2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

2012年9月29日

中学生の ちゃんは、いつもニコニコ笑顔でおしゃべり好きな
頑張り屋さんの女の子です。

その ちゃんが先日のレッスンの時、最初から表情が暗く
気になりながらレッスンを始めました。

 ちゃん、どうしたの? 元気ないね。

・・・・・・

あっそうだ。今日は試合だったんだよね。
疲れちゃったの?

声が出ないんです。しゃべれないです。

応援のしすぎ?

どうもあまり良い結果では無さそうです。

このところ、色々な事があったものね。

しんどいです。
時々、関西弁になる ちゃんです。

色々な事、凄く良く頑張っているとおもうよ。
先生、いつも感心してるもん。
でも、その結果がすぐ出る時と、なかなか目に見えない時が
あるんだよね。
でも、いつか必ず頑張って良かったって思うときが来るよ。

 ちゃんの目から涙が溢れてしまいました。

部活はとても頑張っていて、帰宅してからも毎日自主練習
しているとの事で、驚いていました。
今日の試合に向けて頑張っていたのですね。

前回のレッスンでは、私が発表会の曲のみに絞りたくて、
チェルニー40番の曲を、おまけで合格にしようとしたら、
納得できずに

試合が終わったらきちんとやります。

と言ってくれた ちゃん、

何事にも一生懸命頑張れる子なのです。

そして、何とそのチェルニーの曲を仕上げて来ました。
試合が終わってからと言っていましたが、気になったのでしょう。

先生はそんなちゃんの事、とても立派だと思います。

この日も、クタクタで精神的にも辛いのに、真っ暗な中
自転車をこいでちょっと遠くから来てくれます。

先生は、 ちゃんを笑顔にして帰してあげられなかったね。
最後まで辛そうな表情でした。

思うように進まない事に必死で耐えているのです。
毎日、とても忙しくてクタクタなのです。
それでも、 ちゃんは明日また試合に行くのです。

頑張ってね

としか言ってあげられなかった。

以前、あるお母様から

レッスンに行くのはピアノを習うだけではなく、先生と
お会いする事に大きな意味があるみたいです。
先生と一緒に過ごす時間がとても有意義なのです。

と言うメッセージを戴き、とても嬉しかった事があります。

でも、その日はこんなに辛い ちゃんを
笑顔にしてあげられなかった。


まだまだだな。

私自身、もっと色々な勉強をして、どんな事も上手に受け止めて
辛い気持ちでレッスン来た生徒さんを必ず笑顔にして
あげられるような先生で居たいなと思いました。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。