2013 / 11
≪ 2013 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2013 / 12 ≫

2013年  11月29日

一昨日は
コーチでもピアノの先生でも大活躍の

保科陽子先生のご本の

出版記念謝恩会にお招き戴き、
とてもとても素敵な時間を過ごさせて頂きました。


その話題のご本はこちらです。
とても楽しく分りやすく読みやすいご本です。
 
13112901.jpg

ご担当の編集長さんもいらしていて

とても売れてます。
だそうです。

良かった、良かった。

保科先生、改めまして

ご出版おめでとうございます。


このお集まりには先生を色々な形で
応援されている方々がいらしていて、
これまでのご苦労話なども出て
とても感動的な素晴らしい会でした。

皆さんが先生をお祝いする
と言う同じ想いで集まっていましたので
和気藹々、笑顔の絶えないとても素敵な時間でした。


保科先生と山口弓枝先生と 

13112902.jpg 

 
笑顔いっぱいのピアノの先生方と
なぜか皆さん、ほっぺが赤いですが
まさか昼間から飲んだりしてませんよ。
 
13112903.jpg


またまた笑顔いっぱいのピアノの先生方と
お席が遠くても気持ちはちゃんと通じています。
 
13112904.jpg

他にも素敵な先生方がいらっしゃっていました。

今回はお馴染みのピアノの先生方の他に
保科先生を支えていらしたコーチも
いらしていました。

お席が近かったので色々お話させて頂きましたが
さすがに温かく大きなお心でいらして
不思議と自分の心も開放されていくのを感じました。


コーチングの力って凄いですね。


保科先生は、始終おもてなしのお心で
楽しい会になるように心を尽くして下さり
至福の時を過ごさせて戴きました。

お一人お一人をご紹介している動画はとても
興味深かったです。
お忙しいのに凄すぎです。

ビンゴも盛り上がり、夢中だった割には
ビンゴになっている事に気が付かないと言う
失態を・・・・・。
自分の力不足をまたも感じました。


そして更なる感動は、会が終わってからも
お疲れでしょうに、お一人お一人に
お写真入りのありがとうメッセージ
送って下さった事です。

私には
M1グランプリ並みの漫談が繰り広げられたとか・・・・。
ああっ席が離れていて聞き逃しました。
ぜひ、再放送を!! 笑
いつも楽しい先生が大好きです。

あんなにおとなしくしていた筈なのに ・・・・


最後まで先生のお心遣いには感動しっぱなしでした。


お料理も大変美味しく

また頑張るぞ~~~
とパワーをたくさん戴けた素晴らしい時間でした。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





スポンサーサイト

2013年  11月27日

クリスマスコンサートに向けて
新しい試みをしてみようと思っています。


よかったね!メッセージカード
です。

13112701.jpg

これは、妹こと荒木安子先生の発表会に伺ったときに
先生が作っていらした

メッセージカード
が良いなって思い

真似させて下さい
ってお願いしていたものです。


フェイスブックのいいね
みたいな感じで、

良かった
と思われた方にこのカードを通して
その気持ちを伝えます。

出来れば、感想もお書きいただけたら嬉しいですね。


コンサート当日に皆さんにこのカードを書いて頂き
会場のポストに投函して頂きます。

その際にお名前を書くのは大変かと思い、
プログラムは74番までの通し番号にしました。
番号ならささっと書いて戴けるかと思います。

後日、私の方で集計して生徒さんにお渡しします。

自分の演奏を聞いて下さった方から
認められて、更にメッセージを戴けると言うのは
とても嬉しい事だと思います。


このカードがやる気スイッチ
押してくれるかも知れません。

私も、皆さんの評価を見せて頂くのは
とても勉強になるかと思います。


今週から、プログラムと共にお渡ししていますが
大きい生徒さんの反応は

え~~誰からも貰えなかったらどうしよう・・・・。

と言うのがとても多いです。

と言いながらも練習を頑張ろう
思ってくれているのも感じられましたよ。


大丈夫

先生はその辺も考えていますよ。

教室便りには、

ご自分のお子様に向けて書いてくださるのも
もちろんOKです。


と書かせて頂きました。

それに先生だって観客の一人ですから・・・・。

プログラム&よかったね!メッセージカード
モチベーションアップして下さいね。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2013年  11月25日

一昨日は

どれみピアノスタジオを主宰されていらっしゃる
遠藤操先生のお教室の発表会にお邪魔しました。

会場は
柏市民文化会館小ホールです。

松戸市と鎌ヶ谷市に住んでいた事がありますので
何となく懐かしい地名です。


とはいえ、今回は一人旅だったので
事前準備をバッチリしての出発でした。

私にしてはなかなか順調に進み
開演少し前に到着。

やれば出来る
行きは・・・・・


とてもアットホームな雰囲気の発表会でした。

大人の生徒さんが多くて、皆さんが生き生きされていたのが
とても印象的でした。

操先生はこの人生の先輩の生徒さんたちを
プラチナ会員さまと呼ばれているそうです。

名前の通り、皆さん輝かれていました。


私が座っていた前の列にそのプラチナ会員様ご一行が
いらっしゃいました。

始めは、お孫さんの発表会を祖父母様が聞きに
いらっしゃったのかと思いましたが、
おじいちゃんの発表会に子供さんご夫婦とお孫さんたちが
応援にいらしていたようです。

なんて素敵なんでしょう。


1部の最後には講師演奏がありました。

献呈(シューマン=リスト)
私の大好きな曲です。
とても心の伝わる演奏でした。

少し前のフェイスブックで話題になった私のブログの
講師演奏の件で

生徒さんのお世話をした後の疲れきったところで
弾くのは本当に大変ですよね。
でも60代、70代の大人の方も手足震えながら
出て下さるのに私が逃げるわけにはいきません。
生徒さんと同じ怖さを味わなくては
フェアじゃないって思って毎回奮い立たせています。

とコメントして下さっています。

このコメントがとても心に残っていてそのお言葉を
思い出しながら聞かせて戴いていました。

堂々とされていて凛とされていて
先生としての風格を感じました。


そして、2つのサプライズ

お嬢さんとの連弾。
お嬢さんの披露宴で弾かれた曲でした。
ウルウルしながら幸せのお裾分け、しっかりと戴いちゃいました。

もう一つは
ギロ友シスターズの皆さんの賛助出演でした。

衣装も素敵で素晴らしいチームワークでした。
お勉強を続けていらっしゃる先生方は輝いていますね。


そして帰りに、迷える子羊いえ迷えるこぶたになりそうだった私は
このギロ友のメンバーの先生方に助けて戴きました。

会場を出て
え~~どうやって帰るの
バス停はどこ

ってちょっと泣きそうになっていた私を
お友達の高野芳美先生が見つけてくださり
そのまたお友達の車にご一緒させて戴きました。

お世話になりました。
感謝、感謝です。

全てを終えてほっとされた操先生と
バタバタされているときに失礼致しました。

先生、お疲れ様でした。
始終、凛とされていたお姿がとても印象的でした。
 
13112501.jpg




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2013年  11月23日

クリスマスミニコンサートのプログラム
出来ました。

13112301.jpg


白とエメラルドグリーンの2色にしてみました。

ミニコンサートと言う名前ではありますが、
通し番号で74番まで・・・・・。

なかなかのボリュームです。

なぜ、通し番号にしたかにつきましては
後日、ブログに書かせて頂きますね。


私の教室では、発表会を1年半に1回、
そしてその間にミニコンサートを幾つかのグループに分けて
レッスン室で行って来ました。

今回は初めて、ミニコンサートも外の会場を
お借りするので、プログラムもちょっとしたものを
作りたいな・・・・と思い取り組みました。

発表会の物とは少し雰囲気の異なるものにしようかと思い、
形はA4を二つ折りにしました。
 
これなら自宅のプリンターでも印刷出来ます。

第1部から第3部までそれぞれに前半ソロと
後半連弾を組みました。

発表会と同じく、それぞれの部のソロは
幼児さんから高校生または大学生または大人の方に
なっていますので、同じ学年の生徒さんも3部にバラバラに
登場します。

同じ学年の生徒さんの順序を決めるのにとても
神経を使いますが、このようにしておくと
生徒さんもあまり気にならないかと思います。

そして、当日も小さい生徒さんばかりが続いたり
大曲ばかりが続くことなく
どの曲も大切に聞いてもらえるかと思います。


体力の残っているだろうと思われる
2部の始めに私のソロを入れさせて頂きました。

腱鞘炎は大分良くなり、ノロノロと無理のないように
練習を始めましたが、未だリハビリに通いながらですので
本当に弾けるのか心配ですが、弾ける事を願いつつ
一応プログラムにも掲載させて頂きました。

今朝、延期して戴いていたレッスン日をあともう少し
先に延ばして戴けるように恩師にお願いしました。

前回のレッスンの時より少しでも上達してから
伺いたいので・・・・・。
そして今無理をしたら大変と言う事もわかっていますので。


2部の最後には

音楽クイズ大会
を行います。

今日、先日楽器店で仕入れた景品が
宅配便で届きました。
腱鞘炎なので重い荷物を持つのは厳禁ですものね。

ステージには沢山のポインセチア
並べようと思います。
最近は様々な色のものがあるようで楽しみです。

プログラムを手にしたら
更にやる気満々になってくれる事と
期待していますよ~~。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2013年  11月21日

昨日は亡き母の命日でした。

毎年必ず命日にはお墓参りに行く事にしていますので
昨日も一人で行って来ました。

母はお寺の長女として育ったので
自分の実家のお墓に眠っています。

今年4月に父が亡くなり
今はここに2人一緒に居ます。


私の従姉妹である住職が仰るのには

お墓はお参りをする所でお願い事は神社で・・・・・


との事ですが、実はいつも色々とお願い事をしてしまう私です。

今回も色々といっぱい・・・・・。
ごめんね。
いつまでも甘ったれで


息子がお腹に居る時に母を亡くし、その後の検診で
息子が動いてないと知らされ

あなたがお母さんですよ。
あなたがこの子を守るんですよ。

とお医者様に励まされ、初めて母としての自覚を持った私でした。

今までは母の居ない寂しさばかりを感じていましたが
今回はちょっと異なる気持ちが沸いてきました。


母は57歳で亡くなりました。
まだまだこれからと言う時でした。

自分がその年齢に近ずくと、母の生きられなかった悔しさが
分るような気がします。

母は周囲に優しく自分に厳しい人でした。

亡くなるまで国家公務員として仕事をこなしつつ
家事、子育ても一生懸命な人でした。

週末ぐらいゆっくりすれば良いのに
太巻きを綺麗に作る練習をしていたり、普段出来ない手の込んだ
お料理をしたり、梅干をつけたり
梅酒を作ったりしていました。

出来合いの物が食卓に並んだ記憶はあまりありません。


好奇心旺盛で、女学校時代の親友と展覧会や神社、仏閣をめぐる旅行に
良く出かけていました。
本も良く読んでいました。
ちょっと面白いものを買っちゃったりするお茶目な面もありました。


とても親孝行で、自分の体調が悪くても
良く祖父母の様子を見に実家を訪れていました。
祖母も母の事をとても頼りにしていたように思います。


お琴の実力はなかなかのものだったらしいです。
聞いてみたかったな~。
モーツァルトが好きでした。


レース編みも上手で、忙しいのに時間を見つけては
編んでいました。
今でもピアノの上には母の編んでくれたクロスがかかっています。


そんな母なので、長生きしていたらきっと豊かな老後を
過ごしたに違いないと思います。

残念です。

私は全てにおいて亡き母のようにはなれませんが
自分の人生を大切に大切に生きていこうと思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい






2013年  11月19日

クリスマスコンサートに向けて
少しずつ生徒さんの頑張り
に出会えるように なって来ました。

プログラムが出来ると確実にスイッチが入るので
早くお渡ししたかったのですが・・・・・。

もう少しで出来ますので楽しみにお待ちくださいね。


今までは、内輪のミニコンサート
幾つかのグループに分けて、レッスン室で行っていて
会場をお借りして皆さんで行うのは初めてです。

生徒さんたちもいまいちイメージが掴めないで
いらっしゃるようです。

服装はどうしたら良いですか
おばあちゃんも呼んで良いですか
お手伝いはどうしましょう

そうですよね~~~

教室便りを今週からお渡ししますね。


そんな中、一生懸命に頑張ってくれている生徒さんを
少しずつご紹介したいと思います。


K君の場合

ソロもパパとの連弾もポップス曲を選んだK君。
教本には出てこない難しいリズムに苦戦していました。
前々回のレッスンではウルウル。
前回のレッスンではちょっとおへそが曲がっちゃったかな

先生はちょっと心配していましたが
昨日のレッスンではバッチリでした。
と同時にK君に笑顔が戻りました。
良く乗り越えたね。

パパはずっと横で伴奏をしながら見守って下さっていました。
K君が上手く入れない時にも合わせて下さっていて感心していました。
なんとK君が正しいリズムで弾けるようになったら
パパが調子狂っちゃって・・・・・・。
爆笑でした。
きっと間違いに合わせるのがお上手になられたのでしょうね。
これからはパパも笑顔のK君と楽しく連弾出来ますね。


Yちゃんの場合

ポップス曲が難しすぎて、ママも先生も曲を変更しようかと
思ったけれど、Yちゃんの強い意思を尊重して
応援してきました。
本当に良く頑張りました。

習っていない音符もリズムも沢山あったのに
先生の力をあまり借りずにママと二人三脚で頑張りました。

レッスンではコンクールの曲もあるのでこの曲ばかりに
時間がかけられなかったのですが、レッスンでやった事を
参考にして、ママとユーチューブを聞きながら
最後まで両手で弾いてきた時には本当に驚きました。
今ではとても楽しそうにこの曲を聞かせてくれます。


Rちゃんの場合

大学が忙しくてなかなか譜読みが捗らないRちゃん。
メールを貰った時、ちょっと不安げな気持ちが表れていました。

お家で弾けなかったらレッスンの時に一緒に頑張ろうね
とお返事していましたが、
先生が腱鞘炎で大変そうと思ってくれたのか

帰りには
先生、私の事は心配しないで下さい。
自分で何とかしますから・・・・。
だってもう大学生ですから。


小1からレッスンに来てくれているRちゃん。
頼もしくなったね。
先生はとても嬉しいよ。
そしてRちゃんの頑張りを信じているからね。


他の生徒さんたちも頑張ってくれています。
そして、ちょっとスイッチが入り損なっている生徒さんも
もう間もなくかなって期待していますよ。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2013年  11月17日

左手小指が腱鞘炎になってしまって
約5日が経ちました。

きちんと治すためにテーピング、湿布をして
安静を心がけ、リハビリに通い
自分でもストレッチやマッサージを
実践する毎日でした。

そして、自分の練習は全てやめていました。

弾きたい気持ちが強い時に弾けないというのは
辛いものですよね。


フェイスブックで呟くと
沢山の先生から温かいメッセージを戴きました。

きちんと治す為にもとにかく安静にして下さい。
弾けない時こそ、楽譜を深く読み込める時です。

なるほど。
その通りですよね。

曲から気持ちが離れないように
CDを聞いたり楽譜を眺めたり・・・・。

また、今出来る事をどんどん進めようと
クリスマスコンサートのプログラム作り、
教室便り作りなどに励んでおりました。


そして、レッスンでも右手に頼り
左手は出来るだけ弾かないようにしていました。

クリスマスコンサートの生徒さんとの連弾が
19曲ほどあり、左手は小指を避けて弾いて
いましたが、連弾のセコンドパートには
小指が必須なのだと再認識しました。

自分が弾けないでレッスンするのは
とても不便だし、生徒さんたちには本当に
申し訳ない気持ちでいっぱいです。


生徒さんたちは湿布をしている私の手を見ると

先生、手どうしたの?

先生、ちょっと練習を頑張り過ぎちゃって
手を傷めちゃったの。
子供達って腱鞘炎と言うことばを知らないんですね。

先生の先生のところにレッスンに伺っているので
頑張らないといけないものね。

気のせいかちょっと感心してくれたような表情


そしてお母様方は口をそろえて

先生もレッスンに行かれるのですか?

と驚かれます。

ハイ、一生勉強ですから・・・・・


今回の事で色々考えました。

自分の身体は自分できちんとケアしないと
いけませんよね。


私の場合、肩から腕にかけても凄く張っていて
かなり激しい筋トレをしたあと位の
状況らしいです。

身体のメンテナンスをもう一回
考え直さないと・・・・と反省する
今回の一件でした。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2013年  11月15日

昨日は憧れの
永井祐子先生とランチをご一緒させて頂きました。

13111501.jpg
今までに先生のお教室の発表会、
先日の先生のコンサートで2回お会いしていますが
いつもゆっくりとお話できずにいました。

いつかゆっくりお会いしたいですね。
とお話していたのがやっと実現しました。


祐子先生推薦の新宿御苑に隣接した
とても雰囲気の良いイタリアン。

新宿御苑前駅で待ち合わせでした。

出口がいくつあるか分らないけれど
携帯があれば何とかなるわよね。

と仰いましたが

私との待ち合わせはそうそう甘いものではありません。
祐子先生は地図が読める女らしいのですが、
相手が悪すぎます。


祐子先生どこにいらっしゃいますか?


近くに何が見えますか?

え~~と・・・・

居た~~。

さすがです。
方向音痴の私を見事に捕獲、いえ発見して下さいました。


本当に不思議なのですが、初めてゆっくりお話しするのに
昔からの友人のような感じで、
プライベイト・仕事・世間話・・・・・・。

機関銃のようにお喋りし続けた私たちでした。


先生はブログやFBでいつも私の事を
見守って下さっているので、どんな話も
だいたい分って下さっていて、今回はちょっと
深いお話も出来て、とても嬉しかったです。


そして同じお歳だったんです。

同じ時代を生き抜いてきた・・・・・。
ちょっとオーバーですね。

ご自分のお考えをきちんと持っていらして突き進む強さと
温かい優しさをお持ちの素敵な先生です。


お喋りに夢中で、あまりお料理を味わえかった感も
ありますが、美味しく戴きました。

13111502.jpg 

13111503.jpg

今ブームの炭酸水もサービスだったかと思います。

まだまだ話し足りなかったですが、2人とも
レッスンに向けてお別れしました。



新宿まで先生にくっついて歩きます。

大丈夫?

ハイ、そのつもりで酸素ボンベも持ってきていますので・・・。


最後の締めくくりは

自分の好きな事をお仕事としてさせて貰える
私たちは幸せですよね。

と言うお言葉でした。

祐子先生、楽しいひと時を
ありがとうございました。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2013年  11月13日

約17年ぶりに音大時代にお世話になっていた
恩師の元にレッスンに伺いました。

卒業してからが本当の勉強だよ。
とのお言葉がいつもいつも心にありましたが
なかなか伺う勇気が無く、月日ばかりが
過ぎて行きました。

勇気とは自分がレッスンを受けさせて戴くに値する練習が
きちんと出来るかと言う部分です。

大学を卒業して、中学の教員をして
荒れ果てた学校で疲れ果てて退職したあと
1年ほど定期的にレッスンに通わせて戴き
門下生の発表会にもOGとして
紛れて出させて戴きました。

その後は自分の仕事が忙しくなったり、結婚、子育てで
すっかりご無沙汰してしまい、単発で何回か
レッスンに伺わせて頂いたかと思います。


そして今、同居していた父が亡くなり一人息子も結婚し
自分の時間がある程度自由に調整できる環境になったので
定期的なレッスンをお願いしました。


1回目のレッスンはかなりの緊張でした。
なんせ、17年ぶりですから・・・・・。

最寄の駅を出て歩き出そうとすると
いきなり壁にぶつかりました。

新宿と反対方向へ行くのですが
なんとその方向が分らず・・・・

駅前でマンションのチラシを配られていたお姉さまに聞くと
私も分からないのですが、あの電車が発車すれば分るかと・・・。

なるほど。

という事で2人で(ご親切な方です。)電車の発車を
見守ること5分ほど。
やっと発車してくれました。

極度の方向音痴の私ならではの華々しいスタートでした。


1回目のレッスン。

先生は17年前とほとんど変わられてない感じで
音楽に対する厳しさも昔と同じでした。

そして、
先生が勉強していないと生徒の音がきちんと聞けないよ。
と言うおことばが心に残りました。
とても丁寧に見てくださり、感激でした。

2回目のレッスン。

自分なりに頑張ったつもりでしたが全く駄目でした。
自分の甘さをひしひしと感じました。
こういう細かく忍耐強い作業こそを練習って呼べるという事を
教えて戴いた感じでした。


そして3回目のレッスンに向けて
今度こそ、丁寧に練習していこう

と思って自分なりに頑張っていた矢先に

左手小指が腱鞘炎になってしまいました。
右手親指は弱くて何回か腱鞘炎になった事がありますが、
今回の場所は初めてだったので、腱鞘炎とは思わず
打撲かなと思っていたのですが、病院へ行くと
明らかに腱鞘炎との事でした。

1週間の安静と、鎮痛剤、
そしてリハビリに通うことになりました。

練習できない事を辛く思う自分が何だか不思議です。
今までずっと努力の足りない人でしたから・・・・。

ほんの少しですが、先生の意図する事が理解できて
今度こそ、先生の目指されているものに少しでも
近ずけたら良いなと思っていた矢先でしたので
ショックでした。


でもここで無理をしたら大変な事になると言う事も
分っています。

きちんと治してまた新たな気持ちで
頑張ろうと思います。

恩師には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが
次回のレッスンを少し延期して戴けるように
お願いしようと思います。

そして、自分の身体のケアは自分自身できちんと
していかないといけないなとも反省しました。

以前に受講した
音楽家の手のマネージメント
のセミナーの内容を思い出しつつ
実践していこうと思います。

生徒の皆様、クリスマスコンサート前の大切な時期なのに
今週はピアノが弾けない先生です。
ごめんね。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2013年  11月11日

とても素直で頑張り屋さんのちゃん。

ちょっと恥ずかしがりやさんでもあります。

私とお話する時も小さい可愛い声で
恥ずかしそうにお話してくれます。

そんなちゃんの気持ちは私にはとても良く分ります。
なぜなら、私も小さい時とても内気で恥ずかしがりやさん
だったからです。
(本当です~~。

亡き母は
私が大きくなって周囲の人達ときちんと
コミュニケーションがとれるのか本気で
心配していたようです。

でも気が付くと、学級委員をやるような
お喋りな子に変身していたようですが・・・・。

でも恥ずかしがり屋さんだった頃の気持ちは
何となく憶えています。


先日のちゃんのレッスンの日の事です。

ちゃんは何となくいつもよりニコニコでレッスンに
やって来ました。

何か嬉しい事があったの
って聞けば良かったのに、クリスマスコンサートの曲の
譜読みが気になり、直ぐにレッスンを始めました。

そういえばバッグから楽譜を出すのにいつもより
時間がかかっていたかな

レッスンを終えてスタンプを押す頃には
次の生徒さんがいらしていました。

楽譜をバッグにしまう時にもいつもより時間が
かかっていて・・・・。

ちらっと見るとバッグの中に可愛い袋が
見えました。

あれっ
って私が言うと

先生、ディズニーランドのお土産

と言って可愛い紙袋を渡してくれました。

わ~~先生にありがとう。
お出掛け先でも私の事を思い出して貰えるなんて感激です。
楽しかった
沢山乗れた

次の生徒さんの時間になっていたので
あまりお話出来ませんでしたが、次の生徒さんのママも
ちょっとお話に加わって下さり、
ちゃんのお顔はニコニコになっていました。


レッスンが終わってから
ちゃんの気持ちにもっと早く気付いてあげられなかった自分を
反省しました。

きっとちゃんは私にお土産を渡した後、ディズニーランドでの
楽しかったお話をしたかったのだと思います。

レッスンに来た時のニコニコ顔
バッグから楽譜を出す時にお土産を意識していた
ちゃんの様子。

気付ける場面はいっぱい有った筈です。

もっと早く気付いてあげられたら、ディズニーランドの
お話をもっとゆっくり聞いてあげられたのにね。

ちゃん、ごめんね。

来週は楽しかったお話をいっぱい聞かせてね。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい






2013年  11月9日

先日、永井祐子先生の素晴らしいコンサート
ご一緒したWさん(大人の生徒さん)のその時の感想が
私の心にとても響きました。

Wさんが小さい頃に教えて戴いていた先生は
1回も生徒さんの前で演奏された事が
無かったそうです。

発表会の連弾も全て生徒さん同士で
先生が生徒さんと弾くと言う事も無かったそうです。

1回だけ、プログラムの最後に先生の演奏が載っていて
とても楽しみにしていたら、当日
練習不足なので弾きませんとの事だったとか・・・・。

祐子先生は、今回のようにコンサートを企画されて
生徒さんたちのお手本となる演奏をされていますし、
ご自身のお教室の発表会でも
最後にソロで暗譜で演奏されていました。

尊敬です。
そしてまさにWさんの理想なのかも知れませんね。

教室の発表会では生徒さんたちに良い演奏をして貰うために
相当量のエネルギーが必要で、その上に自分の演奏をきちんとする
と言うのはとても大変な事だと思います。


私が千葉に居た頃の発表会で、トリを努める高校生の生徒さんが
高熱を出してしまいました。

周囲の人たちはこの状態で演奏するのはとても無理と判断しましたが
本人がどうしても頑張ると言うので、ギリギリまで楽屋で
寝ていて、自分の順番にやっと起きて来て弾きました。
それも暗譜で・・・・・。

何回も止まりそうになりながら、泣きながら必死で
弾いているその生徒さんの姿をみて私ももちろん
ウルウル・・・・。

演奏が終わると私に抱きつき、号泣でした。
本当に良く頑張りました。

ところがその後が私のソロの演奏で
もう動揺しまくりの中でのスタート。
落ち着きを取り戻すまで放心状態でした。

何とか大事故にはならずに終えられましたが
あれ以来、発表会でのソロの演奏は
正直ちょっと怖いんです。

という事で最近は毎回、ゲストの方にいらして戴き、
ピアノ以外の楽器や歌の伴奏、
またはピアノ連弾をさせて頂いています。
生徒さんに楽しんで貰おうというコンセプトの
講師演奏です。


でも先ほどのWさんのお言葉で今回
ある決心をしました。

12月のクリスマスコンサートでは
ソロで演奏させて頂こうと思います。

と言いながら、生徒さんとの連弾がとても多い事に
ちょっと怯えていますが・・・・。

更に、プログラム作りなど諸々の準備も
頑張らねばです。

発表会とはまた違い、内々のイベントなので
少しカジュアルな感じではありますが
公民館ホールなので自分達でやらなくてはいけない事も
多く、それはそれで大変かも知れません。

でもやはり先生も頑張っていると言う事を
お伝えしたいなって思います。


最近、音大時代お世話になった恩師の元に
レッスンに通わせて頂いています。

先生のご熱心なご指導にまだまだ全然
応えられていない状況ですが
何とか頑張ってお勉強を続けさせて頂きたいと
思っています。

ちょっとサロンパスだらけの私ですが
それでも練習したいと思っている自分が
不思議に思えます。


Wさんはお家にグランドピアノを
置かれていて、お忙しい中、時間を作り
練習を頑張られています。

今回のようにコンサートにも
足繁くお出掛けになり、感性を磨かれています。

発表会ではいつもトリを立派に努めて下さる
実力派です。

そんな風に頑張られている生徒さんに
負けないように、私も頑張りたいと思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2013年  11月7日

先日、保科先生からお贈り戴いた

ピアノの先生の
伝え方
トレーニング


を読み終わりました。

13110701.jpg 

13110702.jpg 

とても読みやすく、頷きながら
楽しく読ませて頂きました。

今の時代、どの世界においても
コミュニケーション力が問われていますが
ピアノのレッスンは個人レッスンであることが
多いのでコミュニケーションの良し悪しで
レッスンの雰囲気がガラッと変わるかと
思います。

生徒さん、ご父兄は様々な個性をお持ちですので
多くの事例を挙げてヒントを下さっているこのご本は
とても参考になると思います。


一つの事例に対してそれぞれ3つの対応例が
示されて、最後にその3つの対応についての
解説があります。


事例は

反抗的な態度をとられる
納得しないと先に進めない。
やる気がますます低下したみたい。
忙しくなって疲れをアピール。

子供の言いなり、リモコンママ。
子供をほったらかし。
子供に対して手や口を出す。
などなど。

どの事例もそれに近い経験をしたり
今後そのような悩みが出てきそうな
とても身近なものです。

1冊そのまま読んでみるのもまた
バイブル的にその時遭遇した事例を
読んでみるのも良いと思えました。


私の教室の大きい生徒さんたちは
ちょっとお母様には反抗的でも
教室に来ると色々とお喋りをしてくれます。

やはり人間は基本的に誰かと気持ちを
共有したいと言う要求があるのだと思います。

今日も大学生の男の子が
大学祭の女装コンテストで優勝したとかで
素晴らしい写真を嬉しそうに見せてくれました。

かなりの力作でした。

凄く楽しかったそうです。
そんな話をしながら、その生徒さんがどんな事が
楽しいのかを知る事が出来たりもしますよね。


保科先生は本当にパワフルで
次々にアイディアが沸き起こり
更にそれを実現してしまう凄い人なんです。

そんな先生が情熱をもって書かれたこのご本は
魅力的なものに間違いないと思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



2013年  11月5日

一昨日は、
グレンツェンピアノコンクール本選
公開レッスンに行って来ました。

前日、ふるるん先生からお誘いを戴き
ご一緒出来ることになり、
せっかくなのでランチも
と言う事になり・・・・・・。

2人とも無口なので心配ないとは思いつつ
お喋りに夢中になり遅刻してはいけないので
念のために会場近くのお店に決めました。

13110501.jpg

ゴルゴンゾーラのペンネ、美味しかったです。

13110502.jpg


会場に着くと、いつもスタッフとしてご活躍の
森先生が優しい笑顔で受付して下さいました。

先生には質疑応答の時にも
お世話になり、ありがとうございました。

そしてモデル生をされていた先生の生徒さんの音が
とてもとても綺麗で聞き入ってしまいました。


この日は、私の生徒さんもモデル生をさせて戴いたので
私もちょっと緊張気味。

自分の生徒さんが他の先生からご指導を戴くというのは
やはりドキドキですよね。

モデル生の君は、ちょっと前まで
学校の合奏のピアノパートオーディション、
その後はクリスマスコンサートの曲の譜読みに追われ
コンクールの曲をレッスンでも
あまり見てあげられてなかったので
ちょっと焦りました。

何とかやっと形にした感じでしたので
ご注意を受けた事にその場で対応できるのか
とても心配でした。


レッスン直前に君に会って

大丈夫だよね。

と言うと
お母様が

眠くなっちゃったみたいで・・・・・。

え~~?? しっかり目を開けて頑張ってね。
お返事はハイだよ。

なんて感じで・・・・・。

先生のレッスンはとても楽しく分かりやすく
生徒さん共々大変良い勉強をさせて戴きました。

長い間レッスンしていると、その生徒さんの悪い癖も
受け入れてしまっている場合もあるので
今回ご指摘戴いたことはしっかりと今後のレッスンに
活かしていきたいと思います。


公開レッスンを聴講させて頂き、
とても刺激になり、新しい発見も多々ありました。
と同時に迷いも生じましたが、
本選に向けて、しっかりと自分なりの方向性を決めて
レッスンを進めていきたいと思います。

公開レッスンを終えてほっとした君と私。
 
13110503.jpg




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2013年  11月3日

一昨日は
永井祐子先生からのご招待で

いつかは弾きたい憧れの
ピアノ名曲コンサート
にお邪魔しました。

祐子先生は私の尊敬している先生の中のお一人です。
沢山の生徒さんを抱えながら
ご自分のお勉強をしっかりとされていて
今回のような演奏活動を積極的になさっています。

実はお会いしたのは今回が2回目なのですが
それも1回目もちょこっとなんです。
ブログやFBを通していつも見守って下さっていて
今回もとても温かいお手紙と共にこのコンサートの
ご紹介を戴きました。

13110301.jpg


「ピアノ曲にはこんなに素晴らしい曲があるんだよ」

「いつかこんな曲が弾けるようになったらなあ・・・・」

という希望を持って欲しくて3歳から入場できるコンサートを
もちました。

と言う素敵なメッセージを読み
絶対に行かせて頂きたいと思い、
直ぐにレッスンを調整させて頂きました。
ご協力戴いた生徒の皆様、ありがとうございます。


会場は
府中の森芸術劇場ウィーンホールです。

名前に負けない素敵なホールでした。

生徒さんのWさんもご一緒でした。

せっかくなので夕食をご一緒して・・・・・
写真を撮るのを忘れました。
素敵な時間をご一緒しました。
 
13110302.jpg


コンサートはお二人の楽しいトークを交えた
明るく楽しい雰囲気で進められました。

作曲家や曲のエピソードなど、とても分りやすく
話されていて、小さいお子様でも音楽に対して
興味がわいたのではないでしょうか

お二人の演奏はそれぞれ異なった魅力があって
とても素晴らしかったです。

私は祐子先生のドシュッシーがとても好きです。
本当に情景が目に浮かぶような気がして
どんどん曲に引き込まれていきます。


アンコールの2曲目は
ミカ先生
タンゴ・デ・アラベスク

とても大人のタンゴ・デ・アラベスクでした。
そして最後のグリッサンドが1往復半の豪華版。

終わってから祐子先生に

最後は3倍返しでしたね。
と言ったら爆笑でした。

13110303.jpg

お忙しい中、こうやってご自分のお勉強を続けて
それをきちんと形にされている先生は
本当に尊敬です。

私もお世話になった音大時代の恩師の元に
レッスンに通い始めました。

いつも勉強し続けている先生でありたいと
思っています。

祐子先生の背中を追って私も頑張りま~~す。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2013年 11月1日

昨日は、いつもお付きあいさせて頂いている先生方と
恵比寿ガーデンプレイスの中にある
ジョエルロブション
ランチをしました。

ちょっといえかなり敷居が
高いお店ですが
グルメ専門家のキティ先生が
ご一緒なので心強い私たちです。

淳子先生のバースデーの
サプライズケーキと共に。 

13110101.jpg

こちらが外観です。
まさにお城です。素敵 

13110102.jpg 


室内もバカラのシャンデリアや
スバロフスキーの装飾品など
とても豪華でお洒落な雰囲気です。

そしてお食事は













美味しそうなパン達も
やって来てくれました。 

13110104.jpg 

 

ゆっくりとお喋りを楽しみ
美味しいお料理を戴き
外へ出たら、もう
クリスマスデコレーションの
準備が始まっていました。 

13110105.jpg

忙しい毎日の中でこのように
のんびり過ごす時間は
とても大切ですよね。
リフレッシュしてまた
頑張ります。

キティ先生から大阪のお土産を
戴きました。
この日、お会いするからという事で
私達3人に・・・・・・・

お忙しいのにお疲れなのに
いつも行き届いたお心遣いに感動です。
ありがとうございました。 

13110106.jpg



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。