2012 / 09
≪ 2012 / 08 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2012 / 10 ≫

2012年9月29日

中学生の ちゃんは、いつもニコニコ笑顔でおしゃべり好きな
頑張り屋さんの女の子です。

その ちゃんが先日のレッスンの時、最初から表情が暗く
気になりながらレッスンを始めました。

 ちゃん、どうしたの? 元気ないね。

・・・・・・

あっそうだ。今日は試合だったんだよね。
疲れちゃったの?

声が出ないんです。しゃべれないです。

応援のしすぎ?

どうもあまり良い結果では無さそうです。

このところ、色々な事があったものね。

しんどいです。
時々、関西弁になる ちゃんです。

色々な事、凄く良く頑張っているとおもうよ。
先生、いつも感心してるもん。
でも、その結果がすぐ出る時と、なかなか目に見えない時が
あるんだよね。
でも、いつか必ず頑張って良かったって思うときが来るよ。

 ちゃんの目から涙が溢れてしまいました。

部活はとても頑張っていて、帰宅してからも毎日自主練習
しているとの事で、驚いていました。
今日の試合に向けて頑張っていたのですね。

前回のレッスンでは、私が発表会の曲のみに絞りたくて、
チェルニー40番の曲を、おまけで合格にしようとしたら、
納得できずに

試合が終わったらきちんとやります。

と言ってくれた ちゃん、

何事にも一生懸命頑張れる子なのです。

そして、何とそのチェルニーの曲を仕上げて来ました。
試合が終わってからと言っていましたが、気になったのでしょう。

先生はそんなちゃんの事、とても立派だと思います。

この日も、クタクタで精神的にも辛いのに、真っ暗な中
自転車をこいでちょっと遠くから来てくれます。

先生は、 ちゃんを笑顔にして帰してあげられなかったね。
最後まで辛そうな表情でした。

思うように進まない事に必死で耐えているのです。
毎日、とても忙しくてクタクタなのです。
それでも、 ちゃんは明日また試合に行くのです。

頑張ってね

としか言ってあげられなかった。

以前、あるお母様から

レッスンに行くのはピアノを習うだけではなく、先生と
お会いする事に大きな意味があるみたいです。
先生と一緒に過ごす時間がとても有意義なのです。

と言うメッセージを戴き、とても嬉しかった事があります。

でも、その日はこんなに辛い ちゃんを
笑顔にしてあげられなかった。


まだまだだな。

私自身、もっと色々な勉強をして、どんな事も上手に受け止めて
辛い気持ちでレッスン来た生徒さんを必ず笑顔にして
あげられるような先生で居たいなと思いました。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい






スポンサーサイト

2012年9月27日

昨日は、キティ先生との初デイトで、

フォーシーズンズホテル椿山荘

アフタヌーンティーを楽しんで来ました。

12092701.jpg

キティ先生とはフェイスブックを通してお知り合いになり、
セミナー等で2回程お会いしましたが、ゆっくりお会いしたのは
今回が初めてでした。

キティ先生は、ピアノの先生であるだけではなく、
パン教室もやっていらっしゃいます。

いつも美味しそうなパンの画像をフェイスブックに
アップして下さるのを楽しみにしている私です。

昨日も美味しいパンを戴いちゃいました。

明るく楽しくとてもチャーミングなキティ先生は
かなりパワフルな方で、一日の行動量は相当なもので
いつも感心しています。

目白駅で待ち合わせ、バスで向かったのですが、
いきなりアクシデント発生

とても沢山、人が降りたので
「何かイベントでもあるのかな?」
なんて言いながらどっこいしょと座ったら、そこは
まぎれも無く私達も降りるべきバス停でした。

そうです。おしゃべりに夢中でアナウンスなんて全く耳に
入っていません。

え~~~?どこまで行っちゃうの?
という私達に構わずバスはどんどん進み・・・・。

何とか次のバス停で降りて戻ったわけなのですが、
そこは結構な上り坂。

おしゃべりしながら、ちょっとぜいぜいしながら
たどり着きました。

お庭の緑が見える席に案内して頂き、
魅惑のアフタヌーンティーがスタートです。

感激の3段皿

12092702.jpg 

上段はデザートたち。

12092703.jpg 

中段はスコーンたち。

12092704.jpg 

下段はサンドイッチたち。

12092705.jpg 

今日のメニューです。テーマは秋の収穫祭との事です。

12092706.jpg

お天気がとても良かったので、のんびり椿山荘自慢のお庭を
お散歩しました。

12092707.jpg 


私の結婚式はこちらでしたが、台風到来でお庭に出るどころでは
ありませんでした。
こんなお天気だったらどんなにか良かったでしょう。

台風の中この世に誕生し、台風の中結婚式と言う私の人生とは

都会の中とは思えない緑いっぱいの素敵なお庭に癒されました。
虫達も楽しそうに歌っていましたよ~~。

毎日バタバタと過ぎていきますが、こんな風にゆったり過ごす時間が
もてた事に感謝です。

キティさん、楽しいひとときをありがとうございました。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2012年9月25日

12月の発表会のソロの曲が全員決まり、生徒さんたちは
今はひたすら

譜読み

を頑張っています。

いつも取り組んでいる教材は、全てストップして
(1部の生徒さんは「ハノン」は続けています。)
発表会一色になって来ました。

出来るだけレッスン中に新しい部分をマスターして、
それをお家でしっかり復習してきて貰うと言う進め方です。

発表会の曲は、普段取り組んでいる教材よりレベルが高いし、
使った事のない教本から選んでいるので曲調も掴みにくく
少々大変かな?と思います。

でも、生徒さんたちは候補曲の中から自分で選んだお気に入り
と言う事もあり、いつも以上に良く頑張ってくれています。

子供達ってそもそも未知のものにチャレンジすることが
楽しいのでしょうね。

そんな訳で、レッスンは真剣勝負です。

そして、最近実行しているとても大切な事があります。

それは、レッスンの最後の5分間でその日にやった事をもう一回
復習するということです。

たいてい2~3曲に取り組んでいますので、始めにやった曲は
レッスンの終わりには忘れてしまっている事もあります。

そこで、最後の5分間はお家に帰って先生が居ない事を前提に
もう一回、全ての曲を復習してみます。

その時、問題なく自力で弾ければ1週間、あまり苦労することなく
練習できる筈です。

でも、難航するようならもう一回そこでやっておけば、お家に帰って
一人で悩むこともなくなるかと思います。

そして、心配が残るときの先生の言葉は

お家に帰ったらまっすぐにピアノの前に行ってすぐ弾いてね。
今なら憶えてるよ。
先生が横でギャンギャン言っていた声も
未だ聞こえるかも・・・・です。

せっかく練習する気持ちがあっても、分からなくなってしまっていては
ショックですものね。

このように最後の5分間を、総復習に充てることにしてから
譜読みの定着度が高くなったような気がします。

新しい部分が出来るようになった。

と言う自信を持ってお家に帰ることはとても大切ですよね。

少しずつ曲が完成していくプロセスって楽しいですよね。

頑張ろうね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年9月23日

今月から

ムジカノーヴァ

定期購読する事にしました。

ヤマハ所沢店が閉店してしまい、以前のように発売と共に
目にする事が出来なくなってしまい

困ったな~~~と思っていましたら、
グットダイミングでピティナから特典つきの定期購読申し込みがあり、
迷わず飛びつきました。

これで、最新の情報を毎月居ながらにして戴けるのでワクワクです。

そして、10月号には、早速嬉しいプレゼントが・・・・・

後藤ミカ先生のコンサートサロン

に登場した曲は、

子犬のうんどう会
 (5指ポジションで弾ける名曲連弾)

プリモはポジション移動の無いドからソまでの5つの音で
出来ていて、セコンドがかっこ良く盛り上げます。

まさに私が探していた曲なのです。

ピアノを始めて未だ2~3ヶ月のおチビちゃん生徒さんが2人居て、
発表会での私との連弾曲を探していた矢先でした。

ソロと連弾の2回、ステージに立つのですが、ソロはちょっと
背伸びして 選曲していますので、連弾は負担の無いものを・・・・
と考えていました。

ちょうどミカ先生が、フェイスブックで動画を
アップして下さっていたので、

これだ~~~

と一目惚れしてしましました。

後藤ミカ先生と言えば、

12092301.jpg

で有名ですが、こちらも今回の発表会で使わせて戴きます。

生徒さんたち、お洒落なアレンジに惹き込まれ、頑張って
練習してくれています。

こんな素敵な作品を書いてくださるミカ先生との出会いは、

私がにほんブログ村に参加して少ししてからミカ先生
コメントを戴いた事でした。

それは私にとって初めてのコメントでとてもとても嬉しかったのを
今でも憶えています。

もしかしてあの有名なミカ先生なのですか?・・・・・。
ミーハーな私です。

なんてお返事させて戴いたのを懐かしく思い出します。

その後も、色々とアドバイス戴き、元気を戴いています。

ミカ先生、これからも素敵な曲をいっぱいいっぱい作曲して
下さいね。

そして、今後ともどうぞどうぞ宜しくお願いいたします。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2012年9月21日

今日は、とても勉強熱心で学ばせて戴く事が満載の
素敵な大人の生徒さんのお話です。

これは さんが今レッスンされている

ドビュッシーのアラベスクの楽譜です。

12092101.jpg 

さんは、いつも楽譜にご自分で指使いの番号を書き足したり、
私から言われた事をきちんと書き込んでいらっしゃいます。

それがとても正確にきちんと書かれているので
いつも感心しています。

そして、今回は更に右上のメモが添付されていて、
思わずお写真を撮らせて戴きました。

これは、6小節目から始まる右手の3連符と左手の八分音符の
合わせ方を図解されたようです。

前回のレッスンでの私の説明を元に、ご自分で一生懸命に
考えられたとの事です。

とても分かりやすいですよね~~。

他の生徒さんの説明に使わせて戴きたい位です。

大人の生徒さんって、先ず理論的にきちんと理解したいという
お気持ちを持たれるようですね。

このように努力されて理論的にきちんと納得されたので
今はもう、この大変な両手の合わせ方はバッチリです。

 さんは常にこのように正面から取り組み、確実に疑問点を
解決されています。
ご立派ですよね。 

そして、さんには他にも素晴らしいところが沢山あります。

家事のエキスパートです。
家事全般を完璧にこなしていらっしゃいます。
以前にも、ふすまの紙を布に張り替えたお話を聞き、障子の張替えさえ
ままならない私はとても驚きました。
きっとお家はピカピカ、いつも心のこもったお食事なのでしょうね。

いつもとても謙虚でいらっしゃいます。
時々、1曲弾き終わったときに「先生、良くご辛抱戴きました。」
なんて仰るのですよ。
お上手に弾かれていらっしゃるのに、向上心が
いっぱいなのでしょうね。

世の中の事をとても良くお勉強されています。
今話題のニュースなど、とても深くご存知です。
ご本も良くお読みになられるようでその知識の広さに驚きます。

いつもお洒落で素敵です。
お洋服もいつも素敵で、メイクもきちんとされています。
いつでもお洒落でいるのって結構大変ですよね。

大人の生徒さんのレッスンって本当に私自身も良いお勉強になります。
そして、ピアノ以外の広い意味でも様々な事を学ばせて戴けます。

これからも、素敵な曲を沢山レッスンしていきましょうね。
そして、沢山学ばせてくださいね。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい






2012年9月19日

今日は、○○回目のバースデーでした。

いつも、バースデーの日はどうやって過ごそうかと
色々考えるのですが・・・・・。

今回は1週間ほど前から、胃の調子が悪く何の計画もないまま
この日を迎えてしまいました。

本当は、おひとりさまで気ままに美術館にでも行って、
何処かにフラッと入って美味しいものを食べて帰ってこようかな?
なんて思ったりもしていましたが、数日前に諦めました。

大分よくなったので、バースデーに病院へ行く・・・・
と言う最悪の状態からは免れて、家でのんびりと過ごしました。

そんな訳で、ちょっと残念なバースデーになってしまいましたが、
そんな私をとても幸せにしてくれた事がありました。

それは、離れて暮らしている社会人の一人息子が、平日なのに
休暇を取って夕べから里帰りしてくれている事です。

そして、その息子からのプレゼント

とても可愛いイヤリング
 
12091901.jpg

一人でお店に行って選んでくれたみたいです。

やはり身につけるものって嬉しいですよね。
一生、大切にしたいと思います。

せっかく来てくれたのに、何もしてあげられず、
母としては情けなかったのですが、色々ゆっくりおしゃべり出来て
楽しいひとときでした。

この息子も来年6月には結婚です。

来年はお嫁ちゃまと二人でプレゼントを選んでくれるのかな?

えっ  無い  そんな馬鹿な・・・・・。
今から考えるのはやめておきましょう。

そして、もう一つ嬉しかった事。

それは、フェイスブックのお友達からとても沢山の
お祝いメッセージを戴いた事です。

大人に(おばさんに)なってからこんなに多くの人から

おめでとう

を言って戴ける日が来るなんて思ってもいませんでした。

家でのんびりしながら、皆さんの嬉しいメッセージに
お礼のコメントをするのがとても幸せな時間でした。

本当にありがとうございます。

そして、親友や妹からの嬉しいメッセージも私の心に
花を添えてくれて・・・・・。

そうそう、夫もいましたね。
今のところ、何も大きな動きはありませんが、
我儘な私をいつも見守ってくれていて感謝、感謝です。

人間って皆に助けられて、支えられて生きているのですよね。

今日、また一つ歳を重ねた私ですが、感謝の気持ちを忘れず、
マイペースで元気に頑張っていきたいと思います。

体調不良でちょっと残念なバースデーでしたが、
それ以上に皆さんのお気持ちがとてもとても嬉しかった
素晴らしいお誕生日でした。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2012年9月17日

今どきのパパたちってとても素敵です。

私達の世代って、子育ては母親が中心で父親はど~~んと
構えていると言う雰囲気でしたが・・・・・。

我が家だけかも知れませんが

今どきのパパたちは、しっかり育児にも参加し、更に
ピアノのレッスンにもとても協力的です。

千葉に居た頃のお話ですが、生徒さんの教本があちこち破れていて、
それをセロテープで綺麗に修正してあるのを見て驚いた事があります。

事情を聞くと、お家での練習の時、ママが怒って教本を投げたら
破れてしまい、パパがそれをセロテープで修正してくれたそうです。

何という素晴らしいパパ。

まさに二人三脚の微笑ましい子育てですね。

そして、つい先日の素敵なパパのお話です。

その日 君のレッスンはママが付き添えなくてパパの送迎でした。

 君はパパが見ていると恥ずかしくて出来ないとの事で、
送ってきて下さってご挨拶のみで一旦お帰りになりました。

レッスン終了時刻のかなり前からお迎えにいらしていたみたいで
レッスン室の前で待っていて下さいました。

レッスン室から見えましたので・・・・。

この場所って蚊がとてもいっぱいなのです。

何といってもこんな感じなので・・・・・。

12091701.jpg

こんな対策もしていますが効果は

12091702.jpg

気になりながらも 君はパパに見られると恥ずかしい~~
との事なので、そのままレッスンを続行。

終了して、

ご苦労様です。此処は蚊が多くてすみません。

と言うと、

今来たばかりですから全然大丈夫です。

お~~  なんて爽やかな対応なのでしょうか。

素晴らしいお心遣いだなって感激しました。

こんなパパに支えられながら子育てできるママって
お幸せですよね。

そして、明るく元気なママとこんな優しいパパを持つ
 君は幸せですよね~~。

まだまだ素敵なパパたちは沢山いらっしゃいます。
またの機会にご紹介させて戴きますね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2012年9月15日

とっても小さいピアニストちゃん達を除いて
全ての生徒さんの発表会の選曲が終了し、
練習が スタートしました。

選曲には、かなりの労力と神経をつぎ込んで
候補曲を挙げて、時間をかけて生徒さん自身が
選びましたので、私にも安心感がありました。

ところが

いざ、練習をスタートすると思いがけない所に

落とし穴が・・・・・・・。

12091501.jpg

グローバー作曲の「走れユニコーン」です。

以前にも書かせて頂きましたが、男の子の心をギュっと
掴んだ曲です。

落とし穴と言うのは、2小節目の左手の和音

これが意外と難しそうなのです。

4の指がピーーンと伸びてしまってとても形が
作りにくいようなのです。

恐ろしい事に、この曲には、この和音がFがシャープで
ないものも含め、かなり沢山出てきます。

この和音を克服しない限り、この曲はきちんと弾けませんよね。

今まで取り組んで来た教本ではまだまだ登場しない和音です。

早速、対策を練らなければ・・・・です。

そして、私の反省です。

先ず、この和音のリスクに気付かなかったこと。

更に、大きな失敗は?

不安を顔に表してしまったこと。

上手く出来ない事で本人はとても不安なはずです。
そんな時、先生まで心配そうな顔をしたら、
生徒さんは更に不安になってしまいますよね。

次回は、笑顔で

「大丈夫、絶対に出来るよ。」

と言ってあげられるように対策をたてておきましょう。

要するにこの和音を乗り越えれば良いのですものね。

大丈夫、大丈夫・・・・・・・。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年9月13日

今日はまた、教員時代のお話をさせて戴きます。

ある日の事、中1の女子生徒からお手紙を貰いました。

読んでみるとそれはお手紙ではなく、

私への挑戦状

もう、30年以上前のことなので、細かい言い回しは定かでは
ありませんが、

私は、K先生が好きです。
横山先生(私の旧姓です)には絶対負けません。
ピアノや歌では負けても、ホルンでは負けない自信があります。

お~~~~
この女子生徒はK先生に恋していたのですね。

そして、私の事をライバルだと勘違いして、このような
挑戦状を渡してきたようです。

これって完璧に私を先生とは見てくれていないのですよね~~。
完璧に同じ立場に置かれています。

さあ、どうしましょう。

K先生というのは、私と同期の新人教師です。
確かに今で言う、イケメンだったと思います。
数学の先生で、バスケ部の顧問で、さわやか青年でした。

もちろん、K先生と私は何でも無いのですが、
(と言うかあの当時私は毎日を無事に生き抜く事に精一杯)
同期ということで、良く話していたり、新任研修の時には
一緒に車に乗せて行って貰ったりはしていましたが・・・・。

K先生に相談すると、笑いながら

「ほっとけば~~??」

なんて至ってお気楽の対応です。

悩んだ結果、一応その女子生徒に話をしましたが
納得せず、今後も私をライバルとして見る・・・・
なんて言われ、授業中は凝視されちょっと辛い日々でした。

月日が流れて、その女子生徒は先輩に恋したみたいで、
この件は一件落着。

それにしても、この一件からも分かりますが、
教員と言うのは、毅然としていて、、生徒との距離をきちんと
保てないといけないのですよね。

私は未だ未だ修行不足の新米教師でした。

私とは違い、K先生は教員の資質があるなって感じました。
きっと、今でも何処かで生徒達に慕われる素敵な先生として
頑張っていらっしゃる事と思います。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2012年9月11日

藤 拓弘先生との出会いは先生が書かれたこの2冊の本が
きっかけです。

12091101.jpg

確か昨年の夏休み、ヨーロッパ旅行へ行く前に2冊まとめて
購入して、旅行中に読もうと持っていったように記憶しています。

その後、メルマガを読ませて戴いたり、先生のセミナーに参加させて
戴いたり、大変お世話になっています。

最近、続けて出された2冊のご本ももちろん読ませて戴きました。

今まで、指導法、コーチング、演奏法などにつきましては
書籍を読んだり、セミナーを受ける事が度々ありましたが、
教室経営について触れるものはおそらく無かったのでは
ないでしょうか?

多くの先生が藤先生から刺激を受け、教室経営を見直されている事と
思います。

私もその中の一人です。

教室経営をもっときちんと考えなくてはと思うようになりました。

ホームページ&ブログを開設した事により、たくさんの先生と
お知り合いになれて、多くの事を学ばせて頂いています。

そして、先生方が繋がる事の素晴らしさも毎日のように
実感しています。

今回は、藤先生が実施されているアンケートのご紹介
をさせて頂きます。

私も、遅ればせながら先日、回答させて頂きましたが、
とても答えやすいアンケートでした。

アンケートによっては、とても時間がかかったり、とても考え込んだり
なかなか大変なものもありますが、こちらは本当に答えやすいです。

自分の事を自分で観察するのって難しいかと思いますが、
このアンケートに答えている間に自分の悩み、課題などが
見えてきます。

そして、この質問には他の先生方はどのようにお答えに
なるのかな?と興味が沸いてきます。

このことにつきましては、藤先生のメルマガでアンケートの
集計を示して下さるそうなので、楽しみですね。

悩んでいるのは自分だけでは無い。
他の先生はこんな風に工夫されている。

そんなことが共有できるアンケートではないでしょうか?

以下は、藤先生から戴いたご紹介文です。

奥村先生のブログをお読みのピアノの先生方へ

私は毎年、全国のピアノの先生を対象にしたアンケートを
実施しております。

この度、奥村先生のご厚意によりまして、こちらにて
ご紹介させていただくことになりました。


このアンケートは、ピアノの先生からのご回答をもとに、
より良い教室運営を目指すこと、そしてピアノ教育業界の
活性化のために役立てさせていただくものです。

貴重なお時間をいただくことになり恐縮ではございますが、
ご協力いただけましたら幸いです。

ありがとうございます。
リーラムジカ ピアノ教室コンサルティング代表 藤 拓弘


■「ピアノ教室運営と生徒募集に関するアンケート2012」
(作成:リーラムジカ ピアノ教室コンサルティング)

●アンケートはこちら↓
http://smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=66239
(↑クリックするとアンケート画面がでます)

●実施期間:2012年9月5日~9月26日

※「必須」のところにチェックだけでも結構です



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2012年9月9日

お教室のホームページ&ブログを開設して
約半年が経ちました。

私の拙いブログを読んで戴き、ありがとうございます。
本当に嬉しく思います。
また、温かいコメントも戴き、とても励みになっています。

これからもマイペースで頑張っていきますので、
お付き合い戴けたら嬉しいです。

先日、初めてホームページからのお問い合わせを頂きました。
ホームページを開設してからもありがたい事に新しく入会される方は
ほとんどが、現生徒さんからのご紹介でした。

ご紹介戴けるって本当に嬉しい事です。
感謝、感謝です。

そしてまた、初めてのネットからのお問い合わせも
ちょっとワクワクしますよね。

お問い合わせ下さったのは、保育士試験の実技試験
一ヵ月後に控えた女性でした。

何回かメールでやり取りをしましたが、毎回の対応が
とてもきちんとされていて、とても好感が持てました。

私は短大の保育科で学ぶ学生さんのピアノ、または
保育科の試験を受ける高校生のピアノのレッスンは
過去に何人か経験していた事がありましたが、

保育士試験の実技試験のフォローは経験がありません。

お受けして責任が持てるだろうか

ちょっと迷いましたが、これも何かのご縁、先ずは
体験レッスンでお会いしてみようと思い、その日程を
決めました。

体験レッスンにいらしたのは、笑顔が素敵な穏やかで
清楚な感じの若い女性でした。

お仕事をされながら予備校に通い、筆記試験を突破されて
音楽と絵画の実技試験を一ヵ月後に受験するとの事でした。

お仕事をしながらご自分の目指す道に向かって頑張っている

素晴らしいなと思い、及ばずながらも応援したいなと思いました。

彼女も「よろしくお願いします。」との事でした。

さあ、そうなると早速レッスンスタートです。

課題は弾き歌い
今年の課題曲は、おおきなたいこおんまはみんな
です。

予備校の先生がアレンジして下さった楽譜を
お持ちになられていたので、その楽譜でレッスンをスタートしました。

弾き歌いなので、先ずは伴奏を完璧にしないといけません。

そして楽しく歌う・・・・・。

私がちょっと調べたところに因ると、NHKの「お母さんといっしょ」の
歌のおねえさんのイメージとの事です。

そういえば、音大時代に大学に歌のお姉さんの募集が来ていて、
ゼミの先生に応募してみれば?なんて言われた時代もありました。

私も一緒に勉強して素敵な夢が叶うように応援していきたいと
思います。

素敵な生徒さんとの出会いを運んで来てくれた、
ホームページに感謝です。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年9月7日

RINRIN先生から初めての嬉しいコメントを戴いたのは
約3週間前でした。

その後、私もRINRIN先生の素敵なブログに
お邪魔するようになり、同じ世代(キラキラ20代??)
と言う事もわかり、何となく私と同じような雰囲気の方かな?
と感じるようになっていました。

そして

お会いしてゆっくりお話してみたいな~~

と思っていた矢先に、先生から

お会いしませんか?

と言う嬉しいメールを戴き、

わ~~以心伝心だ~~

そして、昨日初めてお会いして楽しいランチタイム
過ごさせて戴きました。

駅での待ち合わせでしたので到着してキョロキョロする間もなく

知子先生~~~

と近ずいていらした優しい笑顔の方がRINRIN先生でした。

ネット上で頻繁におしゃべりしていたので、初めてお会いした感じは
全く無く、昔からのお知り合いのような感じで、いきなり
機関銃のようにおしゃべりしながら行ったお店は

RINRIN先生が予約して下さった

ジャルダン・ド・ルセーヌ

原宿のブラームスのこみちにあるとてもお洒落なレストラン

12090701.jpg 

12090702.jpg

調度品もどれもステキでこんなレトロなメトロノームも

01090703.jpg
お食事は色々説明してくださったのですが、
楽しいおしゃべりしか憶えていませんで・・・・・。

でも写真アップしますね。

前菜です。可愛かったです。

12090704.jpg 

メインです。サンマであることは間違いないです。

12090705.jpg 

デザートです。ヨーグルトムースになんたらかんたらのソース

12090706.jpg

そうそう、ピアノの生演奏もして下さっていたのですが
ほとんど耳に入らず・・・・・・・・すみません。

レッスンの悩み、プライベートなお話、ご家族のお話などなど。
まだまだ話し足りず・・・・・。

またお会いしましょうとお約束してお別れしました。

その日の夜、レッスンが9時まででしたが、なんと9時ちょうどに
RINRIN先生から戴いたメールは

お仕事お疲れさま・・・・・・・

と言うタイトルでした。

本当に優しいお心遣いをされる素敵な先生です。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2012年9月5日

教員時代のお話は少し休憩させて戴き、またの機会に
お付き合い戴けたら嬉しいです。

何とか8月中にほぼ全員のソロの曲が決まりました。

あとは、小さな小さなピアニストちゃんたちですが、
もう少し発表会が近ずいたら、ママと二人三脚で
選んで戴こうと思っています。

と言うわけで、皆さん自分で選んだ発表会の曲の練習に
入りましたが、出足は好調です。

皆さん、ほぼ確実に課題をこなして来てくれています。

私がとっても若い頃は(そんな時もあったのです。)

発表会如きで普段の教材をストップするなんてとんでもない
な~~んて考えていましたが、今では

完全にストップしています。

発表会までの3ヶ月は、発表会の曲だけに
集中して欲しいと思います。

レッスン時間の全てを発表会の曲だけに充てられるのは
私にとっても、凄く安心です。
時間をかけて丁寧にレッスン出来ますものね。

そして、お家での練習も全ての練習時間を発表会の曲に
つぎ込んで欲しいと思います。
今の子供さんたちは忙しいですからね。

何といっても、1に練習、2に練習・・・・・ですからね。

発表会はクリスマスの時期なので、アンサンブルには
クリスマスの曲も何曲か入れています。
まだ残暑厳しい9月ですが、堂々とクリスマスを奏でて下さいね。
ちょっとご近所の反応が気になりますが・・・・・。

教材をストップすると、合格する曲が無いのでスタンプが貰えない
なんて心配はありませんよ。

練習しただけスタンプが貰える
れんしゅうがんばりカード

12061302.jpg 

中高生向きスタンプカード 

12090501.jpg 

曲の進み具合でスタンプが貰える
ステキな発表会へのパスポート

12060702.jpg

用意してますからね。

先日、ご褒美グッズを買いに浅草橋のシモジマへ行きました。
子供向けの文房具が少なくなってしまい、がっかりでしたが、
先生はめげません。

どこかで調達してきますからね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年9月3日

前回に引き続き、中学校の教員時代のお話です。

たった1年間の教員生活でしたが、お話したい事がとても
沢山ありますので、少しずつお話させて戴きますね。

校内合唱コンクール

音楽科の教員において一番大変な行事です。
そして、私にとって最も思い出深い行事です。

今も、私のお教室の生徒さんが通う学校のほとんどでは
合唱コンクールが行われていて、伴奏を引き受ける生徒さんが
多いので、いつも懐かしく思いながら話を聞かせて貰っています。

私が勤めていた中学校でも毎年秋に行われていました。

1年生10クラス、2年生1クラス、計11クラス
をまとめなければなりません。

選曲、指揮者の指導、伴奏者の指導、合唱の指導が中心ですが
クラスの揉め事の仲裁にも参上しないと・・・・・でした。

また、今は伴奏をピアノの先生がきちんと見てくださる事が多い
様ですが、あの当時は私が放課後、伴奏者の指導もしていました。

クラス担任の先生方は、この行事をきっかけにクラスを
落ち着かせようととても熱心にご協力下さいました。

とても嬉しいのですが、授業以外でも、
ちょっと見に来て~~」とか、
伴奏の録音お願いします。」とか・・・・・・。
普段にも増して忙しい毎日でした。

そして、当日がやって来ました。
学校の体育館で開催していたので、学年ごとに行われました。

1年生の合唱コンクールが始まりました。

会場は、とてもとてもざわついていました。
ステージでは一生懸命歌っているのに・・・・・。

人格者の学年主任、生活指導の怖い先生がマイクを持って注意しても
一向に静かになりませんでした。

その時私は、教員でも何でもない立場で人間として本当に悲しくなり、
気がついたらマイクを持ってステージで演説???していました。

今までどんな大変な思いをして、練習してきたのですか?
一生懸命に歌っているのをどうしてきちんと聞いて
あげられないの?
ステージで頑張って歌っている人たちの気持ちを考えなさい。

そんなような事をとても強い口調で話したように思います。

驚く事に騒然としていた会場はし~~んと静まりました。
普段と全く違う私の行動に驚いたのだと思います。

そして、もしかして少しは一緒に頑張ってきた事を
思い出してくれたのかも知れません。

生徒達だけではなく、先生方もとても驚かれたようです。

その頃は既に退職する事をお話していたかと思いますが、

これでいいのよ。
こうやって気持ちをぶつければ伝わるじゃない?
きっと良い先生になれるよ。

そのお言葉はとても嬉しかったですが、毎日毎日こんなに
体を張って頑張るのは私には無理・・・・・・。

でも、このことがあって、この後の私に大きな変化が
あったことは間違いなかったです。

ほんのちょっとだけ自信がもてて、ほんのちょっとだけ
自分が好きになれた大切な出来事でした。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2012年9月1日

あなたはそうやって辞めれば良いかも知れないけれど
いじめられている生徒さん達はそうはいかないのよ。

私が、中学の教員を辞める決心をした時に、
亡き母から言われた言葉です。

全くその通りで、何も言い返せませんでした。

でも、その当時の私には生徒さんたちを助ける力など全く
ありませんでした。

自分が壊れてしまう・・・・・。
だから逃げ出したい。ただそれだけでした。

夏休み明けは特に、学校に着いてもなかなか車から
降りられず、ぐずぐずしている自分が情けなかったです。

授業開始のチャイムが鳴っても、音楽準備室からなかなか
出て行けず・・・・・。

夏休みは、顧問をしていたコーラス部と吹奏楽部の練習で
ほぼ毎日学校に行っていましたが、
部活動の生徒さんたちとの 時間は楽しくもありました。

でも、40日ぶりの授業は本当に怖かったのです。

私が新卒で赴任した中学校はマンモス校で、1クラス50名近く、
1学年10クラスあり、私は1年生10クラス全てと、2年生の
1クラス、計11クラスの音楽の授業を担当していました。

大学卒業後は、ヤマハの幼児科でお仕事をしようと思っていた
私でしたが、教育実習に行った母校の高校でとても楽しい2週間を
過ごさせて戴いてから、

教員になりたい
と思うようになり、その夢が叶い、この学校に赴任したのでした。

その頃、どこの中学校も問題を抱えていて、私の勤めていた中学校も
例外ではありませんでした。

周囲の先生に助けられて、何とか1年間は勤めたものの
心身疲れ果て・・・・・。

辞める決心をしたのですが、この亡き母の言葉は
そんな私の心に深く突き刺さりました。

今まで、この辛い1年間の事はあまり思い出したくないと
自分の中で封印していましたが、ブログを始めたのをきっかけに
少しずつ自分の心の中を整理したいなと思うようになりました。

1年間は私にとって、とても長い時間でした。
とてもとても沢山の事を学び、自分を鍛えた時でした。

これから、少しずつお話していきたいと思いますので、
お付き合い戴ければ嬉しいです。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい






おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。