2016 / 10
≪ 2016 / 09 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2016 / 11 ≫

2016年 10月30日


本当は今日は
昨日行われた
多喜先生門下生による

ピアノの集い


の事をアップする筈でしたが
残念な事に
その前日、急に発熱してしまい
参加を諦めました。






という事で
今日はこの可愛い

ドレミファキャット

のご紹介をしたいと思います。


2週間ほど前に
レッスン室にやって来ました。
とっても可愛い猫ちゃん8匹です。




ふにゅって言う感じのとても
温かい触り心地で
癒されます。


先ずは音階です。


順番にドレミファソラシドの音程でにゃあ~~


そして切り替えると
1匹でも曲が演奏出来ます。


それぞれが担当の曲を演奏します。



そして何匹か重ねて押すと
わ・わ・わおんです。


なんとも可愛い




今、生徒さんたちは
この子たちの大ファン

ママ達も目を細めちゃいます。




そして最も興奮したのは
高校3年のRちゃん。

お家で猫ちゃんを飼っていて大の猫好き


キャー可愛い

これってお母さんも見たんですよね。
私に何も言ってくれなかった・・・・
言ったら買ってって言われるからかな?
1匹でも欲しい
いややっぱり全員欲しい!


とここまで一気に・・・・

無口な先生も口を挟めず・・・・


お母様は違う曜日にレッスンにいらしているんです。
どうしてこの子達の事を教えてくれなかったのかと・・・・



工夫次第で色々な事に活用できそうですね。



電池交換がちょっと面倒なので
使わない時は電源切って
無口になって皆で寝ています。
それもまた可愛い~~



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

2016年 10月28日


昨日は生徒さん3名が通う中学の

合唱コンクール

を聴きに行きました。


3名共
ピアノ伴奏をさせて頂いたので
ぜひとも応援に行きたいという気持ちでした。


夏休み前から
普段の教本は棚に上げて
一緒に譜読みをしてきました。


3曲とも難曲で
かなり苦労しましたが
本当に良く頑張ったと思います。


譜読みが完了した頃からは
余計なことは言わずに
学校の先生にお任せしていましたが
それぞれ自分で考え
指揮者とも合わせ練習をして
真剣に取り組んでいて
我が生徒ながら立派だったと思います。




昨日はお母様方は
席を確保して下さったり
お昼を挟んだので
その準備までして下さり
その温かいお気持ちに感謝です。


大きな生徒さんのお母様とは
あまりゆっくりお話しする機会がないので
私にとっても楽しい時間でした。



学校によっては
伴奏者のピアノの先生は
ご招待されている所も
あるようですが
こちらの学校は保護者さま以外は
入場できないとの事で
昨日はちょっと受付で難航しました。


幸い
昨年は来賓として伺った経緯があったので
何とか聞かせて戴きましたが・・・・・。


学校として
安全面など色々なお考えがあられるので
仕方ないですね。


2年生すべてと
3年生の1クラスを聴かせて頂きましたが
どのクラスも熱演で
この日まで皆で力を合わせて
頑張ってきた様子が
目に浮かぶ様でした。


私が教員をしていた時の
合唱コンクールはマンモス校でしたので
1クラスが約50名。
1年生10クラスと
2年生1クラスを担当していたので
それはもう大変でした。


放課後は
いつもの吹奏楽と合唱部の顧問としての活動に加え
各クラスに呼ばれての指導
また伴奏者や指揮者は
個人的に指導していたと思います。

あの頃は伴奏を
ピアノの先生が指導して下さると言う事は
無かったように思います。


私自身の力不足と
経験不足が重なり
本当に大変でした。


全体的にとても感動的な
合唱コンクールでしたが
やはり自分の生徒さんに
目も耳も行きます。


気持ちのこもった素晴らしい演奏だったよ。

尊敬です。


これからは
4月の発表会に向けて
今回に負けない位
頑張ろうね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



2016年 10月26日


またまた話はさかのぼりますが
22日は


ピティナ・ピアノステップ
所沢秋季Ⅰ地区


に参加した
Nちゃんの応援に行って来ました。




自分自身の本番が近いので
Nちゃんが演奏する
第7部のみを聴いて
そのまま帰宅しました。




本番はいつもとても緊張するという
Nちゃんですが
1曲目はとても落ち着いて
気持ちよさそうに弾いていました。



メールで評価のみ聞いていて
今日のレッスンで
戴いた講評用紙のコピーをもらい
ゆっくり読ませて頂きました。



評価も良かったですが
とても温かい講評を戴き
嬉しい気持ちになりました。




最近、教室では
大きな生徒さんたちも
ステップを受けています。


高校生、大学生は
それぞれ毎日の生活が
とてもお忙しいですが
そんな中
本当に立派です。



ピアノを長く続けてきて
それがきちんとした形になるのは
とても意味のある事だと思います。




12月には
大学4年生のRちゃんが
ステップを受ける予定です。


Rちゃんもお忙しいなか
本当によく頑張っています。


応援しているからね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2016年 10月24日


昨日は午前中
お友達の頓所裕子先生のお教室の

お勉強会

にお邪魔しました。



お勉強会は
2曲ずつ暗譜で演奏して
生徒さんたちは
お友達の演奏の感想を
一生懸命に書きます。


そして
お二人の先生が
アドヴァイザーとして
生徒さんお一人ずつに
コメントを書かれます。


発表会とは全く雰囲気が違い
真剣にお勉強するという空気を
感じました。



お友達の演奏を真剣に聴いて

自分の言葉で感想を書くというのは
とても勉強になりますよね。

また、他の先生からのアドヴァイスは
新鮮で色々な気付きが多いことと思います。





その後は
裕子先生とアドヴァイザーをされた
松本裕美子先生と長崎正子先生と
ランチタイム。


楽しくお喋りしながらも
お勉強会の話題から
レッスンに役立つお話を
沢山お聞き出来ました。




そして午後は
多喜先生門下のお友達で作った

集い埼玉チーム


弾きあい会



本番を前に
ここが最後の砦


13時から17時まで
裕美子先生の的確かつ温かい
アドヴァイスを戴きながら
頑張りました。



ピアノって結構
孤独な作業ですが
こうして励ましあえるお仲間が
居てくれるのは
本当に有難く幸せです。



という事で
終日、音楽に囲まれた時間でした。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 10月23日


20日は

室内楽トリオレッスン

多喜先生のお宅に伺いました。


早いもので
今回で8回目です。


残すところあと1回で
本番です。



昨日は
やりたい楽章を・・・・
という事で
全楽章やる方も自分が本番で演奏する楽章のみ
の方もいらっしゃいました。


私は
いつもの遠慮深い性格が出て
自分の演奏する楽章のみをやらせて頂きました。


いえいえ
今はソロの本番の事で頭がいっぱいで
全楽章やる余裕は無かったんです。




残念ながら時間があまりなく
1回通して
少しご注意を戴いただけでしたが
皆さんのレッスンを聞くのは
とても勉強になります。


お仲間の受講生の皆さんは
それぞれとても前進されていて
素晴らしかったです。



次回は本番に向けての最後のレッスンとなります。


今回の録音を聴いて
自分なりに修正して
最後のレッスンに臨みたいと思います。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



2016年 10月21日


一昨日は自分のレッスン

多喜先生のお宅に伺いました。



今月末の
門下生発表会に向けて


確実に暗譜をする


のが目標でしたが
未だ未だ怪しいです。



何とかやっと通したあと


左手の1拍目のバスの音を
歌っていってみて・・・・


え~~出来ない・・・


という事は


左手の伴奏のメロディが
頭の中で鳴っていない

という事になるんですよね。


聴いているようできちんと聴けていない左手


本番前のこの時期に
出来ていない事が分かると
大きな不安に襲われます。


先生は

あと10日あるから大丈夫よ・・・


と仰いますが

暗雲がど~~んと押し寄せてきます。

いえいえ雷かもです。



子供の頃は
暗譜は全く苦でなかったし
怖くもなかったです。


音大受験前の発表会で
派手に止まり
ショックで翌日、
高校に行けなかったと言う
怖すぎる思い出があります。


それでも
音大時代は
試験曲は全て暗譜でしたし・・・・


今日,たまたま同門の方と
フェイスブックのメッセージで
お話していたのですが

40歳までは暗譜が怖くなかったのに
そこから突然衰え始めた。

と言うお話をお聞きしました。


そう言えば昨年私も
40歳になったのでしたあ~~。


いえいえ年齢のせいにしてはいけませんよね。


残された時間で
最大限の努力をしようと思います。



いつも同じ言葉ですが

頑張ります。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 10月19日


少し前になりますが
16日は

ミロスラフ・クルティンシェフ ピアノリサイタル

に行きました。




会場は
所沢ミューズ大ホール

来年4月の発表会と
同じホールです。

行くたびに
気持ちが引き締まります。



今回は
咳が酷く諦めようかと迷いつつ
強力なドリンクを飲んで

行きました。


でもこんな時は
咳込まないかとの心配ばかりで
あまり集中して聴けないように思います。




自分の席に行くと
あれ~~先日のコンサートと
同じ場所で
周囲の皆々様も同じ方たち。


右隣はある有名なピアニストさんに
そっくりな初老の方で
左隣はおばさま3人組で
それぞれ印象が強かったので
良く憶えています。


そうです。
私を含めて皆さん
こちらのセット券を買われているのですね。




当たり前ですが
これだけのプログラムを全て暗譜

自分の本番が近ずいているだけに
その凄さが更に強く感じます。



前半は
お馴染みの名曲シリーズ

どの曲も個性あふれる演奏だったと思います。

弱音は鍵盤に顔を近ずけて
弾いていらしたのが印象的でした。



休憩をはさんで後半は
ラヴェルとプロコフィエフ

更に本領発揮という感じでした。

フォルテが素晴らしく響きます。




アンコールはこちら。




1曲目はバレエ音楽ですが
とても壮大なアレンジで
オーケストラ版に負けてない感じでした。

ピアノと言う楽器は
本当に凄いです。


自宅の近くで聴ける素晴らしいコンサートは
とても嬉しいです。

いつも独りでぶらっと出かけます。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 10月17日


一昨日は

フェルデンクライスのレッスン

松本裕子先生のお宅に伺いました。



ずっと風邪気味だったのですが
2・3日ぐらい前から悪化して
咳が酷くなっていたので
マスク着用で伺いました。


すると先生も昨日は
喉が痛くて物を呑み込むのもお辛かったとか・・・・

今日はもう大丈夫よ。

って仰るので思わず

どうやって治されたのですか?

とお聞きすると

葛根湯で・・・・

だそうです。



葛根湯

私も愛用しています。
お揃いで嬉しいです。


レッスンを始めると
暑がりの私は半袖にも関わらず
暑くて・・・・


冷房つけるね。


いえいえ大丈夫です。
先生も病み上がりですから・・・・


と言いつつお言葉に甘えて
すっかり秋だというのに
冷房のお世話になりました。


ありがとうございます。



先日のステップの時は
裕子先生は
アドバイザーとして演奏を聴いて下さっていたので
当然その話になります。



もうちょっと上手くいく筈だったんですが・・・
自分では緊張している自覚はないのに
あんな事になり・・・・・


でも良い所もいっぱいあったわよ。


そして色々お話しているうちに

緊張しているという自覚は無くても
実際は緊張していて
無駄な力が入ってしまい
動きがおかしくなり
いつも起きないことが起きてしまう。


という結論に至りました。


これは先日、
多喜先生も同じように仰られていたと思います。


手や足が震えたり
頭が真っ白になったり
心臓がバクバクしていなくても
私にとっては
緊張なのですね。


アンサンブルや連弾の時と
ソロでは全然違うんです。


それはソロは誰でも大変よ。


暗譜だと更に怖いです。


暗譜は皆、怖いわよ。



裕子先生の堂々とされた演奏を
お聴きしていると
な~~~んにも怖くないように
見えますが
やはり同じような気持ちを
お持ちなのですね。



ということでこの日も
曲の中での

脱力

を中心に見て戴きました。


自分の事ながら、自分では
分かっていないことが沢山あります。


私の緊張がどういうものかが
大分、分かってきました。


その対策は

ポイント、ポイントで
きちんと脱力すること。

それは良い響きにも繋がります。


頑張ります。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2016年 10月15日


12日、13日と

石嶺尚江先生のセミナー
受講しました。


お聞きしたいな・・・・
ずっと思っていたセミナーが
2つまとめて聞けて幸せでした。


そして
会場も同じ駅


ということで
さすがの私も
迷わず行けました。




今回は

バッハインヴェンション指導法 第1回
  ~インヴェンションが好きになる魔法のアプローチ~



先ずはバッハ先生の
数々の面白いエピソードのご紹介です。

歩く事が大好きで
     演奏会を聴きに400キロ歩いて旅行した。

とか


妻マリーアが亡くなった翌年にアンナ・マグダレーナと再婚した。

とか・・・・・・・


こんなお話を生徒さんにしてあげたら
バッハ先生に親しみを持てるかも知れませんね。




そして今回は

1番・4番・7番を
楽しく面白く
解説して下さいました。


探偵になった気分で曲の中のミステリーも探します。



今は亡き恩師に

バッハでは決まりは厳守だぞ~~

とお厳しく言われていたので
バッハは厳格なものと
感じていましたが
今回のセミナーで


バッハも自由に感じて
楽しく弾くことが出来る



思い直しました。



基本的な事はきちんと押さえて
楽しく工夫していければ
バッハへのイメージが
変わるかも知れませんね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 10月13日


このところ
セミナー通いが続いています。


昨日と今日は
2日続けて
松原団地駅に
向かいました。


昨日は
しょうこ先生のお宅での

バーナム導入書指導法

公開レッスン

講師は
石嶺尚江先生です。


おそらく
しょうこ先生のお宅にお邪魔するのは
4回目かと思いますが
いつもどなたかと
ご一緒で
独りで行くのは初めてでした。

な・な・なんと迷いました。

更にしょうこ先生のお宅の前で
グーグルマップさんが

目的地に着きました。

って言ってるのに

あ~~未だなのに

グーグルマップは私を見放した~~

と勝手に解釈して自信満々で
通り越して前進。

しばらくして
自分のミスに気付きました。


やはり方向音痴と言う
病気はそうそう簡単には
治らないようです。


バーナム

教室でも多くの生徒さんが
使っています。

でもいつも

この指導で良いのか

他に何か出来るのでは

と思っていたので
とてもとても勉強になりました。


脱力を中心に
多くのテクニック
そしてそれを身につけるための
指導法が
先生のお口か次々に飛び出します。


特に
脱力については
色々なアプローチがある中で
迷いも生じていたので
尚江先生の方法も取り入れながら
進めていきたいと思います。



楽しいランチ会
の後は

雑談と言う名の

プチセミナー



ここでも
沢山のレッスンのヒントを
戴きました。



その後は

公開レッスン


しょうこ先生のお教室の生徒さん達の
レッスンです。


生徒さんについての説明の
資料も準備して下さり
自分の生徒さんのような気持ちで
聴講させて頂きました。



尚江先生のパワーには脱帽です。
朝からずっとテンション高く
疲れ知らずで
凄いパワーです。




先生のレッスンには
何とかして会得させたいという情熱と
生徒さんたちを温かく包み込む愛情が
いっぱい感じられました。



しょうこ先生のお宅でのセミナーは
とてもアットホームで
始終温かい空気が流れていました。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 10月11日


5月からレッスンを始めた年少さんの君。


7月のグループレッスンの中の

弾きあい会

ピアノランドの
どどどど どーなつ
立派に弾いてから


急成長が始まりました。


それまでは
まだ小さいということもあり
主にリトミック的な事を
やっていて
ピアノはほとんど弾かないレッスンでした。


ちょっと繊細な部分があるので
自信が無い事に対しては

やらない~~~

ということもあり
お母様は少し気にされているように
見えました。


出来ないかも・・・・
君が不安に思う事への取り組みは
少し大変だったように思います。



そんな君が
弾き合い会で皆さんの前で
立派に演奏出来た事を
きっかけとして

急にピアノを弾きたがるように
なりました。


試しに

ぴあのどりーむ幼児版

をやってみたら
ささっと進めて
2か月で終了してしまいました。





今日は2週間ぶりのレッスンでしたが

ぴあのどりーむ1巻     5番から11番
ピアノランド1巻      3番と4番
ピアノ弾けるよジュニア1巻 19ページまで

が合格でした。


凄いです。


スラーもきちんと出来て
お指の形も注意して弾いています。


以前はド以外の音は
ちょっと自信が無かった様ですが
いつの間にか

ド2つとレとシを
しっかりマスターしています。



今日のレッスンでは
驚くばかりの先生でした。



子どもさんって
何がきっかけで
急成長するか分かりませんね。


だからこそ
色々な事を経験させてあげたいと思います。


そして成長の兆しを見せたら
その時を見逃さずに
しっかり伸ばしてあげることが
大切だと思います。



今日は沢山スタンプを貰い
前回予約していたご褒美を
ニコニコでもって帰った
君でした。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2016年 10月9日


今日は

藤原亜津子先生
レッスン見学ツアー

に参加しました。



早起きして
早朝の電車に乗り

茨城県龍ヶ崎市

までひとっとび



レッスン見学ツアー
と言うネーミング通り
10時から17時過ぎまで
たっぷり見学させて頂きました。



4歳の可愛い生徒さんから
実力派の小5の生徒さんまでの
演奏と公開レッスン。


体調の優れない生徒さんも
何人かいらっしゃいましたが
そんな様子は見せずに
とても心のこもった
しっかりした演奏で
聴きごたえがありました。



そして
お母様方の協力体制の
素晴らしさに驚きました。


まさに親子二人三脚で
頑張っていらっしゃる様子が
伝わってきました。



小さい頃から

よく動く指

響く音

自分で考える音楽表現


を目指して
系統立てて
レッスンが進められているのが
亜津子先生のお言葉から
とてもよく伝わって来ました。



自分のレッスンを
改めて見直す良い機会になりました。



沢山のお友達先生にお会い出来て
また、新しい出会いもありました。


キティちゃん作の
美味しいパンも
ティタイムに戴けて
感激でした。


ご熱心な先生方と過ごす時間は
とても幸せな時間です。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2016年 10月7日


少し前のお話になりますが

10月2日は


ピティナピアノステップ
南新宿地区

で演奏して来ました。


お友達の
松本裕美子先生が代表をされている
アコルデ石神井ステーションです。



待望のステップデビューです。



本当は昨年の今頃
デビューする筈が
手を傷めてしまい
断念しました。



会場は

代々木の森 リブロホール


以前、独りで行って
結局どうにも分からず
最後はタクシーで輸送して貰ったという
華々しい経緯があるので
西武線組の先生方に
くっついて行かせて頂きました。



ほんの少し山奥の飯能を始めとして
あちこちの駅で約束した車両に
乗り込みます。


4人の中で最も都会の狭山ヶ丘は
最後です。


乗り込むとすぐに
笑顔の先生方に会えました。


本番前は
このように皆さんと一緒だと
とても心強いです。




会場に着くと
お顔見知りの先生方が沢山いらして
ちょっとワクワク



あっという間に
自分の番になりました。


名前を呼ばれて
ステージに向かい
お辞儀をして
コメントが読み上げられている間に
鍵盤を拭いたり椅子の高さを調整したり・・・・


生徒さん達と全く同じ流れです。


自分で経験してみると

生徒さん達の気持がとても良く分かります。



演奏はと言うと
前回のブログにも書いた通り
思わぬ事故が多発で
今後の課題満載ですが
アドヴァイザーの先生方からは
思いがけず
とても嬉しいコメントが戴け
モチベーションアップ出来ました。



やはり

ステージでの演奏は
得るものが大きいと
改めて思いました。



ピアノの集いの掟は

暗譜です。


ステップ終了後
暗譜に取り組もうと思っていたので
早速スタートです。


脳が弱っていて
昨日食べたものも
思い出せない状態で
出来るのか


いえいえやるしかありません。


頑張ります。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2016年 10月5日


今日は自分のレッスン
多喜先生のお宅に伺いました。


2日はピティナのステップで
演奏していました。

後日この件は改めてアップしますね。





このお話からスタートです。

どうでしたか?


大変な事になってしまいました。


え~~そうなの?

どんな風に?

いつもなんでもない所が崩れてしまい・・・・

具体的に話して・・・

きちんと状況が分からないと対策が立てられないから。



そ~~んなお話をしながら
携帯で録画していたものをお聞かせする事に・・・・

自分では1回聞きましたが
情けなさ過ぎてきちんと向き合えませんでした。


先生が真剣に聴かれるのですが
最悪の場所で
ついつい遮るように言葉を発してしまうと

黙って・・・

ここをきちんと聴かないと・・・・

と仰って
もう一回聴き直されます。


原因が分かりましたよ。

左手が不安定だから
ステージでは不安になって乱れてしまう・・・



自分では

自覚のない緊張の中で

思わぬ事が起きてしまう

としか考えられなかったのですが
やはりちゃんと原因があるのですね。

さすが先生です。



と言う事で
左手のみの練習をやりました。

左手の和声をもっともっと聴かないと
ダメですね。

左手のみの暗譜もしないとです。


楽譜も鍵盤も見ないで

目をつぶって弾けないと・・・・



そう言えば
マニラに居た時のコーラスの伴奏で
リハーサル中のホールが停電になり真っ暗になった時
暗闇の中で何とか弾けたのを思い出しました。



今日の結論です。

今回の失敗は
練習不足
でした。


帰宅して早速やってみました。

目をつぶって
何とか途中まで弾けました。

やれば出来る

ですね。



今日は以前から気になっていた
こちらを食べました。

太陽のトマト麺



前回のレッスンの帰りに見た時
テレビでも紹介されたと
書いてあったので
次回は食べようと決めていたのでした。

ラーメン屋さんに独りで入るのは
抵抗がありましたが
入ってみたら
お客様は全員女性でした。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 10月3日


このところ
ちょっと練習不足の生徒さんが
チラホラチラホラ・・・・


と言う事で
こ~~んな事を考えました。

期間限定

本気で頑張るわくわく練習キャンペーン





私が作りました


と言いたいところですが
いつもお世話になっている
パソコンの先生が作って下さいました。


本当に私の意図することを
即分かって下さり
更なるアイディアも出して下さり
こんな素敵に作って下さり
感謝、感謝です。



これはちょっと凝ったシステムなんです。

今日からお渡ししていますが
その説明を聞く
生徒さんもお母様もかなり真剣です。





それでは解説に入ります。


先ずなぜ期間限定かと言うと
これは1週間のみの取り組みだからです。


賞味期限ではなく有効期限は
10月末まで。


10月の中で
自分で一番頑張れそうな週を選んで
取り組んでいただきます。

運動会や週末の予定なども
考慮して下さいね。


1週間の練習した時間の合計により
こちらが貰えます。

困った時に使える楽語シール
です。


小さい生徒さんにはこちら。


もっとたくさん楽語を学んでいる生徒さんにはこちら。



この24枚は1枚ずつ使えるシールです。

困った時

と言うのは
スタンプカードで
スタンプあと1つで予約とか
ご褒美ゲット
と言うときです。


そんなときに
このシールをスタンプ代わりに使えます。

でも使うのには条件があります。

楽語の名前と意味がちゃんと言える事です。


と言う事で
困った時にいつでもこのシールが使えるように
きちんと覚えておきましょうね。



このシールは
練習時間により貰える枚数が違います。
最高は3枚です。

3枚あれば
これを使ってご褒美が3個貰えちゃいますよね。

頑張るしかない



期間限定にしているのは
その1週間だけは
本気で頑張って欲しいからです。


やれば出来る自分

出会って下さいね。



今回は生徒さん全員に頑張って貰います。

中学生以上の生徒さんには秘密のご褒美があります。


さて
下の方にある
貯金コーナーって何でしょうか

これは例えば
25分練習した場合に
上の20分まで色を塗って
残りの5分は
貯金コーナーに貯金しておくためのものです。


また、表には50分までしかないので
それ以上頑張れた生徒さんは
貯金コーナーの10分の方に
大切に貯金しておきましょう。


今日、凄い質問がありました。

先生、貯金コーナーがいっぱいになっちゃったら

どうしますか?

素晴らしすぎです。

かなり本気ですね~~


更に普段記入している
練習がんばりカード
一緒に記入して良い事にします。

太っ腹の先生です。

そうです。
先生も本気ですから・・・・・

さあ皆で頑張ろうね



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 10月1日


昨日は

フェルデンクライスメソッドのレッスン


松本裕子先生のお宅に伺いました。



グループレッスンで
入門した
フェルデンクライスメソッドですが
いつもお世話になっている
多喜先生のお勧めもあり
先日、初めて個人レッスンを受けました。


とても勉強になり
かつ1回だけでは
とうてい私には会得出来そうにないので
定期的に通わせて頂く事になりました。



と言う事で
昨日は2回目のレッスンでした。


昨日は
乗り換えなしで行ける
所沢から国分寺まで直通の電車に遭遇したし
中央線は特快でビューンって速いし
駅から先生のお宅へは
少しの迷いもなく
颯爽と歩けて
順調過ぎる道中となりました。




前回の脱力の復習をして
それを
曲の中でどう使うかを
丁寧に教えて戴きました。


四分音符を5秒ぐらいかけて
脱力出来た事を確認してから
次の音に進みます。



たま~~に

思い描いた音
が出せる時がありました。


先生の
ブラボー
と言うお言葉が嬉しすぎます。



この喜びを
生徒さんたちにも伝授したいです。


まだまだですが
自分の目指す方向性のような物も見え
出来るようになるような気もして
早く帰宅して試してみたくて
お一人様ランチはせずに
大好きなこんなものを買って
ダッシュで帰ってきました。


ドンクのチーズクッペと
ちょっとお高いけれど奮発したサラダ2種




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。