2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

2012年10月27日

前回のブログに登場された

音大時代の恩師ですが、

怖い、厳しい・・・・とばかり書いてしまいましたが
とても良い先生で、とてもお世話になっています。

レッスンになかなか行けないのは私の力不足でして・・・・・。

新しく巡り会った師匠の元にレッスンに行くことになったのを
きっかけにいつも気になっていたこの恩師の事を書いてみようと
思っています。

何しろ、35年程のお付き合いなので、何回かに分けて
書かせて頂きますね。

恩師との出会いは、かれこれ35年程前、私が高3の時で
音大を受験するためにレッスンをお願いする事になったのが
きっかけです。

高3の年末に初めて恩師のお宅にレッスンに伺いました。

受験生なのに、受ける大学の先生に付くのがこんなに
遅いなんて・・・・っと驚かれた方も多いのではないかと思いますが、
私の両親が音大受験には反対だったため、なかなか進路が決まらず
こんなに受験準備が遅れたのでした。

両親の考えは、音楽を専門とするのでは無く、他に専門を持っていて、
更に音楽が出来る人になって欲しい・・・と言うもので、

音大に行って音楽を専門に勉強したい

と言う私の考えと隔たりがありました。

私の1歳上の従兄弟がまさに両親の理想で、
彼は、東大理学部と芸大のオーボエ専攻で迷い
東大に進みました。
そして、東大のオーケストラでオーボエを吹いていました。
今でも、趣味で続けていると思います。
こういう方が身近に居てくれると辛いですね~~。

とそんな訳でなかなか大変でしたが、最後は私の希望を受け入れて
貰い、やっと受験準備が始まった訳です。

初めのレッスンで、あと3ヶ月ちょっとで合格ラインに
進めるのはかなり大変と言われ、練習をガンガンやった事のない私に
やっと火がつきました。

この時はとにかく譲歩してくれた両親のためにも現役で合格したい
気持ちがとても強かったです。

週に2回はレッスンに通うように言われ、週末だけでは足りず
高校の授業を抜け出してレッスンに通ったりしていました。

私の通っていた高校は、進学校で音大志望でも“数Ⅲ”を履修しないと
いけないような学校でしたが、私の居たクラスは
芸術系に進むメンバーが 集まっていて、私のようにレッスンに
行っていたり、 美術室に篭って 絵を描いていたり・・・・・。
ちょっと風変わりなクラスでした。
余談ですが、ニュースキャスターの“小宮悦子さん”と同窓生です。
小宮さんは芸術クラスでは有りませんが・・・・。

話は戻りますが、私にとってこの厳しい恩師の元に
週2回レッスンに行くと 言うのはかなり大変な事です。
自分でも驚くほど練習していたと思います。

レッスンで指摘された事を直していく事だけに
必死で頑張っていたと思います。

そんな日々を送る中、私に悲劇が訪れました。

練習し過ぎでその年の大晦日に腰を痛めて、
救急車で搬送される事になったのです。

話があちこちに行ってしまい、本題があまり進んでいなくて
すみませんが、 今日はここまでにさせて頂きます。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい






スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。