2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

2015年 11月26日



今日は元生徒のNちゃん
約16年ぶりに再会しました。

とても素敵なお嬢さまに成長されていました。



お母様もとてもきちんとされていらっしゃる方でしたが
Nちゃんもそのお母様の元で
礼儀正しく、明るく素直に育ったんですね。


美味しいお土産もありがとうね。




Nちゃんは私が千葉にいた時の生徒さんで
年少さんから小学2年生まで
レッスンに通っていました。


私がこちらに引っ越すのを機に
お別れしましたが
その後も折に触れて
ご連絡を戴いていました。


東京音大を卒業して
今は千葉大大学院で
お勉強を続けていますが
いつか、ゲストとしてお呼びしたいなと言う願いが
今回、叶いました。



発表会では連弾をしますが
今日は
第1回目の合わせでした。



我が家の最寄り駅にお迎えに行き
駅前イタリアンでランチ。







わ~~写真撮り忘れていて
スープの中身がほとんど無い・・・



久々の再会なので
積もる話に盛り上がり・・・・。

その後は
我が家で楽しく練習。




16年前のNちゃんは
コンクールや発表会では
素敵なホールで演奏する事が
嬉しくて仕方ない
生まれながらのピアニストって言う感じでした。

そのNちゃんもその後
色々な事を乗り越えてきたんだね。


今日、そんなお話を聞いて
逞しくなったNちゃんが眩しかったです。



耳の良いNちゃんは、幼稚園の頃から
グランドピアノが欲しくて欲しくて・・・。

小学4年の時にグランドピアノを
買って戴いたと聞き
今さらながらご両親に感謝です。



何でも出来るNちゃんだったので
その中でピアノの道を選んでくれたのは
とても嬉しい事です。


そして今日、こんな風に
2人で連弾が出来るなんて
夢のようです。

ピアノの前に2人で座り
Nちゃんの息使いを感じながら
音を重ねる喜び・・・・・。


こんな日が来るなんて
本当に幸せでした。




おっとりした中にも
芯の強さを感じるNちゃん。

小さい時もそうだった・・・・。



大ホールのスタインウエイで
2人の音楽を響かせようね。

宜しくね。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

2015年 11月14日


前回の発表会で教室を卒業した
Tちゃんのお母さまから久しぶりに
メールを戴きました。


Tちゃんは高校の部活がとても大変で
レッスンに通うのも難しくなり
発表会を機に卒業となりました。


その時弾いたのは
ベートーベンの熱情ソナタの3楽章
難曲です。


忙しい毎日の中で
頑張ってくれました。


3歳のリトミッククラスからの
生徒さんなので、Tちゃんとのお付き合いは
保護者さまとあまり年数は変わりません。


学校の伴奏でも活躍していた
頑張り屋さんで
とてもきちんとしたお嬢さんでした。


お母様が声をかけなくても
自分から練習する生徒さんでした。


お母さまから子育てでの悩みは
ほどんどお聞きしたことが無かったし
私自身もTちゃんの事で
悩んだ記憶は無いように思います。


そんなTちゃんから最後に戴いたお手紙には
ピアノが大好きだったこと。
ピアノの楽しさを教えてもらったことへの感謝。
これからもピアノを弾いていきたいと言う気持ち。

が心を込めて書かれていました。



お母さまからのメールは
高校の合唱コンクールで伴奏をするので
レッスンをお願いしたとの内容でした。



ピアノを弾き続けてくれていて
そんな素敵な機会に恵まれ
更に私のことを思い出してくれて
連絡を下さったのが
とても嬉しかったです。



そしてその後は
Tちゃん本人とのメールのやり取りになりました。


とてもしっかりとした文章に驚きでした



更に素敵なお嬢様に成長されている事が直ぐに分かりました。



Tちゃんから戴いたメールの一部です。

こんにちわ、お久しぶりです。

お忙しい中、お時間を割いてくださり
ありがとうございます。
若干のブランクがあるので不安ではありますが
頑張りたいです。

発表会はいつが本番なのですか?

折角ご提案いただいたのですが
15日は予定が入っていて難しそうです。
すみません。

本番は1月の終わりか2月の始めで
早急にという訳ではないので
先生のご都合が合う日でお願いしたいです。

11月は22日がまだ分からず
29日は確実に空いています。

宜しくお願いします。



すっかり大人になられたTちゃんと
お会いするのがとても楽しみです。


発表会にもいらして下さるとのことで
懐かしい皆さんの演奏を聞いてね。



今日のパスポート表紙のご紹介はこちらです。





おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2013年 3月2日

前回の記事の続きです。

いよいよNちゃんが私の母校の恩師のレッスンを
受ける日がやって来ました。

恩師のお宅は最寄の駅から5分ほどなのですが、
いつも自分のレッスンの時は、なかなか足が前へ
進まず・・・・・なんです。

その日は、NちゃんとNちゃんのママと3人で
楽しく向いました。


お約束の時間をほんの少し過ぎたところで
チャイムを押します。

笑顔で先生が迎えて下さいました。
レッスンは厳しいのですが、とても明るい先生なんです。


レッスンスタートです。

さすがのNちゃん。いつも通り弾けています。

先生の仰る事もちゃんと理解して
演奏がどんどん良くなっていきます。

ちょっと慣れたところでNちゃんのお返事が
「ハイ」から「ウン」になってしまいました。

何回かその返事が続いてしまい、思わず私が

Nちゃん、お返事はハイですよ。

と言うと、先生は

この子はちゃんと言われた事を理解しているんだ。
返事は何でも良い

と言いきられました。

才能ある生徒のレッスンは先生も楽しいんだな。

先生はご機嫌でいらっしゃいました。
Nちゃんもレッスンを楽しんでいました。


このレッスンのあと、恩師からこんなメッセージを戴きました。
随分前の話なのできちんとは覚えてませんが・・・・・。

Nさんは、とても良いものを持っています。
ここまで良く育てましたね。
この調子で大切に育てれば間違いなくうちの大学の
ピアノ科に進めるでしょう。

とても嬉しかったです。

Nちゃんの才能は私の感じたとおりだった。
今までのレッスンに間違いは無かった。


残念ながら、私はその後、転居でNちゃんとお別れする事に
なってしまいますが、引き継いで下さった先生の素晴らしい
ご指導で、コンクールでも活躍し、進学校の高校に入学し、
音大ピアノ科に進んだNちゃんです。

今は、フェイスブックでお友達の私たちです。

先生!ありがとうございます!
ブログ読ませていただきました。
本当に懐かしくて・・・先生にお会いしに行きたいです。

大学の実技試験が終わったばかりに戴いた
Nちゃんからのメッセージでした。

Nちゃん、いつかお会いしたいですね。
その日を楽しみにしていますよ~~。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




2013年 2月28日

Nちゃんが私の教室でレッスンを始めたのは
年少さんだったかと思います。

もう、20年近く前の事です。
Nちゃんは今、某音大のピアノ科でお勉強中です。

私の音大の恩師が太鼓判を押してくれた通りに
成長してくれました。

今日は、Nちゃんのお誕生日です。
Nちゃん、おめでとう

いつかNちゃんの事をブログに書きたいなと
思っていたのですが、お誕生日の今日の日に
お祝いも兼ねて振り返りたいと思います。


Nちゃんとレッスンを始めた時、私は直ぐに
キラリと光るものを感じました。

進度も速く、音楽性もあり、頑張り屋さんで、お洒落さんで
人前でピアノを弾くのが大好きな可愛い女の子でした。

初めて間もない頃の発表会で、
人形の夢と目覚め
かなりの完成度で演奏し、会場は驚きの嵐に・・・。

ママとレッスンに来る途中で、綺麗なお花を見ると
感激する感受性豊かな女の子でした。

随分小さい頃から、グランドピアノを欲しがっていましたよね。

音色の違いが小さいときから分るお子さんでした。

お母様とも相談して、ピティナのコンペティションにも
チャレンジしていました。

緊張するどころか、大きいホールで、良い音色のピアノで
沢山の人の前でピアノを弾くのが嬉しくて嬉しくて・・・
と言う感じのNちゃんは、生まれながらのちっちゃいピアニスト。


そんな中、少しずつ私はNちゃんに音楽の道に進んで欲しいなと
言う気持ちになっていきました。

今の指導で大丈夫だろうか
Nちゃんの力は私が思っている通りだろうか

そんな不安も感じるようになり、私の母校の音大の恩師の元に
お連れする事になりました。

そうです。あの怖い(すみません)恩師です。

もし、厳しい事を言われてもNちゃんなら大丈夫。
その辺については私にもフォローする自信がありました。

そして、私の注意することは全て完璧にこなしている
Nちゃんなので、恩師に言われる事は全て私の指導に
向けての事だとも思っていました。


恩師に失礼があってはいけないので、お母様には
こと細かく色々とお願いしていました。

お礼の事、手土産の事、言葉使いの事などなど。

Nちゃんには、お返事は“ハイ”と言う事と
先生(恩師)の仰る事の意味が分らなかったら、
先生(私)を見なさいと伝えたような記憶が
あります。

そして、その日がやって来ました。

おそらくいちばん緊張していたのは私だったかと
思います。

長くなって来ました。
この続きは、また次にさせて頂きま~~す。

次回もお読み戴けたら嬉しいです。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2012年8月28日

私が千葉でお教室をしていた時のお話です。

今は亡き愛犬メロディのお散歩で時々お会いする
50代後半の さんは、いつもシェルティを
連れていらっしゃいました。

何回かお話しするうちに、さんがもう1匹飼っていらした
ワンちゃんを亡くされてからかなり長い間、
ペットロス症候群で苦しまれている事を知りました。

 さんは、インテリアコーディネーターをされていましたが、
お仕事をするのもやっとで、亡くなったワンちゃんのお骨を
抱いて寝ているとのことでした。

私から見ても、少しお元気が無いように感じていました。

ある日、私の愛犬の名前がメロディということから、音楽の
話になり、 さんが三味線をされていて、それもかなり
お上手であることを知りました。

と同時に さんは、私がピアノ教室をやっている事を
知る事になりました。

こんな年からでもピアノ始められますか?

もちろんです。
大人の方も何人かいらしていますよ。

お医者様にも何か夢中になれる事をしたほうが良いと
言われているんです。


三味線をされていたのですから、きっとすぐお上手になられますよ。
今は、大人の方向けの楽しい教本も沢山ありますし・・・・。

そして、 さんは、お教室に入られました。

もともと音楽の下地がお有りだったので、どんどん上達されました。
家事をそっちのけで夢中で練習されていたとの事です。

そんな さんに生活面でも少しずつ変化が表れました。

明るくなられてとても良くおしゃべりされるようになり、
あちこちお出かけされるようになり・・・・。

ピアノの発表会にも素敵なドレスで参加されるなど色々な事に
積極的になられました。

面倒見の良い方でもあり、掘りたての竹の子を糠と一緒に
持ってきてくださったり、潮干狩りから帰られてすぐにアサリを
戴いたり、息子の入学祝いまでも・・・・・・。

家の買い替えで防音工事の事でもめた時も、とても力になって
下さいました。

私の方がお世話になってしまった感じです。

私は、結婚後すぐに母を亡くしたので、母の面影と
合わせたりしていました。

私が転居のため、お教室をやめなくてはならなくなった時も、
「通いたいのですが・・・・」と涙ぐんで下さいました。


音楽の力は凄いです。

人の気持ちを変えることが出来ます。

苦しみから救うお手伝いが出来ます。

そんな素晴らしいお仕事をさせて頂ける私は
とても幸せです。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。