2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

2012年9月3日

前回に引き続き、中学校の教員時代のお話です。

たった1年間の教員生活でしたが、お話したい事がとても
沢山ありますので、少しずつお話させて戴きますね。

校内合唱コンクール

音楽科の教員において一番大変な行事です。
そして、私にとって最も思い出深い行事です。

今も、私のお教室の生徒さんが通う学校のほとんどでは
合唱コンクールが行われていて、伴奏を引き受ける生徒さんが
多いので、いつも懐かしく思いながら話を聞かせて貰っています。

私が勤めていた中学校でも毎年秋に行われていました。

1年生10クラス、2年生1クラス、計11クラス
をまとめなければなりません。

選曲、指揮者の指導、伴奏者の指導、合唱の指導が中心ですが
クラスの揉め事の仲裁にも参上しないと・・・・・でした。

また、今は伴奏をピアノの先生がきちんと見てくださる事が多い
様ですが、あの当時は私が放課後、伴奏者の指導もしていました。

クラス担任の先生方は、この行事をきっかけにクラスを
落ち着かせようととても熱心にご協力下さいました。

とても嬉しいのですが、授業以外でも、
ちょっと見に来て~~」とか、
伴奏の録音お願いします。」とか・・・・・・。
普段にも増して忙しい毎日でした。

そして、当日がやって来ました。
学校の体育館で開催していたので、学年ごとに行われました。

1年生の合唱コンクールが始まりました。

会場は、とてもとてもざわついていました。
ステージでは一生懸命歌っているのに・・・・・。

人格者の学年主任、生活指導の怖い先生がマイクを持って注意しても
一向に静かになりませんでした。

その時私は、教員でも何でもない立場で人間として本当に悲しくなり、
気がついたらマイクを持ってステージで演説???していました。

今までどんな大変な思いをして、練習してきたのですか?
一生懸命に歌っているのをどうしてきちんと聞いて
あげられないの?
ステージで頑張って歌っている人たちの気持ちを考えなさい。

そんなような事をとても強い口調で話したように思います。

驚く事に騒然としていた会場はし~~んと静まりました。
普段と全く違う私の行動に驚いたのだと思います。

そして、もしかして少しは一緒に頑張ってきた事を
思い出してくれたのかも知れません。

生徒達だけではなく、先生方もとても驚かれたようです。

その頃は既に退職する事をお話していたかと思いますが、

これでいいのよ。
こうやって気持ちをぶつければ伝わるじゃない?
きっと良い先生になれるよ。

そのお言葉はとても嬉しかったですが、毎日毎日こんなに
体を張って頑張るのは私には無理・・・・・・。

でも、このことがあって、この後の私に大きな変化が
あったことは間違いなかったです。

ほんのちょっとだけ自信がもてて、ほんのちょっとだけ
自分が好きになれた大切な出来事でした。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



スポンサーサイト

【No title】
先生のお気持ちが、すごくよくわかるお話でした。

いつもブログを拝見させて頂いて、
レッスンに、ものすっごく!!先生の創意工夫が一杯で、

私など、全然及ばないなあ~・・・(**)と思っていたのですが、
それには先生の、大変な労力がおありだと容易に察することが出来、
「先生もお時間がないだろうなあ~・・・
頑張りすぎて、気持ち入りすぎて、しんどくなられることも多いのでは・・・」と思っていました。

私が大手楽器メーカーにいた頃、
グループ、個人ともに、かなりたくさんの生徒さんを持たせて頂き、

手抜くことが出来ない私は、
すべてに一生懸命に必死にやりまくって・・・

結局、無理がたたって身体を壊して辞めることになってしまったので、
学校とはまた違うとは思うのですが、
すごくすごく・・・!お気持ちがわかりました・・・!!

でも、今の先生は、こういった経験があったからこそ・・・
なのですね♪

でも、どうか余りご無理なさいませんように・・・
先生が元気でないといけませんものね(*^^*)♪

私も先生を見習いつつ、余り無理をしないようにしつつ^^;)
頑張ります♪
【嬉しすぎるお言葉・・・・・】
ほごち先生、おはようございます。
コメントありがとうございます。

ほごち先生も、ご苦労されていらっしゃるのですね。
先生こそ、頑張り屋さんですものね。
手を抜けない・・・・と仰るの分かるような気がします。

ご自分の練習、手作り教材・・・・・・。
いつも、バッチリ準備できたレッスンをされていると感じ、私こそ感心しまくりです。

私も、正直言ってあの1年は本当に大変でした。
学校はかなり荒れていましたから・・・・・・。

でも、先生がいわれる様にあの経験は、今のレッスン、そして日常性格にも役立っていると思っています。

それまで、生ぬるい??人生でしたので、パッと全く違う世界に連れて行かれたような・・・・・。

今は、精一杯、でも何処かで余裕を残せている生活を楽しみたいなと思っています。

ほごち先生も、どうぞ無理せずに頑張ってね。

レッスン、お疲れさま。本当に立派です。
私はこのところ、自分の練習があまり出来ていない困った先生です。

反省、反省
先生を見習って邁進しますね。

今回のメッセージ、とても嬉しかったです。
やはり同じような経験をされているので、分かっていただけたのですね。

あの辛い1年間を、まっすぐに振り返ってみようと思えるようになったのは、こうしてブログを始めたお陰かな?って思っています。

【心に響きました。】
奥村先生

お久しぶりです。
お元気でいらっしゃいますか?

先生のブログ、拝見させていただいております。
そして、今回のブログを読ませていただいて、
何だか、コメントせずにはいられなくなってしまいました。

「とても心に響きました。」

もし、私が、先生の立場だったら、
同じように勇気を出して、
1歩前に踏み出す事ができていただろうか・・・。

先生の、優しくて、人を包み込むようなお人柄は、
これまでのたくさんのご経験から、
きていたのですね。

これからも、色々と学ばせて下さい。
そして、いつも応援しています!
【温かいメッセージありがとうございます。】
美友貴先生、こんにちわ。

ご訪問、そして温かいコメントを戴き、ありがとうございます。
とても嬉しかったです。

あのセミナーの日、先生がお声をかけてくれた時、とても嬉しかったのを今でも良く憶えています。

何だかもったいない様なお言葉、恥ずかしながら大変嬉しいです。

教員時代の事は、私にとっては自分の力不足から来る辛い思い出・・・としか思えなく、出来ればあまり振り返りたくない事でしたが、こうして
ブログを書く様になり、自分の気持ちを分かっていただける喜びを知り、
振り返ってあの頃の気持ちをきちんと整理しておきたいな・・・・・・と
思いようになりました。

多分、レッスンが上手くいかないときに、生徒さんで無く先ず自分を責めてみると言う体質???はあの1年で叩き込まれたのではと思います。

たった1年なのですが、物凄く印象深い出来事が沢山あったので今後も少しずつアップしていこうと考えていますので、お付き合い戴けたら嬉しいです。

先日、先生のブログに遊びに行ってコメントさせて戴こうとしたら、なぜか出来なくて諦めてしまいました。またチャレンジしてみますね。

先生のブログ、とても情熱が伝わってきます。応援していますよ~~。
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。