2017 / 03
≪ 2017 / 02 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2017 / 03 ≫

2017年 3月17日


過去に何回か

合同発表会

をした経験があります。



音大生の時に
4名の友人と開催した
合同発表会は
おそらく私の人生初の
発表会だったと思います。


記念品も手作りして
打ち合わせで集まるのが楽しくて
とてもアットホームな発表会だったと
記憶しています。



そして
息子がお腹の中に生息して
臨月の時の
合同発表会は
女性合唱団の伴奏をさせていただいていた
団員の素敵なおばさまお2人との
発表会。


新居の厚木から
実家の所沢まで
毎週、生徒さんたちのレッスンと
女声合唱の伴奏のために
里帰りしていた時の事でした。



そして今日書かせて頂くのは

マニラ時代の
合同発表会

の事です。


なかなか大変でした。


マニラ時代は
日本人会の女声合唱の指導などで大変で
生徒さんは今のように多くはお受けできなかったです。


2年半生活していた中で

発表会をしたいな・・・・・・

って思いましたが
日本のように手軽に借りられるホールもなく
悩んでいた時に
友人からヴァイオリンの先生が
どなたかと合同発表会をやりたいと
仰っている事を聞き

ヴァイオリンとピアノの発表会

開催する事になりました。



なぜか
諸々の事ほとんどを私がやる雰囲気になっていて

ちょっと・・・・

って思ってはいましたが
生徒さんのためと思い
得意でない英語で頑張って
準備を進めていました。


ところがある日
ヴァイオリンの先生から

ピアノは直ぐに音が出せる楽器だけど
ヴァイオリンはそうでないので
長い曲を弾ける子は未だ少ない。
プログラムを見ると
ピアノの生徒さんばかり
大曲を弾くのでバランスが悪いから
曲を減らすか短くしてくれないか?


とのお話がありました。


それは納得できません。
一生懸命に練習している生徒さんたちに
そんな事言えません。


という事で
電話でかなり言い合いになったように
記憶しています。


その結果
決裂・・・・


発表会は
日系ホテルの
ペントハウスで開催される予定でした。

それなりのお値段なので
合同発表会に踏み切ったので
やはり諦めたくない気持ちもありました。


結果

午前中はピアノ

合同のミリエンダを挟んで

午後はヴァイオリン


という形態で
発表会が行われました。


ミリエンダと言うのは
パーティのようなもので
ホテルのお食事で
立食パーティでした。


その雰囲気の微妙な感じと言ったら・・・・

異国の地での
苦い思い出の
合同発表会でした。


でもこの事で
普段からとても協力的な保護者さまたちが
更に温かく見守って下さり
更に良い雰囲気になった事も
とても良い思い出です。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。