2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

2013年 5月9日

先日のブログでご紹介した

ミッキーといっしょシリーズ

楽譜のことば
作曲家のおはなし
楽譜のやくそく

を他のカード類などといっしょに
レッスン室のテーブルの上に置いてみました。
 
13050901.jpg


直ぐに気がついて手にとって見てくれる生徒さんが
何人もいましたよ。

そして、付き添いのお母様も興味深そうに
ご覧になられていました。


先ずは大成功



そして、レッスンでも早速大活躍です。


小3のMちゃんの場合

チェルニー練習曲にちょっと手間取っています。

チェルニーってどんな人だろうね
調べてみようか


ベートーベンの弟子だった。

ピアニストとしてデビューしたのに内気な性格なので
  人前での演奏より作曲を中心に活躍する。

楽しいとは言いにくい曲で、なかなか進んで練習して貰えない
チェルニーさんですが、こんなエピソードを知ると
ちょっと練習してみたくなりませんか


続いて、クレメンティのソナチネを練習中だったので、
クレメンティも調べてみました。

モーツァルトと腕くらべ対決をしたピアニスト。
  凄い~。

そして、代表作にはちょうどMちゃんがレッスンしている曲が
載っていました。

え~~この曲が代表作
嬉しそうなMちゃんでした。



小3のRちゃんの場合

レッスン曲の最後にD.C(ダ・カーポ)が書かれています。

あれRちゃん、何を探しているのかな

もしかして、D.S(ダル・セーニョ)と混乱してるかな


と言う事で、

楽譜のことばで調べてみました。

D.CとD.Sの違いがとても分りやすく説明されていました。


こんな風にレッスン中に疑問に思ったことを
直ぐに調べられたら良いですね。

このシリーズ、とても良さそうです。

もう少し買い足してレッスン室に常備しようと思います




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





スポンサーサイト

【こんばんは】
使いやすそうな本ですね!
すぐ調べられるのはいいですよね。
私も買ってみようかな♪

以前コメントさせていただいた「ぴあの鍵盤」。
今週生徒さん達に紹介だけしました。
まず「ねえねえ~これ触ってみてよ~」と渡しました。
みんな「えっ!何これ!超きもちいい!」「癒される!」という反応で見ていて楽しかったです。
その後、ざっと使い方の説明もしましたが・・
レッスンにうまく取り入れられるようによく勉強します♪
【とても使いやすいですよ~~。】
マッキー先生、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

このミッキーといっしょシリーズはお奨めです。

作曲家のエピゾードが子供達の心に残るインパクトが
強いものを選んでる感じがします。

チェルニーが内気だった・・・・・
って何だかちょっと身近に感じますよね。

本当に小さくて薄い本ですが、内容は濃いと思います。

ぴあの鍵盤・・・・・・・。
家の生徒さんたちも先生の生徒さんと同じような反応でした。

気に入っちゃって持って帰りたい!と言う生徒さんまで
いました。(笑)

使い方のDVDがネット上で見れました。
とても参考になりました。

使い始めてまだ4日目ですが、既に悲惨な
ぴあの鍵盤さんです。
どのぐらいもつかな~~とちょっと心配です。
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。