2012 / 05
≪ 2012 / 04 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2012 / 06 ≫

2012年5月30日

私が転居するため、お教室を閉じて生徒さんたちと
お別れしたときの

忘れられない思い出です。

大学生のしっかり者の ちゃんが最後のレッスンに
来てくれた時の最初の言葉は、

先生、今日はレッスンしなくて良いから
一緒に来てほしい所があるんです。


え~~

なになに

私は訳が分からず、 ちゃんに促されて家を出ると
家の前で、他の生徒さんのお母様が車で待っていて
下さいました。

あの~~~

先生、どうぞ。

あっハイ。

そして到着したのはグランドピアノがある広いお部屋でした。

そこにはほぼ全ての生徒さんとお母様方の姿が
ありました。

私に内緒で、

お別れコンサート

開いてくれたのでした。

生徒さんたちは、この日のために自分で選んだ曲を
演奏してくれて、お母様方は、軽食と飲み物も
用意して下さっていました。

もちろん

号泣です。

本当に思いがけない事でした。
いつもおしゃべりな生徒さんたちが、
お母様に硬く口止めされていたらしく、誰一人私に
話さなかったのですから・・・・。

また、お母様方もどのように計画されたのか・・・・。

今でこそ、発表会のリハーサル、茶話会、面談、ミニコンサート、
グループレッスンなどで、お母様方の横の繋がりは
作りやすいかと思いますが、あの頃は、レッスン室も狭く、
イベントなどは出来ませんでしたので、お知り合いでない
お母様方もいらっしゃった事と思います。

私に内緒なのですから、ご苦労されて連絡を取り合われたのだと
思います。

感謝、感謝です。

お母様方もすっかり打ち解けて、とても良い雰囲気で
生徒さんたちも、大きい生徒さんが小さい生徒さんの面倒を見て、
連弾もしていて・・・・・。

このメンバーでいつまでもいつまでも
お教室をやりたい

私のせいで、この生徒さんたちはバラバラになってしまうんだ。

そんな気持ちが私の目から涙を溢れさせていました。

転居が多く、何回も出会いとお別れを繰り返している私ですが、
この
お別れコンサート

私にとって絶対忘れられない大切な大切な思い出です。

この時のお写真を生徒さんのお父様(カメラマンです)が
アルバムにしてプレゼントして下さいました。
その中から何枚かをご紹介させて頂きます。

とても素敵なお写真なのですが、今回は、写真の写真なので
あまり鮮明ではなく、お父様には申し訳なく思います。
どうぞお許し下さい。

会場に到着して驚き、号泣。

12052901.jpg


涙で歩けなくて、 ちゃんに助けられて・・・

12052902.jpg


軽食、飲み物も用意して下さり・・・・
 
12052903.jpg 

12052904.jpg

替え歌を作って皆で歌ってくれました。

12052905.jpg 

12052906.jpg

先生、連弾しよう!
ピアノが大好きだった ちゃんは、音大に進みました。
 
12052907.jpg

最後まで遠くから通ってくれた仲良し姉妹。
この日も皆をしっかりとまとめてくれていました。
 
12052908.jpg 

そして集合写真

12052909.jpg 

いつまでもいつまでも大切にしまっておきたい
思い出です。



おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


スポンサーサイト

2012年5月28日

付けようかな?
要らないかな?

ってず~~っと迷っていた

お教室の看板

やっぱり付けました。
 
12052801.jpg

今の家に転居してきた時に最初の少しの間だけ
これとは違う看板を付けていましたが、
生徒さんからご紹介頂けるようになってからは
はずしたままでした。

その時の看板を探したのですが見つからず、
この機会にリニューアルしてみました。
看板自体はモノトーンっぽく落ち着いているので
お花で囲んでみたのですが、ちょっと未だ両側が
寂しいかな?
早く咲いて・・・と肥料をいっぱいあげているのですが。

この子達が咲き誇ってくれたらもう少し
華やかになるかなって楽しみにしています。

今まで自分の中でレッスン出来る人数を決めていて、
それ以上になるとお断りしていました。
ありがたい事に退会される生徒さんがあまりいらっしゃらないので
待って頂くのは申し訳ないと思い・・・・・。

ご父兄様はいつもご紹介くださる時、
“多分いっぱいで無理だと思いますが・・・”
と言われて声をかけて下さいます。

ご紹介のみでここまでやってこれた事に
感謝、感謝です。

でもネットを通して色々な先生とお知り合いにさせて頂き、
私ももう少し範囲を広げてみようかな?と考えるように
なりました。

新年度のレッスンスケジュールも、上手く組めず
2人、3人、3人とバラバラでまとまっていない日もあるので
新しい生徒さんもある程度、ご希望の時間で
受け入れられるかなと思います。

そして、大人の生徒さんは午前中も可能なので・・・・・。

やはり看板を出す以上は受け入れ態勢が出来ていないと
駄目ですものね。

やはり看板を出すと気持ちが引き締まりますね。

そして、変な格好でゴミ捨てに行きにくくなってしまいました。

やはりイメージが大切なのでゴミ捨てもドレスでしょうね。

大変だ~~。


おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年5月26日

ず~~っと気になっていたのですが、やっと

スマホデビューしました。

周囲の皆さんのお話では、最初は大変・・・
との事なので、機械音痴の私には
ハードルが高く・・・・・。

切り替えて使いこなせなくて

音信不通

な~~んて事になったら大変なので、
万全を期して、購入後、即パソコン教室に駆け込もうと
思っていて、決行日は28日にしようと思っていたのですが、
下見がてらショップに行ったところ、本日決行と言うことに
なりました。

週末のみの超お得なキャンペーン
に惹かれて・・・・。

更にキャンペーン後だと在庫もなくなるかも?
なんて言われて。
有りがちなご発言

購入してすぐ使えるようにならないと困るので・・・
と渋る私に、スタッフのお兄さんは、設定も全てしますし、
操作方法も1時間ぐらいかけてお教えしますよ。

今日からすぐ使えます。
なんて魅力的なお言葉なんでしょう。

な~~んて仰います。

それなら何も問題ないじゃないですか?

そんな感じでスマホが私の元にやって来ました。

一番心配だったのは、昨日から始めた

発表会会場申請のための会場待機

スマホに切り替える前に、明日の担当のお母様に
念のために連絡は自宅の電話にお願いします
とお伝えしておきました。

皆様、しばらく何かと不手際があるかも知れませんが
どうぞお許しくださいませ。

取りあえず、今晩里帰りする息子を質問攻めにしてしまう事は
間違いなさそうです。
飲み会みたいなのでどんな感じで帰宅するかはわかりませんが・・・。

体調がしばらく悪く、何だかぐうたら人間になってしまっていて
復活できるのかな?って心配もしていましたが、新しいことに
向かっていけた自分をちょっとだけ褒めてあげようかな?
とこっそり思いました。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2012年5月24日

にほんブログ村にいらっしゃる先生方は、本当に
お勉強熱心で、生徒さんとのコミュニケーションも
お上手にされていると思います。

体調が悪い時にお世話になるお医者様にも是非
そうあってほしいと願います。

私は少し前に、とても素晴らしい眼科のお医者様
出会いました。
私が長年苦しんでいたドライアイを治して下さった
先生です。

この先生についてはまた別の機会にたっぷりと
書かせて頂きますね。

そんな訳で、今の私は眼科以外でも
信頼できる先生に
出会いたいと強く思っています。

先日、初めてのクリニックに行きました。

診察室に入るとすぐにそのお医者様は

宜しくお願いします。

と仰いました。
私がその言葉を発する前に・・・・。

その時、指揮者がステージに上がって演奏前に
オーケストラのメンバーにお辞儀をする場面を
思い出しました。

あの姿っていつもとても良い印象を受けます。
これから、一緒に音楽を創りましょう。
と言う心の中の声が聞こえてきそうで・・・・。

短い時間の中で、その後もその
お医者様の誠意
何回も感じました。

私の症状はとても難解なのかも知れません。
そう簡単に原因が究明出来そうにないかな?と
最近、自分でも思うようになりました。

なので、その日もそれほどの期待はしていませんでした。

そんな中、最後に先生が仰ったことがとても印象的でした。

今日の段階で、はっきりと病名や、原因を言ってあげられなくて
ごめんね。
僕も頭の中を整理しておくので・・・。

このお言葉には、とても
大きな誠意を感じました。

質問された事に答えられなくてイラっとしてしまったり、
適当な答えを出してしまわれるお医者様も世の中には
いらっしゃるかと思います。
私達患者は、おそらくそれを見抜くのは難しいかと
思います。
だからこそ、真実をきちんと知りたいのですよね。

しばらくこの先生を信じて通ってみようと思っています。

ちょっとお話が暗くなってしまいましたね。

お詫びにこの日に起きた、笑える、ちょっと恥ずかしいお話を
させて頂きますね。

左手の手の痺れが続いているとお話しすると、
握力を調べようとされたのか、(先生の)手を握ってみてと
言われました。

頑張って握ると(両手で先生の両手を)

いいよ、いいよ・・・・・

これはもう離していいよという意味だったのですが、
私は、
いいよ、いいよその調子・・・・
かと勘違いし、更に全力で握りました。

先生は

いいよって言ったら離してくれないと・・・・・
痛いよ・・・・。

としばらく、お辛そうでした。
看護士さんたちは笑いをこらえていて・・・・。
あ~~恥ずかしい。

凄い握力だよね。特に左手が・・・・。

そうです。私の握力はなかなか凄いです。
ジムで測った時も40は楽に越えていました。

特に有名な伝説が2つあります。

車のサイドブレーキを引き抜いてしまったこと。
  根元がグラグラになっていました。

教員を辞めてヤマハ音楽教室の講師になった時、
  営業の男の人も開けられなかった開かずの窓を
  普通に開けて有名になってしまったこと。

あの頃はきっともっと凄かったかも知れませんね。

この1件で、左手の痺れについてはあまり本気に
してもらえなくなってしまったかも・・・・です。

次回、このクリニックに行くのはちょっと恥ずかしいですが
お医者様の誠意に引かれて根気良く通院したいと
思います。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2012年5月22日

小学校2年生の ちゃんは、
いつも明るく元気な女の子です。

ピアノもとても良く頑張っていて、

ぴあのどりーむシリーズもかなり速いペースで
終わり、今は

バーナムテクニック 1巻
チェルニー練習曲  上巻
ブルグミュラー25の練習曲
その他の曲集

をレッスンしています。

いつの間にか挿絵のある可愛い教材とは
バイバイして、とても細かい楽譜になっています。

楽しさいっぱいのレッスンからちょっと
苦労してるかな?と感じて心配したりも
する今日この頃でした。

そんな時、お母様からの連絡ノートの一部に

苦手な曲も練習してくれると良いのですが・・・
と言うメッセージが書かれていました。

ここからは、昨日の ちゃんのレッスンの様子です。

3冊の中で ちゃんが一番好きなのは?
次に好きなのは?
一番苦手なのは?

この時、 ちゃんは
一番苦手って訳じゃないよ。
少し苦手なだけ・・・
と言ってくれ、なんて良い子?って 感激でした。

そして3冊を好きな順に並べました。

じゃあ、今日は苦手な順にレッスンしようよ。

えーー

だって苦手なのを先に終わらせたほうが良いんじゃない?
好きなのは後からでもきっと頑張れるから


とは言っても昨日は運動会の練習と、金環日食観測で早く
登校したので始めから眠そうでしたが・・・・

チェルニーは片手ずつの宿題でしたが、
 ちゃんにしては  と思い、

あんまり練習してないよね。

お母様は深く頷かれ苦笑い ・・・・・。

何でわかるの?

先生ね、いつも  ちゃんのお家の天井に張り付いて
 ちゃんの事見てるんだもん。

えっどこに?

ピアノのある部屋の天井

時々落っこちたりして大変なんだから・・・。

 ちゃんがチェルニーをやらずにトルコ行進曲
いっちゃったから悲しかったよ。

今日は、先生と一緒に少しずつ頑張ろうよ

うん。

理解力も抜群の ちゃんですから、少し一緒にやったら
かなりすらすら弾けました。

今度は頑張れそう?

頑張る。

自分が天井に張り付いている姿を想像して
恥ずかしくなったのと、ちょっと罪悪感を感じて

先生は ちゃんが小さいときからずっと
レッスンしてるんだから ちゃんがきちんと練習したら
上手になることはちゃんとわかってるよ。

とフォローしましたが、

最後に ちゃんが言ったのは

先生、他の子のお家にもそうやって行くの?

またまた悪乗りしてしまい、

そう、先生あちこち行くから忙しくて大変なの。
と言ってしまいました。

まだまだ、素直で可愛い ちゃんでした。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2012年5月20日

発表会会場の申請のための

待機開始

のタイミングが気になって来ました。

今日、ホールに問い合わせてみたら
第1希望から第3希望まで、他の団体と
競合しているため、
会場待機は必須のようです。

あとは、

いつ、スタートするか?

が悩みどころです。

そんな中、

とても嬉しいことがありました。

それは、先日、生徒さんのご父兄様宛てに
お渡ししていた、

待機ご協力のお願い

の調査用紙の集計結果です。

発表会に参加される予定の生徒さんほぼ
全員が期間内にきちんと提出され、更に
ほぼ全員がご協力頂けるとのお返事でした。

なぜ、そんなに嬉しいかと言いますと、
前回も待機をしたのですが、
このときは、9名のご父兄様のみから
お申し出があり、結果的にごく1部のご父兄の
ご協力のみで事が終わってしまい、私自身

これで良いのかな?
待機について悩んでいました。
とても無理してご協力戴いたご父兄様もあれば
時間はあったけれど・・・・というご父兄様も。

お教室として、どのような形で取り組むのが
公平で、また納得して頂けるのか?

前回と今回の違いはほんの少しの事です。

前回は、お教室便りで呼びかけ、

ご協力頂ける方はご連絡ください。

というものでした。

そして、今回は、やはりお教室便りで呼びかけ、

待機可能な日程に丸をつけて頂く用紙を
提出して頂きました。


お願いの仕方が少し違うだけで、結果は180度
異なるものになりました。

中には

一日でも大丈夫です。 

○が入園し、待機のお手伝いが出来る様になったのに
  2日しか都合が合わずすみません。

29・30・31日、人が居なければ午後なら仕事を
  早退してこれます。 

今まで協力できなかったのでお願いします。

と言うメッセージも添えられていました。

自分からわざわざ文章を作って連絡をするというのは
億劫になりがちかも知れません。
でも、○を付けて提出する方法なら、気軽に
お返事頂けるのかも知れません。

今回、このような形をとった事で、前回の分まで

ご父兄様のお気持ちが理解できました。

本当に良かったと思います。

そして、今回学んだ事は、

多くの方に何かを
お願いするときは、少しでもお返事しやすい
方法を考えなくてはいけないと言うことでした。

今回の待機は

お教室皆で頑張る

と言う雰囲気を作ることが出来ました。

素敵な発表会めざして頑張りま~~す。

これだけ多くの温かい応援があるのですから・・・・。

私事ですが。先日、脳と頚椎の検査結果が出て、
異常なしでした。

良かったで~~す。

それと、多分私がそうだったのですが、
今の季節、

温度差アレルギー

なるものがあるらしいです。
一日の温度差に体がついていけず、咳が続いたり
するのです。
これは、一般の咳止めでは治らないようです。
もし、同じ症状の方がいらしたら、お気をつけて
下さいね。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい






2012年5月18日

今日は、

青島広志先生のセミナー

弾いた気にさせるピアノ指導法

に行く筈でしたが
体調不良で断念しました。

魅力的なタイトルで楽しみにしていたのに
残念です。

きっと大笑いの楽しいセミナーだった事と
思います。

青島先生というとちょっとした思い出が
あります。

もう15年ほど前ですが、先生に
お茶とお菓子をお出ししました。

それは、浦安で行われた市民合唱祭でした。

青島先生は、其の日の講評をされるためいらしていて
私は、その頃、母校のOBで作っていた合唱団に
入っていて、その合唱団の練習会場が浦安だったため
市民合唱祭に参加したのでした。

私たちの合唱団から先生への接待係を出すことになり
若手??という事で、本当にお若い方と、比較的若い?
私がその楽しいお役目をさせて頂く事になりました。

どんなお話をしたかは、細かく憶えていませんが
何しろ、早口で面白かったことは良く憶えています。

あのように本番でもなく、休憩中なのに
私たちを楽しませて下さるお気持ちに
感動し、
とても大きな人間性を感じました。

ちなみに先生の私達合唱団の講評は

昭和の良き時代を思い出させてくれるような
雰囲気で、とても近寄りがたい感じを
受けました。
少数精鋭で素晴らしかったです。

と言った感じのものでした。

確かにメンバーが少なく、練習に行くと
メゾソプラノが二人?なんて事がよく
ありました。
ちょっと怖いですよね。

皆様、季節の変わり目なのでどうか
体調にはお気をつけくださいね。

にほんブログ村の先生方は皆さんお忙しく
とても頑張り屋さんかと思いますので、
どうぞご無理なさりませんように。

私も復活めざして頑張りま~~す。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



2012年5月16日

5月7日に荒井千裕さん(さん付けで呼ばせて戴いちゃいました。)
アップされた記事

ペダルの踏み方ってどうするの?を解消しよう!

のおかげで、以前に購入していた2冊の本
久しぶりに私の前に姿を現してくれました。

2冊の本をご紹介されていたのですが、
何だか持っているような気がして探していたのですが
なかなか見つからず・・・・・。

勘違いかな?と思い、一回は諦めましたが、
先日、もう一回探し回りましたら、

ありました。

12051601.jpg 

12051602.jpg 

2冊一緒に冬眠?していました。

更に、セミナーを受けたような気もしてきて
過去のセミナーを記録しているノートを見ると

平成18年10月12日;基礎編
平成19年 6月14日;応用編

受講しておりました。

このころは、今は閉店してしまった
ヤマハ所沢店がかなり頻繁にセミナーを
開催してくれていて、近くて参加しやすいこともあり、
ほとんどのセミナーを受講していたように思います。

せっかく受けたセミナー、そして
せっかく購入した教材を活かしていなかった
自分を反省しています。

千裕さんの記事のおかげで、冬眠?からさめた
この2冊の教材にきちんとお仕事をして貰わなければと
思います。

そして、気付かせて下さった千裕さんに

感謝です。

譜例がとても多く、自分自身、そしてレッスンに
とても役立ちそうです。

考えてみれば、興味を持って購入したものでも
全く使用していないもの、その良さを発揮させて
あげられていないものが、私にはまだまだ沢山
在りそうです。

いつも其の日の事のみに追われてしまいますが、
時々は、私の都合で冬眠?させてしまっている物たちを
目覚めさせてあげないといけないですよね。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年5月14日

12月に発表会を予定していますが、未だ

日程、会場が決まっていません。

希望日の1年前に抽選(ビンゴ)が行われる会場は
既に落選してしまい・・・・。
こちらは相当な倍率です。

半年前から申請が始まる会場ゲットに向けて
今月末から

待機

を始めます。

待機ってなに?って思われますよね。

12月の希望日を6月1日に申請するのですが
希望団体が多い土・日・祝祭日に関しては
希望日を確実に申請出来るように
申請日より前からその会場で待機するのです。

土・日・祝祭日のどこでも大丈夫と言うなら
もしかしたら、待機無しでも何とかなるのかも
知れません。

でも、土曜日に学校が有る生徒さんや
中高生の定期試験などを考慮すると
私のお教室では、12月の開催可能な日程は
3日程しかなく、
待機無しでは難しいかと思います。

今回から、待機時間が変更になり10時から16時までに
短縮され、とても楽になりました。

待機の達人に聞くと、
以前は、24時間待機で夜間も車の中で
待機していたそうです。

それが、車を預けて(人質ならず車質?)
夜間は帰宅できるようになり、その後、少しずつ
待機時間が短縮されてきたようです。

凄い団体になると、2週間ぐらい待機されるようで
とても太刀打ち出来ませんよね~~。

でも、努力と根性で申請が出来るのは

とてもありがたいのです。

抽選は運だけですものね。

今回は、一応5日程待機を考えていて
先週、お母様方にご協力依頼の教室だよりを
お配りしました。

既にご心配頂いて話題になっていますが

お母様がお仕事なので、おばあちゃまが
  ご協力して下さる。

週末、お母様は出にくいのでお父様が
  ご協力して下さる。

お仕事の合間にこの時間だけなら
  行けます。

人数が足りなければ生後3カ月の赤ちゃんを
  連れてでも行きます。

などなど

温かいお言葉を頂き、感謝、感謝です。

10時から13時と13時から16時の2回に分けて
3時間ずつ、交代時には私もお礼かたがたお邪魔して
おしゃべりタイムを作り、日頃のお悩みなどを
お聞き出来ればと考えています。

どなたも難しい日程には、私が待機出来るよう
自分のスケジュールも調整済みです。

待機と言うと言葉がちょっと怖いのですが
その場所に居れば良く、寝ていても本を読んでいても
大丈夫で、スタッフの方がとても親切なので
雰囲気は柔らかい感じです。

やはり400名程収容出来て、音響、雰囲気などを
考慮すると、選択肢は限られてしまいますので、

発表会の会場確保は厳しいです。

でもこれが発表会に向けての第1歩
何としても頑張って会場を確保しなければ。

これから、ちょこちょこ会場に連絡をして
競合相手の情報を頂き、待機開始の日を
決めます。
何回でも電話させて頂きやすい雰囲気に救われます。

皆さんの貴重な時間なので、無駄に待機は
したくないし、少しの遅れで希望日が取れなくなって
しまうのも悲しいので・・・・。

無い頭を絞って

頑張りま~~す。


おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年5月12日

ピアノのレッスンをスムーズに進めていく為に
欠かせない能力の一つに

読譜力
があげられると思います。

私のお教室では、この読譜力を培う為に
音符カード
が活躍しています。

以前のブログでもこの事に触れさせて
頂いていますが、

凄い!音符カード速弾き28枚で25秒

今回は

音符カード合格証

をご紹介させて頂きます。

女の子バージョン男の子バージョンが有ります。 

12051201.jpg

12051202.jpg

お顔のイラストはそれぞれ、嬉しい表情
と悔しい表情

その時に取り組む音符カードの音名と枚数と
目標時間が書かれています。

1回目から3回目まで全て目標時間をクリアーすると
合格です。

このカードはそのままプレゼントの引換券
早変わり。

この引換券はいつ使っても良い事になっていますが
性格が出ますよね~~。

合格したその日に即使う生徒さん、

もったいなくて取っておいて出してはしまい
 なかなか使えない生徒さん
 先生としては嬉しい感じ

いつの間にかこのカードの存在を忘れてしまう生徒さん
  無欲で~~す。

昨日のレッスンで4月からレッスンをスタートした
生徒さんに初めてこの
音符カード合格証をお渡ししました。

今まで他のお教室でレッスンしていたので
既に有る程度、読譜力が有りますので
いきなり21枚で50秒です。

夜、お母様からメールを頂きました。

音符カードですが3日分書く欄が有りますが
50秒をきった日を書くって事ですよね。
次回レッスンまでにと言うことでしょうか?

またまた私の説明不足で悩ませてしまいました。
ごめんなさい。

音符カードはレッスンでタイムを計りますので
お家では練習だけで大丈夫です。

定着させるために、一回のレッスンで1回のみなので
合格まで最短で3週間かかります。

しつこい先生で~~す。

今回、早速音符カードに取り組んでみようと思って
下さったお気持ちがとても嬉しかったです。

こんなご熱心なお母様に応援して貰える
 ちゃんはお幸せですね。

毎日お忙しいお母様方ですが、このような
お母様の応援の気持ちって間違いなく子供さんの
モチベーションをアップしてくれる筈です。

どうぞ温かい応援宜しくお願い致します。
ついでに?私のブログの応援も宜しくお願い致します。


おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年5月10日

一昨日、NHKの“スタジオパークからこんにちは”に
ピアニストの

舘野 泉さんが出演されていました。

大河ドラマ“平清盛”に使われている曲を2曲
演奏されました。

10年目に脳溢血で倒れられ、現在は左手のみで
演奏されていますが、とても心に染みいる温かい演奏
でした。

リサイタル中に、最後の曲を弾き終えて倒れられたとの事で
その後、リハビリされて、75歳の現在も演奏活動を
続けられています。

舘野 泉に定年無し

と言われたのが印象的でした。

舘野 泉さんと言うと
忘れられない思い出が有ります。

それは、私がマニラに居た頃のお話です。

舘野 泉さんのリサイタルが有ったのですが
その時、信じられない事が起こりました。
日本では絶対あり得ない・・・・。

演奏中に、突然1人のカメラマンがステージに
飛び乗り、ステージ奥まで進み、舘野さんの写真を
撮り始めたのです。
舘野さんの左側からの写真が撮りたかったのでしょうか?
会場は一時騒然となりましたが、
舘野さんは落ち着かれて演奏を続けていらっしゃいました。
そのうち、ガードマンが登場して、そのカメラマンを
ステージ上から連れ去りました。

その間、結構時間が経過していたように思います。

リサイタル終了後、日本大使館主催の懇親会があり、
有る方のお計らいで私はそこに参加させて頂き、
舘野さんと少しお話する事が出来ました。

あのカメラマンには驚かれましたね?

いやいや、大した事ではありませんよ。

ピアノのコンディションがとても悪かったかと
思いますが・・・・。

どんなピアノでも全力を尽くすのみです。
ピアノを持ち運べないピアニストの宿命です。

細かい言葉尻までは憶えていませんが、こんな感じの
お話をさせて頂いたと思います。

テレビでも、常に穏やかにお話しされていた
舘野さんでしたが、
この時も本当に温厚なお人柄、そして、
すごい精神力に感激した私でした。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年5月8日

先日、昨年度に毎回書きためていた

レッスンカルテ

親分レッスンカルテにお引っ越しさせる作業が

完了しました。
1年間の進度と気がついた事をまとめています。

そして、急に12月に予定している発表会の事が
とても心配になって来ました。

1年間ってあっという間で、思ったほど曲を
こなせていない生徒さんが多かったという事です。

これは、1年間のまとめをきちんとしてみて初めて
分かった事で・・・・・。
今回は特に強く感じました。

特に、何かと忙しい中高生の生徒さん達は、
普段取り組む曲も長く、難しいので、
その傾向は顕著です。

部活動、定期試験、合唱コンクールの伴奏等で
お家での練習がままならない時期が1年間に
何回もあります。

と言う事は

発表会の選曲を急がねば・・・。

そんな時、先日、ショパンの“華麗なる大円舞曲”を
レッスンしている中学生の生徒さんが、

先生、この曲を凄く好きになったので、これを
発表会で弾きたいです。
発表会よりもかなり前に仕上がって、他の曲を
練習していたとしても、発表会はこの曲が
弾きたいんです。

なるほど

私にとって、とても良いヒントになりました。

今回、中高生の生徒さんは、次の3つのどれかで
前回より早めに発表会の曲を決めようと考えています。
連弾、アンサンブルはソロ曲の様子を見ながら後日に・・・・。

発表会用に改めて選曲してゼロからスタートする。

現在レッスンで取り組んでいる曲をそのまま
 続けて発表会の曲にする

過去に仕上げた曲の中でお気に入りがあれば
 もう一回勉強し直して発表会の曲にする。

昨日のレッスンで早速二人の高校生に話したところ、
1人は、現在レッスンで取り組んでいる曲を弾く事に
もう一人は、改めて選曲する事になりました。

二人とも、発表会の曲が思ったより早い時期に決まり
ちょっとほっとした表情に見えました。

普段忙しい生活をしている中高生の生徒さんが
発表会に参加するのは大変な事だと思います。

然しながら、1つの曲を深く深く勉強し、人の前で
演奏する事の意義はとても大きいと考えます。
ピアノの技術はもちろん、精神的にも驚くほど
成長します。

最後の最後で焦る事の無いよう、早め早めの準備で
忙しい生活の中でも納得のいく演奏が出来るよう
応援していきたいと思います。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2012年5月6日

長いと思っていたGWも今日で終わりです。

体調が良くなかったので、ほとんど出掛けず
でのんびり、だらだらと過ごしていました。

せっかく里帰りしていた1人息子にも何も
してあげられず、
ごめんね~~。

やっと昨日あたりから、少し元気になり、
以前から気になっていた物を作りました。
と言うか主人にお願いして・・・・。

生徒さん用駐車場の看板

もともと、1人息子が里帰りする時の為に
借りていたのですが、オーナーさんから生徒さん用に
開放しても良いとの許可が頂けたので、
お母様がレッスンに付き添われる方に
使って頂いています。

小規模の駐車場のため、分かりにくいので
何か目印をつけないと・・・・と
以前から思っていたのですがなかなか出来ずに
いました。

ホームセンターで物色して、結局は
100円ショップで

12050601.jpg

を購入。
フェンスです。

あと雨よけにB5版のハードケース

そしてちょっと可愛く題字をパソコンで作り
 
12050602.jpg


取り付けてこんな感じに
なる予定です。

12050603.jpg

フェンスにハードケースを取り付けるのが
ちょっと大変そうで、ここからは(も)
主人の腕の見せ所・・・・。

頑張れ~~。

アメとムチで・・・・。

アメはビールちゃん、
ムチは“出来るって言ったよね~~”という言葉

GWにやろうと思っていた事がまだまだ山積みで
ちょっとがっかりですが、体調もだいぶ回復したので
明日からまた頑張りま~~す。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい



2012年5月5日

今日は、子供の日ですね。

子育ては、楽しくやりがいのある事ですが
それだけに悩み、迷いも多いようです。

今日のお話はあるお母様からの連絡ノートに
書かれたメッセージからのスタートです。

先日お話した のストレスの件です。
実は、おねしょがなかなかなおらなかったんです。
おばあちゃんにお灸をして貰ったり、夜中に起こしたりして
調整して、ここ数日は失敗していませんが、夜だけでなく、
保育園の数時間のお昼寝でさえ、連日おねしょ、なんて事も
ありました。
そんな訳で今回、“練習しなさい”とは決して言いませんでした。
結果、おねしょは今のところしていませんが、言われないのを
いい事にして、全くと言って良いほど、練習をしなくなって
しまいました。
どうしましょう?

前回のレッスンの時にちらっと聞いてはいましたが
改めて、お母様のお悩みには早急にフォローが必要かと
思いました。

お家での練習を促すのにご苦労されているお母様は多いので
この事をブログに取り上げて、 ちゃんのお母様への
アドバイスと同時に皆さんの問題として
考えてみたいのですが・・・・

と、このメッセージの掲載のご了解をお聞きする
メールをしました。
おねしょと言う言葉を出して良いかどうかも・・・・。

するとすぐに次のようなお返事を頂きました。

こんにちは。いろいろご配慮いただき
ありがとうございます。
おねしょの事も、お話した通り、掲載して頂いて
大丈夫です。
昨日から、実家に来ています。
従姉妹たちと触れ合い、ピアノからちょっと離れて
気分転換が出来たようで、昨夜はおねしょは
しませんでした。
私の方の気の持ちようなのでしょうね・・・・。
練習にしても、おねしょの事にしても。
正直なところ、なかなか思うようにならなくて
イラついてました。
先生にお話し出来てちょっとすっきりしました。
聞いて頂いてありがとうございます。
このメールの内容も、必要でしたらブログに
載せて頂いて大丈夫ですよ~~。
連休中で練習不足が気になりますが、来週の
レッスンもどうぞ宜しくお願い致します。

本当にありがとうございます。
お言葉に甘えて全て掲載させて頂いています。

 ちゃんは、今年の春から年長さんになりました。
ピアノのレッスンを始めて2年弱ですが、とても
順調に進んでくれています。

ちょうど、親分カルテへのお引っ越しをしていますが

能力もあり、練習もきちんとしていてペースも速い。
明るく素直でレッスンし易い。

なんてお褒めの言葉のみです。

新年度に向けてレッスンカルテは親分レッスンカルテに


お母様はお仕事をお持ちでいつもお忙しいですが
とてもご熱心で、お家でもきちんと見て下さって
います。

そしてご家族皆さんで応援して下さっています。

今まで良い状態で進めて来れたのは、
その陰に
お母様の努力が有ったのですね。

そして、成長の速い ちゃんにちょっと
反発する兆候が現われて・・・・。

上手くいっていたお二人の歯車がちょっと
かみ合いにくくなってしまった。

これは1つの転機かも知れません。

私の経験だと年長さんだとまだまだお母様の
お力を借りてレッスンを進める事が多いですが
しっかりしている ちゃんの場合は
少し独り立ちさせてみても良いのでは?

私なりにお二人への処方箋をまとめてみました。

先ず ちゃん

誘惑の多いお家に居ても進んでピアノに向かえるような
  システムをプラスする。

12050501.jpg 
以前、コーチングのセミナーで使ったものですが、
ちょっと良さそうな物を見つけたのでコピーしておこうと思います。

レッスン中に1人で練習出来るように練習の方法を
  教える。

お母様の気持ちを私からお話しする。


そしてお母様

精神的負担を減らすために、 ちゃんへの声かけは
  一日おきで良い事とし、どんな事になっていても
  介入せず見守る事にして頂く。

接する時には、“3つ褒めて1つ注意する”
  を出来るだけ実践して頂く。
  褒める事はいくらでも探せるお子さんです。

これがベストかどうかは分かりませんが
先ずは取り組んでみましょう。

ピアノのレッスンを通して、親子関係も
更に良い状態になり、ニコニコのご家庭で
有ってほしいと願うばかりです。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2012年5月3日

忙しい毎日の中で、ゆっくり静かに自分を
見つめるのに良い場所、それは

美術館

かも知れません。
そんなに度々行けませんが・・・・。

先日、1人息子からの招待旅行で
箱根千石原の

ポーラ美術館に立ち寄りました。

2002年に建設された美しい自然の中にある
とてもお洒落な美術館です。

主に、印象派の作品を展示していますが、
昔の化粧道具、東洋陶磁等も常設展示です。

私の好きな、ルノワール、クロード・モネ
堪能してきました。

海外の美術館だと、観光客がいっぱいで、
添乗員さん、ガイドさんの声で静かとは言えませんし、
皆さん、ビデオや写真を撮ったりもしていますよね。

今回のポーラ美術館は、本当に静かで
ゆったりと、絵画と共に自分の心も
見つめる事が出来た素敵な時間でした。

ご主人を亡くされた知り合いが以前言っていました。

休日、1人で出かけるには美術館が一番
連れ立って来ていても、皆さんおしゃべりせず
1人一人のペースで行動しているので
自分が1人で来ている寂しさを感じなくて
済むから・・・。

その言葉を聞いて、自分のお誕生日に
1人で美術館に出かけた事を思い出します。

今回、私がとても好きなルノワールの

レースの帽子の少女

のグッズを購入しました。

最近、何処かへ出かけると、クリアファイルを
良く買います。
実用的だし、いつも身近に置けるので良いですよね。

今回は、ファイルとチケットファイルとしおり

12050301.jpg 

12050302.jpg

ついでと言っては何ですが、お天気が悪く
何も見えなかった

大涌谷

体調が悪く、酔い止めを飲んだのに車酔いして・・・・
やっと着いたら何も見えず

でもさすがの観光地
凄い渋滞、凄い人でした。

皆さん、何も見えないので、

黒たまごに群がっていました。
 
12050303.jpg

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい





2012年5月1日

今日から5月で、私のお教室では新年度のレッスン
スタートします。

レッスンスケジュールが変わりますので、
新しい曜日、時間で新たな気持ちで頑張りましょう。

前後の生徒さんが変わる事も多いかと思います。

どうぞ宜しく・・・・

と笑顔で、気持ちよくスタートしましょうね。


今回は、マニラで生活していた時のお話です。

マニラではピアノを教えないという息子との約束

守れず、あちらへ行って間もなく、日本人の先生を探している

日本人の子供さん達のレッスンをお受けしていました。

未だ5歳だった1人息子は、生徒さんへのやきもちが・・・。
そんな時が有ったのですね~~。

ある日、お隣に住んでいたオーナーのおばあちゃまに
ハワイからバケーションで来るお孫さんのレッスン
頼まれました。

え~~~

マニラに行ったばかりの私は英語に
自信がありませんでした。

メイドちゃんとお話しするときも身振り手振りで必死

英語でピアノのレッスンをするなんて、
あり得ない。

出来ればお断りしたいなと思いましたが、実際、生徒さんが
毎日のように通っていますし、オーナーのおばあちゃまには
何かとお世話になっているし・・・・・。

2週間の滞在だったので、2回ぐらいなら頑張ってみようかな
と思い、お引き受けしました。

そして、1回目のレッスン日となりました。

多分、10歳くらいだったかと思いますが、長身の彼は
会うなり凄い速さで私に話しかけてきました。

う~~~っ 聞き取れない

フィリピン人の英語は比較的ゆっくりで発音も抑揚が無い
ので私には好都合でした。

ところが、彼は本場ものの英語
テンポも速く、抑揚の幅も大きく・・・・。

私の頭の中にはとても大きな

後悔

と言う文字が・・・・・。

でもここまで来たらやるしかないのです。

私は辞書を握りしめ、何とか頑張りました。
確か、彼はトンプソンと私の知らない教本を
持って来ていました。
それを一緒にレッスンして、せっかくなので
日本の曲を何曲か教えてあげたと記憶しています。

レッスンを終えてほっとしていると、
オーナーのおばあちゃまから電話が・・・・。

楽しかったので毎日行きたいと
言ってるんだけど・・・・。
もちろん、英語です。

ムリムリムリ・・・・。

日本人の生徒さんも週に1回だからとお話して
私は何とかこの窮地から逃れたのでした。

でも、もしかしたら言葉が通じなくても
音楽の楽しさって伝えられるのかも
知れませんね。

そういえば、声楽のレッスンを受けたり、合唱や声楽の
伴奏をするときも、交わす言葉は私の苦手な英語ですが
何とか相手の意図する事は理解できていたのかも
知れません。

やはり、音楽って心で伝えるものなのかな?
って思わせてくれた出来事でした。

おくむらピアノ教室ホームページはこちら


ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願い致します
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。