2018 / 06
≪ 2018 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2018 / 07 ≫

2018年 3月5日


昨日は生徒さん3人と
そのお母様方と
いつも私自身がお世話になっている
松本裕子先生のお宅に
レッスンに伺いました。


お1人はインフルエンザで
泣く泣く諦めました。




グレンツェンコンクール地区大会に向けて
それぞれの課題曲を
見て戴きました。

レッスンが終って帰り道の道端でパチっ



このコンクールを通して
すっかり仲良しになって
3姉妹のようです。



どの曲もシンプルなだけに
深く勉強する必要性を
強く感じます。


隣の音との度数によってレガートの感じを変える。
音の無いところで気持ちでクレッシェンドする。
リタルダンドは裏拍を感じて。
跳躍する音はワクワク感を持って。
強さが変わる前の音に魔法をかける。
和音のタッチはケーキや梨をフォークで刺す感じでその後響きを聴く。


とっても沢山の事を
学ばせて頂きました。


その場で出来た事。

課題として持ち帰った事。



どちらにしても
裕子先生のレッスンが生徒さん達の演奏に
活きるように
サポートしていきたいと思います。




昔からのご自分の生徒さんのように
一人一人に寄り添って
その子の力に応じたレッスンを
して下さり
感謝の気持ちでいっぱいです。



最後に
本番ごっこ
をして下さいました。


弾く前に
作戦会議
と称して
気をつける所を
きちんと言わせてから
弾かせていらっしゃいました。


我が生徒ながら
なかなかきちんと理解出来ていて
感心しました。

まだまだ頑張れそうな

予感です。


他の先生に見て戴くのは

私自身にも勇気が要りますが
本当に勉強になります。




初めて生徒さんを
今は亡き音大時代の恩師の元に
お連れしたときは
本当に緊張しました。


とてもお厳しいので
生徒さんがつぶれやしないか
私の指導を全否定されたら


然しながらその時
恩師は上機嫌で
とても楽しそうに
その年長さんの生徒さんのレッスンを
して下さいました。


その後

あの子は

間違いなくうちのピアノ科に入れる。
なかなか良く育てているじゃないか。
この調子で大切にそだてなさい。


信じられない嬉しいお言葉でした。


その生徒さんは他の大学でしたが
音楽の道に進み
コンクールでも活躍し
今は学校の音楽科の先生として頑張っています。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。