弱っている割には先生のお名前を憶えています。


そして、コードとの本格的な出会いは、
楽器店の講師になるつもりで取ったグレード試験の
勉強だったように思います。

結局は、楽器店からは内定を戴きながら辞退して
中学の教員になったのですが、講師になっていたら
コードとも仲良しになっていたのでしょうね。


そんな訳で、コードは私の苦手分野なのです。

でも、必要性は以前から感じていたので今回の受講に
至りました。

苦手なのだからと早めに購入してしっかりと
勉強するはずだった

13052301.jpg

結局、開くことなくセミナー当日となってしまいました。


折田先生はとても面白く、笑いの耐えないセミナーでした。

左脳でとらえ、何度も鍛える事によって左脳から右脳に転換させる。
難しい内容こそ、易しそうに楽しく教える。

主要3和音で充分。

と言うお言葉が印象的でした。


教室経営のセミナーとは違い、お話を聞いて直ぐにレッスンに
活かせるかと言うと難しいかも知れませんが、
自分なりにまた勉強を進めて、出来れば
グループレッスンの指導案を作ってみたいと思います。


自分の好きな曲に自由に素敵な伴奏をつけられたら
どんなにか楽しいでしょうね。

そして、そんな風に生徒さんたちを育てていきたいなと
思います。



レッスンでお渡しする連絡ノートが書けていなかったので、
交流会は失礼しようかと思っていましたが、
お知り合いの先生方にお会い出来て嬉しくて

何とかなるさ~~~

なんて根拠の無いことを考えてしまい
好例の交流会にも参加させて頂き、
楽しい時間を過ごさせて頂きました。

最後まで残っていましたので、集合写真にも
入っていま~~す。
 
13052302.jpg

折田先生と、久々に再会できた先生方と。
懐かしい想いでたっぷりお喋りできて嬉しかったです。
 
13052303.jpg


主催して下さった藤先生、ありがとうございました。

トークセッションでのお話の引き出し方が
素晴らしくて耳がダンボになっていました。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



スポンサーサイト

【No title】
わぁ すごく誉めていただいて恐縮です。
ありがとうございました。
お忙しい中いらしていただいていたんですね♪

思いっきり目をつむっていますが(笑)
この上から目を書いていただいていいですか?(嘘)
またお会いできる日を楽しみしています。
コードに苦手意識がおありでしたら、旧刊の1巻を生徒さんと一緒にやっていってください。知らず知らずに自分の中で右脳に転換してるはずです(笑)
【これを機会に頑張ります。】
折田先生、おはようございます。
お疲れのところ、コメントありがとうございます。

セミナーを聞かせて頂きながら、1巻が必要だな・・・・・
と思いましたが、当日は完売でした。

近じか入手して生徒さん共々お勉強したいと思います。

お写真に目を書き込む・・・・・・
こちらも大至急、学習しなければ!!ですね。

コードの勉強と、目を書き込む勉強とどちらを優先するか
先ずはじっくりと検討したいと思います。(笑)

夏に向けて、“パッションフルーツが乗ったデニッシュ”を
目指します。

今後とも宜しくお願いします。
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。