2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

2012年9月1日

あなたはそうやって辞めれば良いかも知れないけれど
いじめられている生徒さん達はそうはいかないのよ。

私が、中学の教員を辞める決心をした時に、
亡き母から言われた言葉です。

全くその通りで、何も言い返せませんでした。

でも、その当時の私には生徒さんたちを助ける力など全く
ありませんでした。

自分が壊れてしまう・・・・・。
だから逃げ出したい。ただそれだけでした。

夏休み明けは特に、学校に着いてもなかなか車から
降りられず、ぐずぐずしている自分が情けなかったです。

授業開始のチャイムが鳴っても、音楽準備室からなかなか
出て行けず・・・・・。

夏休みは、顧問をしていたコーラス部と吹奏楽部の練習で
ほぼ毎日学校に行っていましたが、
部活動の生徒さんたちとの 時間は楽しくもありました。

でも、40日ぶりの授業は本当に怖かったのです。

私が新卒で赴任した中学校はマンモス校で、1クラス50名近く、
1学年10クラスあり、私は1年生10クラス全てと、2年生の
1クラス、計11クラスの音楽の授業を担当していました。

大学卒業後は、ヤマハの幼児科でお仕事をしようと思っていた
私でしたが、教育実習に行った母校の高校でとても楽しい2週間を
過ごさせて戴いてから、

教員になりたい
と思うようになり、その夢が叶い、この学校に赴任したのでした。

その頃、どこの中学校も問題を抱えていて、私の勤めていた中学校も
例外ではありませんでした。

周囲の先生に助けられて、何とか1年間は勤めたものの
心身疲れ果て・・・・・。

辞める決心をしたのですが、この亡き母の言葉は
そんな私の心に深く突き刺さりました。

今まで、この辛い1年間の事はあまり思い出したくないと
自分の中で封印していましたが、ブログを始めたのをきっかけに
少しずつ自分の心の中を整理したいなと思うようになりました。

1年間は私にとって、とても長い時間でした。
とてもとても沢山の事を学び、自分を鍛えた時でした。

これから、少しずつお話していきたいと思いますので、
お付き合い戴ければ嬉しいです。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





スポンサーサイト

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。