2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

2012年3月4日

レッスン後の夜にお母様から
こんなメールを頂きました。


今日のレッスンすみませんでした。
 は今、不安定でそれがレッスンにも出てしまったようで
申し訳ありません。(1部略しています。)
 は、スイッチが入ってしまうとしばらく
聞く耳をもってくれません。
家では叱るのですが逆効果になります。
何がきっかけかわかりませんが、突然
普通にもどります。
二人とも、辞めるのは嫌だと言っているので
これからも宜しくお願い致します。

私は次のようなお返事をしました。

お忙しい中、ご連絡ありがとうございました。
メールを頂き、お二人の様子が良く分かりました。
レッスン中の事は全く心配要りませんよ。
最後は二人とも良い子でがんばってくれましたものね。
お母様は3人抱えてどんなにか大変かと心配しています。
力不足ですが、ピアノを通して少しでもお力になれれば
と思います。
せめてピアノにいらした時はお母様もリラックス
なさって下さいね。
私も対応を色々と工夫してみます。
そして二人がピアノを辞めたくないと
言ってくれているのがとても嬉しいです。
ピアノを通して二人の状態を良い方向へ
進められればと思います。
お母様、どうぞ自信を持って頑張って下さいね。

長女ちゃんは小学1年生、次女ちゃんは年中さん、
そして長男くんは1歳。
お天気の良い日は、ママは長男くんをおんぶして
次女ちゃんを自転車の後ろに乗せて、1人で自転車を
こいでいる長女ちゃんの心配をしながらレッスンに
やって来ます。
まさに、御一行様到着 という感じです。

長男くんは生後一カ月からレッスンに付いて来ているので
私は、新生児の頃から、首がすわる、寝返り、伝わり歩き
一人歩き、おしゃべりなどなど一緒に成長を楽しませて
頂いています。

この長男くんの誕生で長女ちゃんと次女ちゃんは
少し不安定になっているようです。
でも感心するのは二人が一緒に調子がおかしくなる事が
無いということです。
ちゃんとママの事を考えながら交代で甘えんぼさんに
なっていたように思います。

ところが、この日はなぜか二人揃って御機嫌が悪くなって
しまいました。
更に自己主張の始まった長男くんも泣きだして・・・。

でも、お母様は笑顔を絶やさず、頑張っていました。
私はその姿を見て本当に感心していました。
一番泣きたかったのはお母様だったと思います。


私も最善を尽くして頑張ったと思っていましたが
今から考えるともっと色々な手段があったのでは
と後悔しています。

まだまだ私の引き出しは空っぽに近いなって。

そんな時、ある本を思い出しました。
私がコーチングのセミナーに参加していた頃に
購入した本です。

12030501.jpg




この本の中の「アイディア豊富なサポート方法」という
項目に私が青木先生にたまたまメールした文章を
掲載して頂いたのでお教室のお母様方も6名ほど
読まれています。

コーチングの5原則は

①人は皆、無限の可能性をもっている

②他者の支援によって、可能性や能力を
 開花させることができる。

③答えは相手の中にある。

④コーチは相手のすべてを受容し、相手からの
 全幅の信頼を得ている。

⑤選択し、行動し、成長を出すのは
 本人である。

改めてしっかりと読みなおそうと思いました。

お母様たちはそれぞれ悩みを抱えながら毎日
子育てに奮闘しています。
引き出しをいっぱいにして
どんな悩みにも
最善の方法で対応できる先生でいたいなと
思います。

そして「ピアノを辞めたくない」と言ってくれる
生徒さん達に感謝し、楽しいニコニコの
レッスンを工夫していきたいと思います。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい











スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。