2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

2017年 9月3日


新学期が始まりましたね。

秋になると


校内音楽会

所沢市親善音楽会

合唱コンクール


と音楽的なイベントが
目白押しです。



それに伴い教室では
伴奏のレッスンが増えて来ます。




中学生は
合唱コンクールに向けて
ほとんどの生徒さんが
夏休み中は
伴奏のレッスンでした。


既に決まって練習に励む生徒さん

これからオーディションの生徒さん




そして
小学生はこれから選曲されて
オーディションになる事と思います。



伴奏のレッスンは
ほぼ突然楽譜を持ってくる事が多いので
私は


初見でのレッスン

になります。



初見は
嫌いではないのですが
大変なのはその場で
限りあるレッスン時間内で

最善の指使いを考える事

です。



中学生の難しい曲になると
指使いはもちろん
左右の手を駆使して工夫して
どう弾き易くするかを
その場で決めてあげないといけないので
ちょっとドキドドキです。


旅立ちの日に

大地讃頌

などの定番曲や
過去に他の生徒さんが弾いた曲だと
良いのですが
新曲だとなかなか大変です。


更に始めから
縮小コピーで持ってくる場合があり
先生には見えません~~。

若者にはちゃんと見えるんですね。




今日も
近じかオーディションのちゃんが
補講レッスンで
いらっしゃいました。


やはり初めての曲で
その場で指使いを考えて
ほぼ自力で譜読みしてきた
ちゃんに

この指使いの方が弾き易いはずなので
今からでも頑張って直そうね。



とお話ししました。




夜になって初めてその曲を
私自身で弾いてみたら

え~~こっちの指使いの方が
ずっと弾き易いじゃない・・・・・


と言う事で
直ぐにちゃんのお母様に画像と共に
メールでお知らせしました。


出来るだけ弾き易い指使いを
提案してあげたいですものね。




初見と言えば
若い頃は本当に
初見が苦にならなかったです。


マニラに居た時
大使公邸でのコンサートに
観客としてお邪魔した時
突然、フィリピン人の方が
オペラのアリアを歌いたいと言い出し

誰か伴奏してくれませんか?

と言う事になってしまい
その頃声楽のレッスンでお世話になっていた
フィリピン人の先生が

ともこ

って仰って
突然大勢の前で初見で弾かされました。


何とかなったあ~~

と思ったら
日本大使の方が

あなたの伴奏で出船を歌いたい・・・

と仰り今度は出船の伴奏をさせていただいたのを
懐かしく思い出します。


あの頃は
本当に初見が苦にならず
楽しかったように思います。


逆に言えば
練習が好きでなかった・・・

とも言えます。


良い子の皆さんは
真似しないでね。



これからは
小学生の生徒さんたちの
伴奏練習が始まります。


目を見開いて
頭をフル回転して
頑張りますね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。