2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

2012年8月28日

私が千葉でお教室をしていた時のお話です。

今は亡き愛犬メロディのお散歩で時々お会いする
50代後半の さんは、いつもシェルティを
連れていらっしゃいました。

何回かお話しするうちに、さんがもう1匹飼っていらした
ワンちゃんを亡くされてからかなり長い間、
ペットロス症候群で苦しまれている事を知りました。

 さんは、インテリアコーディネーターをされていましたが、
お仕事をするのもやっとで、亡くなったワンちゃんのお骨を
抱いて寝ているとのことでした。

私から見ても、少しお元気が無いように感じていました。

ある日、私の愛犬の名前がメロディということから、音楽の
話になり、 さんが三味線をされていて、それもかなり
お上手であることを知りました。

と同時に さんは、私がピアノ教室をやっている事を
知る事になりました。

こんな年からでもピアノ始められますか?

もちろんです。
大人の方も何人かいらしていますよ。

お医者様にも何か夢中になれる事をしたほうが良いと
言われているんです。


三味線をされていたのですから、きっとすぐお上手になられますよ。
今は、大人の方向けの楽しい教本も沢山ありますし・・・・。

そして、 さんは、お教室に入られました。

もともと音楽の下地がお有りだったので、どんどん上達されました。
家事をそっちのけで夢中で練習されていたとの事です。

そんな さんに生活面でも少しずつ変化が表れました。

明るくなられてとても良くおしゃべりされるようになり、
あちこちお出かけされるようになり・・・・。

ピアノの発表会にも素敵なドレスで参加されるなど色々な事に
積極的になられました。

面倒見の良い方でもあり、掘りたての竹の子を糠と一緒に
持ってきてくださったり、潮干狩りから帰られてすぐにアサリを
戴いたり、息子の入学祝いまでも・・・・・・。

家の買い替えで防音工事の事でもめた時も、とても力になって
下さいました。

私の方がお世話になってしまった感じです。

私は、結婚後すぐに母を亡くしたので、母の面影と
合わせたりしていました。

私が転居のため、お教室をやめなくてはならなくなった時も、
「通いたいのですが・・・・」と涙ぐんで下さいました。


音楽の力は凄いです。

人の気持ちを変えることが出来ます。

苦しみから救うお手伝いが出来ます。

そんな素晴らしいお仕事をさせて頂ける私は
とても幸せです。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



スポンサーサイト

【ステキです!】
知子先生、ステキですね~!
先生の魅力はステキな笑顔と安心して飛び込めそうな大きい包容力だと思うのですが、きっとこの方もそれを感じたからこそ、先生の教室にいらしたのでしょうね♪

この方のように心の痛みが癒されていったり、
成長していったり、泣き顔が笑顔になったり・・・・
そういう現場に立ち会える私たちの仕事って
本当にありがたい仕事だなぁと思います。

大切に大切に、仕事をしたいと思いました。
【嬉しすぎるお言葉・・・・・。】
ふるるん先生、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

身に余るお褒めのお言葉を戴き、恥ずかしいながらも、とっても嬉しいです。
お言葉に恥じないようにしないと・・・・・ですね。

色々なお仕事が有る中で、誰かの心を明るく出来たり、苦しみを和らげたり出来るお仕事ってそう多くは無いかも知れませんよね。

ふるるん先生の言われるようにそんなお仕事が出来ることに感謝!!しないといけませんよね。

この方は、本当に始めにお会いした時と別人のように変わられました。

実は私も、2年前に愛犬メロディを亡くし、ペットロスになるかも?と心配しましたが、生徒さんたちの笑顔に励まされた感じです。

そして、この方と同じように、メロディのお骨は未だここに有るんですよ~~。
【No title】
知子先生

感動しました!

私も二年前の夏に14歳の愛犬を旅立たせ しばらく立ち直る事ができませんでした。
何を見ても思い出してしまって・・・

仔犬の頃からピアノの近くにおいていたので
最期もピアノのそばに寝かせてやったんですよ。

居なくなった悲しみをピアノで癒せるなんて
正直思ってもいませんでした。
私自身何もできなくて ボーッとしていたんです。

先生のおっしゃるように
何かに夢中になると良かったんですね!

私もその頃 知子先生にお会いしたかったな・・・
きっと 先生の優しさが心に入ってくる感じなんだろうな・・・
と思いました。

素敵なブログ ありがとうございます。
【涙、涙・・・・・です。】
RINRIN先生、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

先生も、お辛い思いをされたのですね。
2年目の夏と言うと、家のメロディが2年前の9月10日なので、同じ頃だったのですね。

最期、ピアノのそばに寝かせてあげて・・・・・と言うところで、涙、涙でした。
仰るとおり、何を見ても思い出すんですよね。

亡くなった日のレッスンがいつもどおりに出来た自分にとても驚いたのを覚えています。

先生のワンちゃんも14歳、長生きしてくれましたよね。
家のメロディも16歳・・・・・お世話になったクリニックでは最高齢(シーズーの中では)だったそうです。

以前、「今は亡き愛犬メロディからのメッセージ」と言う記事を書いているんです。(3月6日です。)
お時間のある時に可愛い写真見てやって下さい。(思い切りの飼い主馬鹿ですみません。)
【愛犬談義でごめんなさい】
知子先生

メロディーちゃんの思い出の記事 読ませていただきました。

お目々くりくりで可愛いですね~♪
ワン!って聞こえそうです。

それにしても 不思議な事ってあるものですね!
私もいまだに 「あっ ご飯あげなきゃ!」とハッとすることがあります。

それも 食いしん坊だったハリーが 言わせているのかもしれませんね(^_^;)
※ 私もHPの方の日記(2011. 7 .13)に写真載せています。
   お時間ある時 見てやってください。




【また泣いちゃいました。】
RINRIN先生、またまたコメントありがとうございます。

今、ハリーちゃんのお写真見せて戴きました。
とっても可愛くてお利口さんのワンちゃんって言う感じですね。

先生の心のこもった文章を読んでまたまた涙・・・・・。
ムクゲのお花イコール、ハリーちゃんなんですね。

メロディのお骨は未だ手放せなくて家に有るのですが、いつかきちんとしてあげないと・・・・って
思っています。
先生のようにお庭に埋めてあげて、その子を思い出せるようなお花を
植えてあげるのも良いですね。

先生の日記、とても素敵です。
ゆっくりお邪魔してまた読ませて戴きますね。
この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。