2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

2013年 3月14日

前回の記事の続きです。

大学を卒業して直ぐに中学の教員になり、
とてもとても自分の勉強が出来るような状況ではない中、
月日が過ぎて行きました。


教員を辞めると同時に勉強しなおそうと考えて
恩師のレッスンに通うようになりました。

恩師の門下の音大生と一緒に演奏会にも出させて頂きました。
真っ赤なドレスに身を包み・・・・・。


その後、結婚すると直ぐに息子が誕生し、子育てに全力投球。
しばらくはレッスンを中断させて頂いていました。


そして、息子が3歳になったのを機に教室を始めたので、
発表会の講師演奏の曲などをレッスンして戴いたりしていました。

音大生の頃の立場とは少し違う雰囲気のレッスンを
楽しんでいました。


ところが

ある日、その状況は一変しました。

息子のヴァイオリンの先生に伴奏を頼まれて
クロイツェルソナタを持って行った時、
未だ譜読み程度だったため、恩師の怒りに
遭遇してしまいました。

とても後味の悪いレッスンとなってしまいました。


その少しあとだったでしょうか
音楽の道に進めそうな生徒さんをレッスンにお連れしました。

その時の様子はこちらです。

母校の音大の恩師が太鼓判を押してくれた・・・・・。

Nちゃんのレッスン後、母校の恩師に戴いた・・・・・。


才能ある生徒さんとのレッスンはとても楽しそうな恩師でした。


この時を最後に恩師にお会いしていません。

あの後味の悪いレッスンがトラウマになり、
自分で納得できるレベルまで弾けていないと
レッスンに伺えなくなってしまっているのでしょう。

それでも年賀状には毎回、
今年こそレッスンにお伺いさせて戴きたいと思っています。
と書かせて頂いています。


そのままの状態で長い年月が流れてしまいました。



今、私は友人の紹介でとても信頼できる先生に師事しています。
師匠と呼ばせて頂いています。

この師匠の元でしっかりと精進して、いつか恩師
演奏を聞いていただきたいなと思っています。

先生のお言葉通りに卒業してからも頑張っています。
と胸を張って言える様に・・・・・。

5回連載になってしまいました。
お付き合い下さり、本当にありがとうございました。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。