2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

2012年8月30日

高校生の ちゃんは、いつも穏やかでとても素直な女の子です。

忙しい毎日ですが、12月の発表会にも参加してくれるとの事で
既に練習を始めていました。

そんな ちゃんが、2週間前のレッスンの時、ちょっといつもとは
違う雰囲気でやって来て

先生、ピアノ辞めようと思います。

と、突然言うので私はとても驚いてしまいました。

ピアノ以外の事でも色々と悩んでいるようでした。
細かい事情は ちゃんのご希望で触れませんね。

私としては、もちろんこんな形でお別れするのは悲しすぎるので、
心の準備が全く無いとはいえ、必死で説得しました。

涙、涙で聞いてくれていたので、恐る恐る

先生の気持ち、分かってくれたかな?

と聞くと、

でも、やっぱり辞めます。

との言葉で、なすすべが無いまま、次の生徒さんの時間に
なってしまいました。

次回、もう一回話そうね

と言ったものの、 ちゃんの気持ちはもう固まっているんだな
と思うと悲しくて、辛くて・・・・・・。

 ちゃん、或はお母様とお話してみようか?と思いながらも、
決心が固いのにまた色々言って混乱させてもいけないし、言えることは
全部伝えた・・・・と言う思いもあり、昨日のレッスンの日を
迎えたのでした。

時間を少し過ぎていらしたのは、お母様お一人でした。
なぜか笑顔で・・・・。

先生、すみません。がお風呂に入っちゃて・・・・。

???

お母様の手に紙袋を見つけ、私は最後のご挨拶にいらっしゃったんだと
直感的に思いました。

前回、辞めるなんて言ったかと思いますが・・・・

そうなんです。驚きました。私も説得しきれず
今日がお別れかと・・・。

先生、違うんです。  

???
 
色々あって、全て投げ出したくなっちゃったみたいで、
ピアノも・・・。


ドレスを着て発表会出ますので。

と、その時、 ちゃんが来てくれました。

 ちゃんは、未だ全然話し足りないお母さんを帰して、
その後私と話しました。
いつもとても楽しいお母様なんです。

前回の事はすみません。自分でもとても恥ずかしいです。
帰ってから先生の言葉を思い出し、色々考えましたがこんな形で
辞めるのは よくないから、きちんと頑張ります。

こ~~んな感じの事を話してくれました。

私は、本当に本当に嬉しかったです。

気持ちはちゃんと伝わっていたのですね。
やっぱり、私が思っていた通りの ちゃんでした。

長いお付き合いの ちゃん。

辛い思いをしているなら、少しでも力になってあげたい。

でも、ピアノを辞めてしまったらそれも出来ないのです。

来てさえくれれば何か言葉をかけてあげられるのです。

その後、発表会の曲を変更して、早速新しい曲の譜読みを
しました。
初見が得意な ちゃんなので結構進めて、二人してほっと
肩を撫で下ろしました。

そして、お母様のお勧めもあり、今まで隔週だったレッスンを
来月から毎週に変更する事になりました。

これで、ピアノも心もいっぱい応援してあげられます。

嬉しい事に、私のお教室はお辞めになる生徒さんがほとんど無く
皆さん、長く長く続けてくれています。

それだけに今回の事は、始めはかなり凹み、そしてその後の
思いがけない展開にとてもとても嬉しく、

感情が隠せなくなってしまった 私でした。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

【No title】
知子先生こんばんは♪

ブログを読ませていただきながら いっしょに悲しんだり喜んだりしてしまいました。

「辞めます」
本当に こんな辛い言葉はないです。
続けてさえいてくれたら 気持ちを共有できるけど
辞めてしまったら どうしようもないですから・・・

でも 知子先生の熱意が届いたんですね!
良かった良かった♪

高校生の頃っていろいろあって 気持ちが揺れることもあるけど
親でも 学校の教師でもない ピアノの先生の存在って大きいと 
思います。
その高校生の生徒さんも 知子先生が自分にとって大切な存在だと 気が付いたんですね!

こんな熱意のあるステキな先生に 私も習ってみたかったなぁ・・・と思いました(*^_^*)
【今回は凹みました。】
RINRIN先生、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

先生の仰るとおりです。
いくら力になりたいと思っても、レッスンで会えなくなってしまったら
どうしようも無いのですものね。

この生徒さんが「辞める・・・・」と言った日、かなり自己否定していて
とても心配で、このまま手を離す事は出来ない!と思いましたが、
ピアノを辞めたい・・・と言う事は、私の事も拒否されている訳でどうしてよいのか悩みました。

純粋な子ほど色々悩むのでしょうね。
きっとこれからも色々な事にぶち当たると思いますが、寄り添って
守ってあげたいなと思います。

いつも、身に余るお褒めの言葉、恥ずかしながらもとても嬉しいです。

でも、早めに私の現状を見て戴いたほうが良いかも?なので(笑)
いつかお会いしてゆっくりお話したいですね。
【No title】
うれしい展開になって
本当に良かったですね。

途中から きっとそうなるのではないかと
予感しながら 読ませていただきました(*^_^*)

こちらでは、2年か3年に一度 
年度の途中で どうしても むりだと
おっしゃる方が 出てきます。

でも また何かで つながることもあるので
永久会員となって頂いています。

知子先生のお教室では
おやめるになる方がほとんどいない
というのは 日頃の先生のお人柄と
ご指導法が いかに
素晴らしいかということですね。




【永久会員、良いですね~~。】
レイコ先生、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

この生徒さんは、生活全般が上手く廻ってなくて悩んでいたようですが、そんな時こそピアノを通して力になりたいですよね~~。

全てが解決したわけではありませんが、明るい表情で新しい曲に取り組み始めてくれたので、応援していきたいと思います。

私の教室は今、中高生も多いので、この先どういう風になるのかな?って思う事もあります。

先生の所の様に、永久会員としてレッスンをやめてからも繋がっていけたら嬉しいですよね。
良いお話を聞かせて戴きました。
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。