2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

2017年 7月19日


お母様方からご相談される事の中で


お家での練習の時の
お母さまの上手な関わり方とは


があります。


多くのお母様が
悩まれているようです。



自分から練習を始めない

間違いを指摘すると怒ってしまう

適当な練習をしているように見える


そんな時
どのように関わるのが
良いのでしょうか





私なりに考えて
こんな風にお答えしています。



練習に付き添う日を決めて
それ以外の日は
本人に任せて
付き添う約束の日には
とことん付き合ってあげる。



子どもさんと

この日はママも一緒に練習するよ

と約束してあれば
子どもさんも
その日はママと一緒にやると言う
心の準備が出来ているので
注意されても
気持ちよく聞き入れてくれるかと思います。


お母さまのご都合で
急に注意なさったりすると
難しい年齢の子どもさんは
素直に受けられなかったりすることも
あるかと思います。



付き添うと約束した日は
べったりととことん
付き合ってあげて下さい。

その反対に
独りで練習すると決めた日は
多少の不協和音や不思議な音には
目をつぶり
付き添う約束の日まで
じっと我慢して下さい。

理想はあまり間を空けない方が良いですね。


子どもさんの方にも
自分でやると言う自覚が
出来る事が期待されます。





もう一つの方法は
毎日の練習時間の中で
メリハリをつける事です。



その日の最後は
必ず少し聞いてあげる

とか

ここが上手になったら
聴かせてね。


のように
目標をもたせて
練習を促すと子どもさんの
モチベーションアップになると思います。





どちらにしても
大切なことは

何か必ず褒めてあげてから
間違いや次の課題を与える


かと思います。


例えば

今日はいっぱい練習したから
難しかった両手が弾けるようになったね。
ママ驚いちゃった!
やっぱり〇ちゃんはすごいね。
次は曲のイメージを考えて弾けたら
ママ涙出ちゃうかも・・・・・。
楽しみにしてるね。



お母さま方
ここは女優になったつもりで
オーバーにごってりと
感情をたっぷり込めて
言ってあげて下さいね。





そして
何より大切な事は

お母さま自身も楽しむ事

です。


大切な時間を
子どもさんのために
使うのですから
楽しまないと損ですよね。


ママが楽しそうにしていたら
子どもさんの気持ちも明るくなり
モチベーションもアップすること
間違いないしですよね。




子どもさんには
それぞれ個性がありますし
ご家庭それぞれ考え方が
異なると思いますので
その都度、最善の方法を
一緒に考えていきたいと思います。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。