2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

2012年10月7日

9月30日に受講しました

ピティナ・ピアノ指導セミナー

ですが、3講座、更にランチもとても充実したもの
でしたので、4回に分けて書かせて頂きました。

今回は、最後の第3講座になります。

優れた生徒を育てるステップ・アップ講座
~本当の音楽を求めて、生徒の心に
「愛と実を蒔く(ピュイグ=ロジェ)」ためには~

講師は、

杉浦日出夫先生です。

戴いた資料からの抜粋です・

音楽大学などでピアノの演奏法、指導法などの講座を担当する。
ピティナ・ピアノコンペティション全国大会審査員、
毎日学生コンクール審査員、ミヨシネット会長などをつとめる。
元名古屋芸術大学講師、愛知県立明和高校講師。

この講座で一番印象に残ったのは、

生徒の幸せは、すべて自分にかかっている。
悪い生徒はいない、
足らないのは自分の根気と経験と力の無さだ。

とのお言葉でした。

大ベテランの先生からこのようなお言葉が出るとは・・・・。

このお言葉だけでも今回の講座を受講した意味があったなと
思った私でした。

とは言えこれで終わってはいけませんので内容を書かせて頂きます。


音楽的な生徒を育てる音楽の3要素

メロディ
リズム
      ピアノの演奏の90%はリズムに問題がある。
ハーモニー



年齢による指導

園児
一人で練習させずに練習の仕方を教える。
手の発達は未だ未熟なので、重力奏法はなかなか困難だが、
   一歩一歩進める。
美しい音、美しい音楽が、美しい心を育てる。

1・2年生
練習の最後に毎日初見練習を10分させる。
2年生で手がほぼ大人の手になる。
重力奏法の徹底。
打鍵のスピードを上げる。
重力奏法+スピード打鍵

3・4年生
少しずつ一人で練習させ、遠くから見守る。
しっかりした手になるので、指練習の献立を考える。
何とかして美しく弾きたい、うまくなりたいと夢見る。
優しさ、悲しさ、思いやり、そして怖さなどを音楽から学ぶ。

5・6年生
出来るだけ一人で練習させ、レッスン時の内容に責任を持たせる。
コルトー、ピッシュナーなどで指練習をする。
外国の絵画、映画、演劇、スポーツそして気候、風景、街並み、
   習慣、生活などを知り、また見る。そして憧れる。

この第3講座が始まる前に、台風接近のため、
中央線が止まっているとの情報がはいり、この講座の前に
帰られる先生もいらっしゃいました。

私達は、涙で残る決断をして(こんなオーバーな感じだったっけ
この講座まで全うしました。

然しながら、やはり心も体も弱い私たちなので池袋駅まで急ぎ
即帰宅する筈が・・・・・・。

私がお遣い物にしたいお菓子を買いたくて・・・・。
せっかく上京したのですもの。


私より若干山奥まで帰宅するふるるん先生にお付き合い戴くのは
申し訳ないので駅でお別れしようとすると

大丈夫、一緒に帰りましょう

なんて優しいお言葉。
すぐにお言葉に甘える私です。

そのお店はいつも行列で有名なお店ですが、なんと台風のせいか
その日は行列が短く、二人で少し並んでお菓子を購入しました。

こちらです。
 
12100701.jpg 

シュガーファースです。ここ池袋でしか買えません。
自宅用に季節限定のピンクファースと新発売のカカオファースを
買いました。

その後、電車の中で疲れも忘れて、喋り捲り自宅に着いて少しすると
台風で凄いことに・・・・・・。
ギリギリセーフでした。

皆様、4回にわたりお付き合い戴きありがとうございました。
このセミナーは、私にとって有意義なそして楽しい時間でした。

最後になってしまいましたが、ご一緒だったふるるん先生のブログ
こちらです。
とても楽しいブログなので是非遊びに行かれて下さいね。

♪ふるるん♪のクレッシェーレな日々



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

【No title】
 知子先生、こんばんは。

 杉浦先生の講座を最後まで聞かれて、ご苦労様です!!あの日は台風が接近し、私は熱を出して体調を崩していたので、コンサートに出かける予定が駄目になってしまいましたね・・・。

 音楽の3要素を育てるためには、メロディー、リズム、ハーモニーが重要ですよね。特にリズム感が欠けてしまうのは、ピアノ1台で何でも出来てしまう影響もあってか、いかに孤独でアンサンブル不足に陥ってしまう事だと思います。私のレッスンでは、片手ずつ弾いて曲を合わせる事も含めて、必ず連弾を重視しております。

 特に小さいうちは、一人で練習するには難しい事が多いと思います。自宅での宿題の楽曲は、口頭での説明をして必ずレッスンダイアリーに重要な事を書いておき、そばで保護者が見てあげなければ、上達しないのは事実ですね。保護者の同伴なしで、1から10を知る事が出来る頭の良いお子様は、稀な存在です。

 人間、一人では生きていけないから、先生やご家庭のサポートにおいては、杉浦先生のおっしゃる通りだと思います。

 長々と失礼しました。
【同感です。】
aoippe 1012 musicさん、おはようございます。
ご訪問、ありがとうございます。
そして、コメントありがとうございます。

体調を崩されてコンサートを断念・・・・・。
残念でしたね。
季節の変わり目で体調を崩されていらっしゃる方が多いようです。
どうぞお大事になさってくださいね。

ピアノという楽器はソロで演奏する事が多いので、先生が仰るように
孤独ですよね。
連弾・・・・。私も大好きです。
発表会でも取り入れていますが、普段のレッスンにも取り入れられているのはとても有効ですよね。

杉浦先生は、お母さんと一緒に練習する事の大切さをお話されていましたが、私もその通りだと思います。

でもなかなか現実的には難しいですね。
ママたちもお忙しそうですから・・・・・・。

【No title】
知子せんせい こんにちは!

4回にもわたるセミナーの記事 
最後まで楽しく読ませていただきました。

足らないのは自分の根気と経験力のなさ…
う~ん 胸にずしっと来ますね(>_<)
重い言葉です。

年齢による指導法も すごく興味深く
家に居ながら こんな良い内容を享受してしまっていいのだろうか…
台風の中命がけで受講なさったのに…
と申し訳なく思いました。
本当にありがとうございます!

また続きは次回のランチで聞かせてくださいね~(^o^)/
楽しみにしています♪
【命がけのセミナー??】
りんりん先生、こんにちわ。

ご訪問、そしてコメントありがとうございます。

そうです。命がけのセミナーに行ってきましたよ~~。
な~~んて・・・・・・。

それぞれ、違う分野の内容でしたので楽しくお勉強できました。

根気、経験、力・・・・・・。
杉浦先生のような超ベテランの先生が仰るなら、私はどうしたら良いの??と言う感じですが、常に自分磨きが大切なのでしょうね。

杉浦先生はご高齢かと思いますが、とても生き生きされているのは、情熱を持ち続けていらっしゃるからなのでしょうね。

ランチ、楽しみですね。
食べる用のお口と、おしゃべり用のお口、計2つが必要かも・・・・です。
【その通りですよね♪】
台風の中、お疲れ様でした。
お菓子がめちゃめちゃ!おいしそうです~(*^^*)♪


杉浦先生の著書を、講師になりたての頃、
一冊購入いたしまして持っています。

「足らないのは自分の根気と経験と力の無さだ」

本当にその通りだと思います。
なかなか思うように出来ない生徒さんが出来るようになるまで、
根気強く指導し、待ってあげられれば、必ず出来るようになりますし、

経験を積んで行けば、どうしたらいいか、以前よりも早く分かりますし、
色んな引出しから、あれこれ出して来ては「コレがダメならこれでどうだ~♪」
みたいに、どんどん引っ張ってこれますよね(*^^*)♪

自分の力が足りないことを、生徒のせいにして逃げていては、
自分の指導力も上がらないし、生徒さんの心も傷つけてしまいますし・・

大ベテランの先生の口から、そういうお言葉を聞きますと、
ああ・・・自分のやり方は間違っていなかったんだな・・と改めて思えます。

素敵な講座で、台風の中、最後まで受講されたかいがありましたね(*^^*)♪
【気持ちが引き締まりました。】
ほごち先生、こんにちわ。

ご訪問、そしてコメントありがとうございます。

杉浦先生のご本、お持ちなのですね。
ご高齢なのかと思いますが、とても熱い情熱をお持ちの先生で、
特に真新しい指導法と言う事は無いのかも知れませんが、
原点の一番大切な部分を、改めて教えて戴いたような
気がします。

ほごち先生の仰るとおり、生徒さんのせいにするのではなく
自分の指導を常に振り返り工夫する事が大切ですよね。

教員時代に叩き込まれた事が、「授業が上手くいかないときは、生徒が悪いと思わず自分の授業を見直す事」
でした。

たった1年ですが、かなり体に染み付いたような気がします。

教員を辞めて、ピアノ講師になったとき、生徒さんが練習してこないと
自分に何か問題があったかな?と考える自分が居ました。

このお菓子、テレビでも行列店ということで紹介されていましたよ~~。
いつも、列が少し少なめかな?と思うと並んでしまう私です。

先生のブログ、読み逃げですみません。これからお邪魔しますね。
行ってきま~~す。
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。