2018 / 07
≪ 2018 / 06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2018 / 08 ≫

2018年 2月11日


ピアノ教師になって〇〇年。
数多くの発表会を経験してきました。


その中で最も大変で
最も悩んだ発表会のお話です。



それはもう25年も前の事になります。

主人の駐在にともない
フィリピンのマニラで暮らしていた時の事です。


マニラでの生活は
二人のメイドさんに助けられ
家事はほぼ無く
楽園のようなものでした。


そんな中
息子との約束である

マニラに行ったらピアノは教えない・・・・


と言う約束を守る事は出来ず
日本人のピアノの先生を待つ
駐在員のお子様たちのレッスンをしていました。



マニラに行って1年半後ぐらいの時

発表会をしてあげたい


と言う気持ちになり
ご紹介いただいた
日本人のヴァイオリンの先生と

合同発表会


をさせて頂く事になりました。


ホールを借りるのが難しいので
ホテルのペントハウスで行ったため
費用がかさみ
合同でないと難しかったのです。


ホテルでの開催なので
ミリエンダと呼ばれる
立食パーティーも楽しみのひとつでした。



初めてお会いする先生。

私より年上でしたし
マニラに長くいらっしゃるので
ほぼ先方の仰る通りに進めていて
プログラムなども
私が担当していました。


英語での対応でしたので
大変でしたが
生徒さんのため・・・・
と頑張っていました。



ところがある日
その先生から

ピアノの生徒さん達は

皆さん曲も長く
連弾もされるので
短い曲しか弾けないヴァイオリンの生徒さんと
比べると不公平なので
曲を短くしてほしい・・・


とのご意見がありました。


ピアノは音色の事を考えなければ
直ぐに音が出る楽器ですが
ヴァイオリンはそうはいかないのは
良く分かります。

でもそれなら
アンサンブルをするとか
何かしら工夫は出来ると思いますし
これまで一生懸命に練習してきた
生徒さん達の曲を減らしたり
カットするなんて出来ません。


自分の事では我慢して来ましたが

生徒さんの事では
我慢してはいけないと思いました。



と言う事で
こちらも強く主張して
かな~~り険悪ムードに・・・。



演奏時間に差があると言う事で
参加費にも差をつける事をご提案しましたが
それだけでは納得して頂けず
一時は

発表会が出来なくなる・・・

心配もありました。


悩んだ挙句
合同と言いながらも
同じ会場で
前半後半に分けて
別々の発表会にする事に落ち着きました。



ミリエンダだけは
合同でやるしかなく
妙な雰囲気で行われました。



慣れない土地で

思うように進めない
大変な発表会でした。



でも幸せなことに
ご理解ある保護者さまばかりでしたので
皆様に励まされながら
そしてとっても団結して下さり
とても思い出深い発表会になりました。



アルバムを出してきて
懐かしく思い出しました。











おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

2017年 3月17日


過去に何回か

合同発表会

をした経験があります。



音大生の時に
4名の友人と開催した
合同発表会は
おそらく私の人生初の
発表会だったと思います。


記念品も手作りして
打ち合わせで集まるのが楽しくて
とてもアットホームな発表会だったと
記憶しています。



そして
息子がお腹の中に生息して
臨月の時の
合同発表会は
女性合唱団の伴奏をさせていただいていた
団員の素敵なおばさまお2人との
発表会。


新居の厚木から
実家の所沢まで
毎週、生徒さんたちのレッスンと
女声合唱の伴奏のために
里帰りしていた時の事でした。



そして今日書かせて頂くのは

マニラ時代の
合同発表会

の事です。


なかなか大変でした。


マニラ時代は
日本人会の女声合唱の指導などで大変で
生徒さんは今のように多くはお受けできなかったです。


2年半生活していた中で

発表会をしたいな・・・・・・

って思いましたが
日本のように手軽に借りられるホールもなく
悩んでいた時に
友人からヴァイオリンの先生が
どなたかと合同発表会をやりたいと
仰っている事を聞き

ヴァイオリンとピアノの発表会

開催する事になりました。



なぜか
諸々の事ほとんどを私がやる雰囲気になっていて

ちょっと・・・・

って思ってはいましたが
生徒さんのためと思い
得意でない英語で頑張って
準備を進めていました。


ところがある日
ヴァイオリンの先生から

ピアノは直ぐに音が出せる楽器だけど
ヴァイオリンはそうでないので
長い曲を弾ける子は未だ少ない。
プログラムを見ると
ピアノの生徒さんばかり
大曲を弾くのでバランスが悪いから
曲を減らすか短くしてくれないか?


とのお話がありました。


それは納得できません。
一生懸命に練習している生徒さんたちに
そんな事言えません。


という事で
電話でかなり言い合いになったように
記憶しています。


その結果
決裂・・・・


発表会は
日系ホテルの
ペントハウスで開催される予定でした。

それなりのお値段なので
合同発表会に踏み切ったので
やはり諦めたくない気持ちもありました。


結果

午前中はピアノ

合同のミリエンダを挟んで

午後はヴァイオリン


という形態で
発表会が行われました。


ミリエンダと言うのは
パーティのようなもので
ホテルのお食事で
立食パーティでした。


その雰囲気の微妙な感じと言ったら・・・・

異国の地での
苦い思い出の
合同発表会でした。


でもこの事で
普段からとても協力的な保護者さまたちが
更に温かく見守って下さり
更に良い雰囲気になった事も
とても良い思い出です。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2015年 4月8日


今日は教室の生徒さん22名が通っている


小学校の入学式

お邪魔しました。


自治会の区長さん代理として
来賓席でした。



なんと朝から雪

4月ですよ~~。
驚きました。


スーツの上は真冬のコート
手袋も再登場です。


パンプスはちょっと怖そうなので
ヒールの低い靴を履いて
式の会場は土足ではないと思いつつ
一応パンプスも持ちました。


自宅はこの学校の学区では無いのですが
なぜか学区内の学校より
こちらの学校に通う生徒さんの方が
多いんです。


と言う事で校長先生にも
ご挨拶させて頂きました。




今日は2人の生徒さんがご入学でした。


おめでとうございます。


忘れられない雪の入学式になりましたね。



ピカピカの1年生達は初々しくて可愛くて・・・・。

これから無限の可能性があるのですね。

応援していますね。




ふと約20年前の息子の入学式が懐かしくなり
アルバムを開いてみました。


この写真は入学式に行く前に自宅で
撮ったものです。
家の中に中庭があり
なんとそこには雨が降ると言う
面白いお家でした。
その中庭の前で撮りました。





マニラ日本人学校
入学式です。
1年生は2クラスありました。


現地の幼稚園に通っていて
何だか訳の分からない事ばかりでしたので
日本人学校に入学できてほっとしたのを
思い出します。


何を着るんだ
と言うことになり
友人親子のお洋服をコピーさせて
貰ったのが懐かしいです。


あの頃は洋服を作って貰うのが楽しく
生地を買ってはドレスメーカーのおばさんに
作って貰っていました。

ワンピースでも500円ぐらいで
作って貰えました。

なのでステージ用のドレスも
結構作ったんですが
今では身体が入りきりません。



こんな風に親子お揃いの物も・・・。






親子3人お揃いで恐竜柄のパジャマを作った事も
ありました。




マニラ日本人学校は
自宅から車で40分程かかり
息子は毎日
スクールバスで通っていました。


息子が入学する前の年までは
ボンネットバスで、なかなか発車出来ずに
お母様たちが皆でバスを押して
発車させることもあったとか・・・・。


息子が入学した年から
冷房の効いたちゃんとしたバスに
変わったとかで

ラッキーでした。



マニラでの思い出
またゆっくり書いてみたいと思います。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2014年 8月30日

今日は約3年ぶりにマニラ時代の友人と会いました。

マニラで暮らしていたのは約20年前。
とっても沢山の素敵な思い出が詰まった2年半でした。


今日、お会いしたのは

マニラ日本人会女性コーラスグループ「ラ・メール」
一緒だった友人です。

私が指揮者兼伴奏者として務めた2年間のうち
2年目の時に団長さんとして私をしっかりと支えてくれた
大切な友人です。

本当は4名でお会いする筈でしたが
お2人が駄目になってしまい・・・・・。

この4人でやはり「ラ・メール」のメンバーだった友人を
訪ねてハワイにご一緒したこともあります。

おばさん4人の旅は楽しくて楽しくて・・・・。


「ラ・メール」の話に戻ります。

私がマニラに行って直ぐに息子の関係で知り合ったのが
その時、「ラ・メール」で指導をしていた同じ大学出身の
先輩でした。

定期演奏会2ヵ月ほど前だと言うのに
引きずり込まれ・・・・・・。
必死で暗譜してメンバーの1人としてステージに立ちました。

その後、伴奏者が日本に帰国になり、私が伴奏者を引き継ぎ
その先輩とも親しくなっていたので、2人で次の定期演奏会の
構想を考えていた矢先になんとその友人が
日本に帰国することになってしまいました。

こんな事がしょっちゅう起きるんです。

急遽、私が指導を任されました。

定期演奏会は年1回行われ、マニラに住む日本人の
皆さんがご存じのイベントでした。

フィリピン人の合唱団とのコラボで混声合唱もやります。
タガログ語(フィリピン語)でフィリピンソングも歌います。
その時はフィリピン人の先生が指揮をされて私が伴奏。

何故か指揮者は全て暗譜と言う伝統があり・・・・。
20曲近い曲を必死で暗譜しましたよ~~。


とっても大変なお役目で
「ラ・メール」の指導者と言う事で
息子の通う日本人学校のPTA役員も免除されました。


主人の会社のミセス会からも応援して戴いていました。 
 
定期演奏会直前に主人が帰任になりましたが
なぜかその帰任が延びたとかの話も・・・・。

そんなこんなで何とか1回目の定期演奏会が終わり
次期の指導者と団長を決める時が来ました。

私は「ラ・メール」三昧の生活だったので
2年目は気楽にメンバーとして歌い
ゴルフやテニスや色々やりたいと思い
指導者は辞退したのですが
今日お会いした友人が

奥村さんが指導者を引き受けてくれるなら
団長をやります。

な~~んて仰って下さいました。

当時「ラ・メール」はそうそうたるメンバーが揃い
個性あふれる皆々様でしたし、海外での活動には多くの苦労が伴い
団長さんは大変な任務だったと思います。

そんな中、なんて嬉しいお言葉なのでしょう。

と言う事で2年目も指導者として
頑張っちゃった訳なのです。

彼女は英語も堪能でご自身もマニラで
声楽のレッスンを受けていらしていて
かなりの実力派でしたので
本当に心強かったです。

そして何よりお人柄が素晴らしく
とてもきめ細かく動いて団をまとめて
下さっていました。

随分多くの事を勉強させて頂きました。


そんな素敵な友人とのランチは

プロカンジャンケジャン
渡り蟹専門店でテレビでも良く紹介されているとの事です。
生の蟹は初めてでしたがトロ~っとして美味しかったです。
エプロンと手袋をフル装備して元気にかぶりつきました。

 



その後、お茶しようかと歩いていたら
なんと先程、行列だった話題の

俺のフレンチ・イタリアン
の行列が見当たらない・・・・

と言う事で迷わず突入こんなに食べてしまいました。
話題の通り、お洒落で美味しくてリーズナブルで感激。
5時間ほどの間に身体が急成長した私たちでした。
お茶の筈がこれは完璧なお食事ですものね~~。


次回は4人で集まって皆でいっぱい食べて、仲良く急成長したいです。




 



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2013年  9月8日

昨日は、マニラで暮らしていた時の友人と
楽しいランチタイムを過ごしました。


13090801.jpg
マニラに住んでいたのは20年ほど前です。

2年半ほど主人と息子と3人で暮らしていましたが
今から思うと夢のような生活だったかな

そして、全く習慣の異なる異国の地で
楽しく暮らせたのは
頼りになる友人達が居てくれたおかげです。

息子が年長さんの時に行ったので、
まさに子育て真っ最中でしたから・・・・。

日本人はある決まった地域にまとまって
暮らしていましたので、しょっちゅう
お会いしていたように思います。

一緒に助け合って頑張ってきたお仲間なので、
こうして20年経った今でもお付き合いさせて
頂けるのはとても嬉しいです。


マニラでの夢のような暮らしとは
メイドさんとドライバーさんが居てくれる暮らしです。

我が家は一人っ子なので、クックさんとハウスさんの
2人のメイドさんと1人のドライバーさんでしたが、
赤ちゃんが居たりするご家庭では、ベビーシッターさんも
居たりします。

という事で、家事を一切しなくて良いという
夢のような生活なんです。

朝起きると前日に指示しておいた通りの
息子のお弁当が出来ていて、私の朝食はリクエスト通りに
作って貰え、その日に着ていく洋服にアイロンをかけてくれます。

もちろん、お掃除はプロ級なので安心してお任せです。

最後のクックさんはとても優秀だったので、
アジの開きをベランダで干して作ってくれたり、
みたらし団子も上新粉から上手に作っていました。

ハウスさんはのんびりしたとても優しい子で、
私たちが帰任する時には泣きながら

マム(私の事)には家事はさせられないから
一緒に日本に付いて行く。

なんて言ってくれました。


ドライバーさんも何人か変わりましたが、
最後の人はこれまた優秀で、何処に行くにも
予定通りにきちんと到着できる人でした。

あの頃のマニラは結構渋滞も酷かったので
凄いですよね。

お人柄もとても素晴らしく、
私たちが帰任する時には、引く手あまたで
とても良いお給料で友人のお宅に転勤しました。

ドライバーのお仕事だけではなく、家の修理は
大抵こなしてくれてとても助かっていました。


ここまで書くと、確かに夢のようなお話なのですが、
過酷な事と言えば

停電

毎日、予告なしに6時間ほどは停電しました。

暑い国での停電は辛かったですよ~~。

このお話はまたいつかゆっくりと
書かせて頂きますね。


さてさて、昨日のランチです。

楽しい前菜

13090802.jpg 

可愛らしい豆寿司

13090803.jpg 

バラエティなデザートビュッフェ

13090804.jpg 

楽しいひとときをありがとうございました。

そして、息子の結婚のお祝いを戴きました。
感激です。
重ねてありがとうございました。




ランチの後は、ご近所のご夫婦の

山の絵と絵手紙の二人展
にお邪魔しました。
 
13090805.jpg

芸術劇場の展示室です。

なんと80歳を超えていらっしゃるご夫婦です。 
  お二人の素敵な作品達に心が洗われました。

こんな風に歳を重ねられたら素敵だなって
改めて思いました。




おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい




おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。