2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

2017年 7月3日


一昨日は自分のレッスン

多喜先生のお宅に伺いました。



朝から

次回の発表会に向けて
所沢ミューズの抽選があり
2時間近く粘り
何とかゲット出来て
その後、バタバタと向かいました。


前回は
手の不調で
レッスンを延期して頂いたので
かなり間が空いてしまいました。


その割に
練習状況はあまり宜しくなく
いつもながら
先生に申し訳ない気持ちで・・・・・



シベリウスのロマンス

のレッスン中に先生が

自分の持っている良い音を
その曲の中で
活かせる場所と
妨げになる場所がある・・・


と言うお話をされました。



私が持つ良い音と言うのは

豊かな響き

と仰って戴きました。



と言う事で
フォルテの部分の重厚な場面は
その音を活かせるけれど
繊細で軽やかな部分は
研究が必要そうです。



この曲の
冒頭は
私にとっての天敵


軽やかで繊細で爽やかな音で
弾けるように
1つ1つの音の研究が
必要だと改めて思いました。



生徒さんにも
音色の話を良くしています。


私自身
様々な場面に溶け込む
色々な音色がだせるように
していきたいと思います。


ピアノの勉強は
限りないものですね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



スポンサーサイト

この記事へコメントする














おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。