2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

2017年 7月31日


今日はAちゃん、Kちゃん姉妹の

グレンツェンピアノコンクール
横浜予選

でした。


私は応援に行けず
残念な気持ちとともに
申し訳ない気持ちでした。


でもおふたりのお母様は
いつも温かく的確にサポートして下さるので
安心してお任せ出来ます。


今日は
お父様もお仕事をお休みして
付き添って下さいました。
心強かったですね。



コンクールのサポートは
とても大変なのに
おふたりのサポートは
どれほど大変だったかと思います。


お姉ちゃんのAちゃんは
朝6時半にお家を出て
妹さんの本番を聞き
その後、気持ちを作り直して
自分の本番でしたので
メンタル面で
とても大変だったと想像します。



お母様とは朝から
連絡を取り合い
様子をお聞きしたり
励ましのメッセージを
お送りしたり……



結果はお二人とも
優秀賞で
予選通過となりました。





おめでとうございます。


でも2人とも悔しかったのですね。
大きなトロフィーが
欲しかったんだものね。

Kちゃんは
銅賞まであと1点。
Aちゃんももうひと息でした。


でもここまで頑張って来た事は
とても大切な時間であり
尊い事です。


この気持ちを
本選に向けて
また頑張ろうね。


これからも
全力で応援していくからね。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

2017年 7月29日


昨日は自分のレッスン

多喜先生のお宅に伺いました。



エチュード

シベリウスのロマンス

を見て戴きました。



今回は

どの曲においても

音色の事が中心でした。



良い手と良い身体を持っているのだから
もっと良い音が出せるはずよ。



そんな風に仰って戴けると
そんな素敵な音色に
触れてみたくなります。


然しながら
その道のりは
そんなに生易しくはありません。





1音1音丁寧に力の抜き方を
教えていただきました。


この感じって
初めて多喜先生のレッスンに伺った時の
事を思い出させてくれます。



あれから2年半
昨日は44回目のレッスンでした。


1年前からは
多喜先生のお薦めもあり
松本裕子先生のレッスンも
受けさせて頂いています。


お二人の先生が
それぞれのお立場で
何とかして
私が良い音を出せるように
ご指導下さっている事に
心から感謝しています。


思うように
進めていないのは
申しわけないのですが
コツコツと少しずつでも
前に進んでいきたいです。




メロディが横に流れる様に歌わせる

ピアニシモでも響きのある音で

1拍目で沈んで脱力

大切な音をきちんと聴いてから移動



そして

フォルテの時の響きの作り方

この事については
私と先生が弾く動画を撮って
帰宅してから研究する筈でした。

私のはきちんと撮れていました。

そして
先生の

私も弾くからご自分と私のを比べて
研究してみてね。


のお言葉のあと

録画は終わっていました。


確か
先生は2回ほど問題の箇所を
弾いて下さったのですが

無い

です。


これは
私が録画していたので
私の操作ミスです。


と言う事で
大事なお手本は収めてこれなかったのです~~。


残念ですが
思い出しながら
自分の言葉でまとめてみました。


これで何とかやってみたいと思います。


そんなこんなで
大失敗もありましたが
次回までに
少しでも良い音が出せるように
頑張りたいです。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月27日


長年ずっと変わらず取り組んできた

音符カード

音符カードを出して
読みながら弾く

取り組む枚数によって
時間制限を決めています。



この取り組みで
生徒さんたちの読譜力を
強化して来ました。


私が自信を持って
お勧めできる事の1つです。





ところが
実は少し迷いが生じていました。


幼児さん数名が
ちょっと難航していたのです。


小さいのに
難しい18枚や21枚に取り組んでいたことも
ありますが・・・・・。



お家では出来ていたのに
レッスンでは出来なくなってしまう。


色々な原因を探り
カードをママに出してもらったり
お家で使っているカードを
持って来てもらったり・・・・・・


同じカードですが
シワとかの感じが違うかもなんて
思ったりしまして・・・・・。




その間
ちょっと色々考えていました。


タイマーでピピッと鳴るのは
プレッシャーかな

覚える方法をもっと
具合的にお伝えした方が良いかな



そうこうしているうちに
先週、難航していた幼児さんたちが
全員合格出来ました。


やったあ~~。
おめでとうございます。
本当に良く頑張ってくれました。



先生、最初に音符カードやりたい


張り切ってやる気満々なのに
上手くいかない事が続き
それでも毎週
笑顔でチャレンジしていた
生徒さんたちは
本当に立派でした。



それを支えるお母様たちも
負けずに立派でした。

先生、今日こそは出来ると思います。

って笑顔で仰ったあと
上手くいかなかった時は
お辛かったと思います。

忍耐強く
応援して下さりありがとうございました。




パパにも応援して戴き
家族ぐるみで
頑張って下さった生徒さんもいました。

微笑ましいです。



この取り組みは
少し厳しい部分もありますが
やはり確実に力が付くと
信じています。



なので
これからも
迷わずコレで進んでいきます。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月25日


今日のレッスンで
年中の生徒さんが

音符カード21枚 50秒
をマスターしました。

更に
ピアノどりーむ4巻に
入りました。


凄いですね。



と思いつつ
自分自身がこの頃
何をしていたのか
思い起こしてみたくなりました。



既に父も母も
天国に行ってしまっているので
生前に聞いた話しか
お伝え出来ませんが・・・・・。


もっと色々な話を聞いておけばよかった
と今更ながら思います。




ピアノを始めたのは
年中さんだったと聞いていますので
この年中生徒さんの頃に
レッスンをスタートしたのですね。



ピアノとバレエを年中で始めて
お習字を年長で
始めたらしいです。


母は国家公務員で
フルタイムで仕事をしていたので
放課後は
母の実家に預けられていました。


自宅のある足立区ではなく
母の実家のある
葛飾区の小学校に通っていました。


朝、母の実家に連れて行かれ
そこから小学校に行き
放課後は母の実家で過ごし
仕事帰りの父か母が迎えに来て
自宅に帰ると言う生活でした。


ピアノも
母の実家から自宅に帰る途中にある
先生のお宅に伺っていました。


車は無かったので
雨の日も風の日も
自転車です。


私は後ろに
ノホホーンと乗っているだけ・・・

両親はどれだけ大変だったか
感謝、感謝です。


先生は
当時、上野学園に通う
音大生の素敵な先生でした。


年中さんでも
毎回のレッスンは
1時間ビッシリだったそうです。


ピアノを弾いて
ソルフェージュをして
またピアノを弾いて・・・・


そんなレッスンだったと聞いています。



その頃から

練習嫌いな体質

だったようで
教育熱心な母を手こずらせていたらしいです。


始めはオルガンで
小学校入学の時に
アップライトピアノを
買って貰いました。


母の実家はお寺だったので
免税で買えたらしく
その関係か
ピアノは母の実家に置いていました。


母自身は
お琴をやっていて
かなりの腕前だったとか・・・・。



先生が音大生と言う事もあり
おそらく
発表会と言うものは
無かったように思います。

華やかな世界は知らず
コツコツと緻密に頑張っていたと
いう事でしょうか


バイエルに入るまで

と言う導入教則本を
1巻から5巻までやり
その後
お決まりの
赤バイエル、黄バイエル

小1の頃は
ブルグミュラーとソナチネ
弾いていました。


先生のお顔は
思い出せませんが
今から思うと
基礎をきちんと教えていただいたのかも
知れません。


家での練習は
熱心にする子どもではなかったようですが
先生のお宅での1時間のレッスンで
色々な事を吸収していたのかと思います。


この先生にずっとレッスンして戴けたら
良かったのですが
小学校2年生の時に
現在の自宅である所沢市に
転居する事になり
お別れがやって来ました。


音大生で指導歴は短かったかと思いますが
とても良いレッスンをして下さった
この時の鈴木先生(多分・・・)の
話を母からもっと聞きたかったです。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月23日


グループレッスンをすると
個人レッスンの時には見えない
生徒さんの姿を見る事が出来ます。



それは私にとっても
貴重な経験で
その後のレッスンへのヒントにも
なります。



お友達と一緒に何かの課題をするときに
自分だけが出来ていないような気がして
いつもと違う態度になってしまう。


このような反応があれば
その生徒さんの何が不安なのかが
良く分かります。



個人レッスンだけでは
そのような場面がないので
分からなかったけど
進んで色々と手伝ってくれる


必ず次のレッスンの時に
その事を認めて褒めます。



個人レッスンでは
ライバルは居ませんが
グループレッスンをすると
負けず嫌いだったりすることが
分かったりします。


その後のレッスンで
その性質を生かして進めます。



グループレッスンをしてみると
グループの中で
自分のペースが守れるかどうかも
分かります。


それによって
個人レッスンでの声かけが
変わってきます。





大昔息子の子育て中
学校の授業参観があると
授業中よりむしろ
休み時間の様子を
見たいと思っていました。

お友達とどんなふうに
関わっているかは
気になるところですよね。



今回も
ほぼ全員のお母様が
いらして下さいましたが
ご家庭でもなく
学校でもない子どもさんのご様子を
ご覧いただけたかと思います。



その時々で
様々なお顔を見せてくれる
生徒さんたちの様子を
しっかりキャッチして
より良いレッスンをしていきたいと
思います。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2017年 7月21日


昨日は

フェルデンクライスメソッドのレッスン

松本裕子先生のお宅に伺いました。



猛暑の中
到着すると

エアコンを氷点下設定にして
お部屋冷やしてるから・・・


とのお優しいお言葉。


私が超暑がりなのをご存知です。

有難いです。
嬉しいです。

人一倍電気代がかかっているので
いつか金の延べ棒をお持ちしないとです。


わ~~涼しいです。
ありがとうございます。



更にエアコンの涼しい風を
直接向けてくださり
す~~っと汗がひいていきました。


こんな素晴らしい環境を
作って戴きながら
ちゃんと弾けなかったら

罰があたりますよね~~。


友人と合わせる
2台ピアノの曲を
フェルデンクライスメソッドを
交えて
身体や指の使い方や
脱力の事を教えていただいています。




今日は最後まで通せますか?


はい、やってみます。


と言う事で
裕子先生は初見で
合わせていただきました。


最後から3ぺ―ジ目が
どうしても会わない・・・

と思ったら
私の楽譜の貼り方が間違っていて
違うページを合わせていました。


大笑いです。




その後
弾きにくいところを取り出して
力の抜き方や
手の動かし方のコツを
レッスンして戴きました。


ゆっくりなら
背中まで力を抜く事も
たま~~に出来る様になり
音色も少し変わってきたかも知れません。




そして

自分では弾けたつもりになっていた箇所が
実は弾けていない


事もよ~~く分かりました。

そうなるとゆっくりでも
弾けなくなってしまいます。


いつも生徒さんに

ゆっくり弾けない所が
速く弾けるはずないよね。
弾けたら奇跡か偶然・・・・


なんて偉そうに言ってる言葉が
頭をよぎります。



練習方法を教えていただいたので
もう一度、仕切り直して
丁寧に練習したいと思います。



どんな時でも
温かく丁寧に諦めずに
導いてくださる
裕子先生のレッスンを終えると

練習しよう

と言う気持ちになります。



手の使い方を教えて下さる時に
私の手をもって

冷たい
こんなに冷えて大丈夫なの?

とのご心配に

私にとってベストコンディションです。

ってお答えしましたが
裕子先生はどんなにか
寒かったか
今頃心配になった私でした。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2017年 7月19日


お母様方からご相談される事の中で


お家での練習の時の
お母さまの上手な関わり方とは


があります。


多くのお母様が
悩まれているようです。



自分から練習を始めない

間違いを指摘すると怒ってしまう

適当な練習をしているように見える


そんな時
どのように関わるのが
良いのでしょうか





私なりに考えて
こんな風にお答えしています。



練習に付き添う日を決めて
それ以外の日は
本人に任せて
付き添う約束の日には
とことん付き合ってあげる。



子どもさんと

この日はママも一緒に練習するよ

と約束してあれば
子どもさんも
その日はママと一緒にやると言う
心の準備が出来ているので
注意されても
気持ちよく聞き入れてくれるかと思います。


お母さまのご都合で
急に注意なさったりすると
難しい年齢の子どもさんは
素直に受けられなかったりすることも
あるかと思います。



付き添うと約束した日は
べったりととことん
付き合ってあげて下さい。

その反対に
独りで練習すると決めた日は
多少の不協和音や不思議な音には
目をつぶり
付き添う約束の日まで
じっと我慢して下さい。

理想はあまり間を空けない方が良いですね。


子どもさんの方にも
自分でやると言う自覚が
出来る事が期待されます。





もう一つの方法は
毎日の練習時間の中で
メリハリをつける事です。



その日の最後は
必ず少し聞いてあげる

とか

ここが上手になったら
聴かせてね。


のように
目標をもたせて
練習を促すと子どもさんの
モチベーションアップになると思います。





どちらにしても
大切なことは

何か必ず褒めてあげてから
間違いや次の課題を与える


かと思います。


例えば

今日はいっぱい練習したから
難しかった両手が弾けるようになったね。
ママ驚いちゃった!
やっぱり〇ちゃんはすごいね。
次は曲のイメージを考えて弾けたら
ママ涙出ちゃうかも・・・・・。
楽しみにしてるね。



お母さま方
ここは女優になったつもりで
オーバーにごってりと
感情をたっぷり込めて
言ってあげて下さいね。





そして
何より大切な事は

お母さま自身も楽しむ事

です。


大切な時間を
子どもさんのために
使うのですから
楽しまないと損ですよね。


ママが楽しそうにしていたら
子どもさんの気持ちも明るくなり
モチベーションもアップすること
間違いないしですよね。




子どもさんには
それぞれ個性がありますし
ご家庭それぞれ考え方が
異なると思いますので
その都度、最善の方法を
一緒に考えていきたいと思います。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月17日


15日、16日の2日間で
グループレッスン8組が
終了しました。


2日目の昨日は4組のグループでした。


第1グループ

小4女子組



仲良し3人組です。
穏やかで落ち着いた時間が流れました。
リズムが苦手・・・と言っていましたが
皆で一緒に学ぶと楽しく覚えられますね。
パパのご参加もあり場を盛り上げて下さいました。



第2グループ

小3女子3人組



仲良しの2人と5月から入会されて
学校も違うお1人の3人組でしたが
新しいお友達を温かく迎えてくれ
良い雰囲気で進められました。
初めての視唱は難しかったけど頑張りました。



第3グループ

小1男女仲良し3人組



お1人が欠席で3人になりました。
2日間8チームの中でいちばんの盛り上がりでした。
何をやっても笑いっぱなし
でもとても集中してしっかりお勉強出来ました。
音楽かるたはもうバッチリだね。




第4グループ
年少さん2人組



5月からレッスンを始めた3歳児ちゃんの2人
全くタイプが違うのでどうなるかなって
思っていましたがニコニコでレッスン出来ました。
2人ならではのレッスンプランを考えて
普段のレッスンとはガラッと違う事にチャレンジしました。




今回初めてチャレンジしたのが
新曲視唱
でした。

普段のレッスンでは
なかなか時間が取れなくて
出来ていなかったので
この機会にと思い・・・・・


恥ずかしがり屋さんもいるので
独りで歌うより
皆で歌った方が楽しいですしね。


と言う事で
私が子供の頃使っていたこちらで
やってみました。



とは言え
ボロボロ過ぎたので新たに購入しました。


なかなか難しそうでしたね。
でも何回かピアノと一緒に歌うと
正しい音程で歌えました。


この事については
私の反省点でもあります。


必要性を強く感じたので
今後はレッスンに組み込んでいこうと思います。




もう一つの新しいチャレンジは
こちらです。




リズムに苦手意識をもっている
生徒さんが多いようなので
取り組んでみました。

4枚のカードを
皆で並び替えて
リズム打ちします。

こちらは2拍子



シンコペーションが入ると
難しいですね。

でも皆でやれば楽しいね。



今回は連休にも拘らず
ほぼ全員の保護者さまが
いらして下さいました。

とても嬉しかったです。


グループレッスンでは

個人レッスンでは見られない
生徒さんの姿に出会えて
新しい発見があります。



今後のレッスンに活かしていきたいと
思います。


敷物も夏バージョンに変えました。



全く滑らなくて
なかなか良かったです。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月15日

グループレッスン1日目
が笑顔いっぱいで終わりました。



当初は
同じ曲を弾きあう
グループ弾きあい会
を考えていましたが
上手にグループが組めなくて
グループレッスン
に変更しました。


今回は夏休み前の連休と言う事もあり
ご参加を希望して下さったにも拘らず
上手に組めなくて
諦めて頂いた生徒さんが
6名も出てしまい
本当に申し訳ありませんでした。


またの機会に是非ご参加下さいね。




今日は
4グループ行いました。

第1グループ

ピアノ男子組



学校も違い学年も1学年違いの2人でしたが
始めから和気藹々と
楽しく進められました。
お互いのピアノを聴いた後の感想が
きめ細かくて感心しました。



第2グループ

小2女子組



2人ともコンクール前で
同じ課題曲なので
その曲に取り組みました。
真剣で熱い雰囲気
遊び無しのピシッとした空気の中で
良い勉強が出来たと思います。



第3グループ

年中・年長組



幼稚園、保育園がバラバラの4名でしたが
グループレッスンなどで
良くお会いしていたので
温かい雰囲気の中で進められました。
幼児さんとは思えない集中力で
先生の予定していた課題を全て
しっかりとこなせました。



第4グループ

小2女子グループ



学年は一緒ですが
学校がバラバラの3名です。
自己紹介で皆さん
お母さんは優しいですって言ってくれて
ママ達もニッコリ。
初めての試みで
新曲視唱にチャレンジ
独りでは恥ずかしいかも知れませんが
3人で助け合って楽しく取り組めました。


内容は次回に
まとめて書かせて頂きますね。



そして好例
お菓子のつかみ取り
で盛り上がりました。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月13日


教室では
読譜力をつけるために
これに取り組んでいます。









10個の音符が揃った時に
こちらの
音符カード合格証
初めてチャレンジします。




音符を読んで鍵盤上で弾きます。

男の子用と女の子用が
あります。


その後、教本で音符が増えるタイミングで
次の合格証に進んでいきます。

10個   30秒
13個   35秒
18個   45秒

というように進んで

終点は28個   60秒

です。



秒数に拘るのは
速く読めないと
実際に楽譜を読むのには
役立たないからです。


自分が弾こうとする速さで
読めている必要があるので
この秒数を決めています。



これで育った生徒さんたちは
読譜力には自信があります。



学校の伴奏も譜読みが速いので
オーディションに強いです。



そして
3月に大学を卒業し社会人になった生徒さんが
パーソナルデータの

この教室で良いと思われるところ

の項目に

音符カードがある事

と書いてくれていました。

嬉しいですね。


彼女はお仕事が忙しく
あまり練習出来ませんが
読譜力があるので
レッスン中に初見でもかなりこなせます。

また、時々は私と
初見で連弾を楽しんだりしています。

こんな風に育ってくれたら嬉しいですね。



最近、幼児さん3人が
音符カードでちょっと難航しています。

3人共、進度が速いので
音符の数も多くなっているんです。

お家では出来たのに

レッスン室では上手くいかない・・・・

でももう一息だね。

頑張りましょうね。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月11日

かな~~り前に
大石富子先生にご紹介戴いて
とっても気になり
即購入した

アイアイ・フルーツ指番号ゲーム




試してみたい
と思いつつ
気が付けば
長い時間が経っていました。



先日
あちこち散在していた
レッスングッズを救済して
レッスン室のワゴンに集合させた中に
このグッズもやって来ました。




週末のグループレッスンに向けて
お試しで
3人の生徒さんにチャレンジしてもらいました。


年少さんのちゃん
年中さんのくん
年長さんのちゃん


それぞれの年齢で
楽しく使えそうです。


小学生たちも
対戦形式にしたら燃えそうです。




アイアイの曲に合わせて
先生の出したフルーツのカードと
同じカードを指したり
指番号カードの番号通りに
指を動かします。


フルーツカードや指番号カードの並べ方で
難易度は変わりますし
CDもついていて
2種類のテンポが収録されています。





リズムに合わせて手を動かす
見たものと同じものを瞬時に捜す
目指すものに向かって素早く手を動かす
指番号の習得を楽しく確実にする


ピアノを学ぶ上で

大切なことばかりです。


これらを楽しく学ぶ事が
出来るのはとても嬉しいことですね。


グループレッスンで
どのように使うかが
とても楽しみです。



他にも
活用できていないグッズが
まだまだあるので
少しずつ活躍させたいと思います。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月9日


今日はお友達の
片野恵先生のお教室の
発表会にお邪魔しました。




町屋駅から徒歩1分

超方向音痴の私でも
間違いなく行けると自信満々で
駅から出たら一瞬
目の前が真っ暗になりましたが
事なきを得て
無事に到着出来ました。



恵先生は
お知り合いになってから
毎回私の教室の発表会にも
いらして下さっています。


私も恵先生の発表会に伺うのは
2回目ですが
生徒さんたちは
立派に成長されていました。



生徒さんの演奏のみならず
講師演奏のピアノ連弾
お友達先生たちの鍵ハモ隊
ゲストのみほりさんの素敵なピアノソロ
サックスとピアノ
ヴァイオリンとピアノ
そして最後は生徒さん全員の合奏

とまさに
プログラムの副題にもなっている

音楽を楽しむ会

そのものでした。


楽しく心温まる発表会でした。


終了後
恵先生と鍵ハモ隊の先生方と
いらしていたお友達先生と




その後は
お茶していこう・・・・・・・
と入ったお店で
延々3時間ほど楽しいお喋り

久しぶりにお会いした
お友達先生たちと
とても幸せな時間を過ごせました。



1年後に決まった発表会の事も
早くも気になってきました。

1年あっという間ですものね。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月7日


保護者さまに

レッスンにはオンタイムで
いらして下さい。


とお願いしています。



生徒さんが最後まで
レッスンに集中出来るように


と言うのが理由です。



生徒さんが
自分のレッスンを
見られたくない



と言う気持ちを
もっているケースは
少なくありません。


後の生徒さんが時間より早くいらっしゃると
気になって落ち着かなくなる生徒さんの気持ちは
良く理解できます。




私も最後の最後まで
その生徒さんの事だけを
考えていてあげたいと言う気持ちを
もっています。


そしてまた
レッスンにいらしたその時から
その生徒さんの事だけを
考えてあげたいとも思います。



こんな気持ちから
生徒さんにこの事をお願いして
数年になりますが
今はほぼ全員の生徒さんが
オンタイムで
いらして下さっています。



なので最後の1分まで
落ち着いてワークをやったり
最後にもう一度弾いてもらったり
出来ています。



保護者の皆様に感謝、感謝です。



私自身も
今お二人の先生のレッスンに
伺っていますが

オンタイムで伺っています。


前の方のレッスン中に
チャイムを押すのは
申しわけないと思いますし
前の方がいらっしゃらなかったとしても
それは先生の大事なお時間ですので・・・・・。



そして
自分のレッスンを見られるのも
お恥ずかしいです。
練習不足常習犯なので・・・・。



お教室それぞれの雰囲気があるかと思いますが
私の教室では
皆様にオンタイムで
いらしていただき
お1人お1人のレッスン時間を
大切にしていきたいと思っています。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2017年 7月5日


7月2日は

グレンツェンピアノコンクール
予選課題曲公開レッスン


ちゃんが
モデル生をさせて頂きました。


会場は
さいたま市民会館です。

駅から徒歩15分
と言う事で
極度な方向音痴の私に向けての主人の

多分無理だろう

タクシーが無難じゃない?

と言う言葉に従い
駅からは
馬車ではなくタクシーで・・・


講師は
広瀬宣行先生です。

ご熱心で分かりやすく楽しいレッスンで
大好きな先生です。



そんな先生にレッスンして戴けるなんて
ちゃん、幸せだね。



未だ小さいのに
多くの人の前で
知らない先生のレッスンを
受けるなんて
それだけでも凄い事だと思います。



きちんと先生のお話を聞いて
ご注意を受けた個所を
しっかり直そうとしている姿は
我が生徒ながら立派でした。



レッスン室では
丁寧に気持ちを込めて弾けているように
思えていても
ホールでは
少しこじんまりとした演奏になってしまう事も
良く分かり
今後のレッスンに活かしていきたいと思いました。



レッスンを終えてニコニコのちゃんと
超若い子の手の動きを真似してみました~~




広瀬先生のレッスンは
とても勉強になるので
お腹が空いて
ピアノの音とアンサンブルしそうになりながら
最後まで聴講させて頂きました。



生徒さんへのレッスンにはもちろん
私自身の勉強にも
大いに役立つお話を
沢山お聞き出来て
とても良い時間でした。



帰りは会場で偶然お会いした
裕子先生と駅まで楽しく
お喋りしながら歩きました。


どうやって帰ればいいんだ
って不安だったので
助かりました。

裕子先生、ありがとうございます。




この日学んだ事を
自分なりにしっかりまとめて
予選に向けて
生徒さんたちと頑張っていきます。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月3日


一昨日は自分のレッスン

多喜先生のお宅に伺いました。



朝から

次回の発表会に向けて
所沢ミューズの抽選があり
2時間近く粘り
何とかゲット出来て
その後、バタバタと向かいました。


前回は
手の不調で
レッスンを延期して頂いたので
かなり間が空いてしまいました。


その割に
練習状況はあまり宜しくなく
いつもながら
先生に申し訳ない気持ちで・・・・・



シベリウスのロマンス

のレッスン中に先生が

自分の持っている良い音を
その曲の中で
活かせる場所と
妨げになる場所がある・・・


と言うお話をされました。



私が持つ良い音と言うのは

豊かな響き

と仰って戴きました。



と言う事で
フォルテの部分の重厚な場面は
その音を活かせるけれど
繊細で軽やかな部分は
研究が必要そうです。



この曲の
冒頭は
私にとっての天敵


軽やかで繊細で爽やかな音で
弾けるように
1つ1つの音の研究が
必要だと改めて思いました。



生徒さんにも
音色の話を良くしています。


私自身
様々な場面に溶け込む
色々な音色がだせるように
していきたいと思います。


ピアノの勉強は
限りないものですね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2017年 7月1日

今日は
次回の発表会のホールを
取るために

所沢ミューズ

抽選会
に参加しました。



私にしては
かな~~り早く到着したと思ったのですが
既に30名程の方が
並んでいらっしゃいました。


始まる前から
熱気を感じます。


56団体いらしていて
くじ運の悪い私は
いつまでも当たらず・・・・・


42番目にやっと
当たった時には
希望の9ヶ所のうち8ヶ所は
既に申請されていて

最後の最後の頼みの1ヶ所

を申請させて頂きました。



2回使わせて頂いた
大ホール
全て埋まっていて

初めての中ホール(マーキーホール)


1階から4階まで合わせて798席の
少し個性的なホールです。


初めてのホールだと
何かと準備が大変ですが
大ホールとはまた違う響きが
楽しめたらいいですね。



保護者の皆様も
とても心配して下さっていて
ご報告すると
続々と喜びのお声を戴いています。



思いのほか時間がかかり
そのままバタバタとランチして
多喜先生のレッスンにダッシュ

レッスンの事は
また後日ゆっくり書きますね。



レッスンの帰り
玉川上水の駅で

トンちゃん
(ブタではありません)

って私を呼ぶ声が聞こえ
顔を上げると
大学時代の友人の和美ちゃんが
笑顔で立っていました。

何という偶然・・・・・



駅前のちょっとお洒落なカフェで
お喋りタイム




小学校の音楽専科の先生をして
ピアノ演奏もあちこちでされて
更に水泳も・・・・


凄すぎる和美ちゃんに
沢山元気を貰いました。



その後は
主人と待ち合わせて
結婚記念日のお祝いでした。








とっても長く
色々あった1日でした。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。