2017 / 02
≪ 2017 / 01 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - 2017 / 03 ≫

2017年 1月7日


今日は

今年初のコンサート

に行って来ました。




いつもお世話になっている

所沢ミューズ

です。


私でも微塵の迷いもなく行ける
数少ないホールです。


中村紘子さんのメモリアルコンサート
でしたので
会場にはこのような資料も
置かれていて
大ファンでしたので
戴いてきました。





今日のプログラムはこちらです。




演奏者も曲も
豪華です。


そしてなんと今日の席は
前から2番目。

ソリストの細かい動きや表情や
指揮者やオーケストラとの
掛け合いの様子が
間近で見れました。



音響の事から言うと
前すぎなのかも知れませんが
いつもとは違う意味での
楽しさを満喫しました。


3人のソリストは
それぞれの奏でる音色が
魅力的で惹きこまれました。

何度もウルッとする場面がありました。


オーケストラも
安定感があり素晴らしかったです。



そして出口ではこんなお土産も戴きました。



温かい気持ちになりました。


所沢ミューズでのコンサートには
独りで行くことが多いので
帰りもその感動を分かち合うことなく
寂しく独りで帰るのですが
今日は
依津子先生とかえ先生に
会場でお会いして
駅まで楽しくお喋りしながら
帰りました。


明日は自分の本番です。

先程、独りで
ドレスリハ
をしました。

頑張ります。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい
スポンサーサイト

2016年 12月28日


今年も残すところあと僅かと
なりましたね。


今年最後のコンサート

こちらでした。






あけみ先生が
お誘い下さり

所沢ミューズ
まで
いらして下さいました。


宮田 大さんの大ファンなので
お隣でステージに向かって
熱い視線を送っていらっしゃいました。



私もこの1年間

ピアノトリオ

を勉強してきたので
とても興味深く
聴かせて頂きました。



今までならピアノにしか
耳が行かなかったのが
今回は
ヴァイオリンやチェロの音も
自然に耳に入って来て
ちょっとは成長したかなって
嬉しく思いました。



ハイドン
とても軽快で楽しく
ジプシーの自由な雰囲気が
溢れていました。



コダーイ
初めて聴きましたが
とても深く心に染みる演奏でした。

ピアノの音がピアノの音でないようで
ヴァイオリンとチェロと溶け合い
独特な世界がありました。



そして大好きな

大公

しょっちゅう聴いている訳ではないのに
メロディが歌えてしまうほど
印象的でインパクトの強い曲です。


それぞれの楽器が自分を主張しながらも
1つに溶けあい・・・・


いつも弦楽器と溶け合う音色で・・・
と先生方に言われていたのですが
こんな感じの事を言うのかなって
感激でした。



この日から4日間
生徒さんたちのコンクールの応援で
毎日、浜離宮まで
通う事になっていたので
その為のエネルギーを
戴いたような
素晴らしいコンサートでした。



忙しい時こそこんな時間は大切ですね。




コンサート後は
あけみ先生と
大都会所沢の居酒屋さんへ
ご一緒しました。


大都会だけに
席もゆったりで
たっぷりお喋り出来る筈が
時間制限で
追い出されましたあ~~


喋って食べて・・・・
やはりお口が6つの、無口ならず六口で良かったです。
とてもとても楽しい時間を過ごせた事に感謝です。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 11月23日


今日は

レイフ・オヴェ・アンスネス

ピアノリサイタル

に行きました。



会場は

所沢ミューズ大ホール
です。


自宅の玄関から
会場まで40分で行ける距離です。


こんなに近くで
素晴らしいコンサートを聴けるなんて
本当に恵まれていますよね。


そして4月には
こちらのホールで
教室の発表会を行います。


今まさに選曲の真っ最中。


演奏を楽しみつつ
自分の教室の発表会の事と
重ねて
ステージやホールを
まじまじと観察していました。



プログラムはこちらです。




シューベルトは暖かい音色
シベリウスはちょっとクールに
ドビュッシーは絵画が目に浮かぶ感じで
ショパンは壮大な感じで・・・・


とても沢山の素晴らしい音色を
楽しませていただきました。


難所もこんなにもサラッと
弾かれてしまうと
この曲は難しくなかったのかと
錯覚しまうほど
全てが自然な流れでした。



ドビュッシーの

雨の庭


の最後の最後の音が
大ホールの吹き抜けの天井に向けて
飛んで行ったように
聴こえました。

凄いです。




終わってから
所沢でお買い物。


年末は何かと
やることが多いですよね。


お腹が空いちゃって
独りで食べちゃいました。



秋三昧湯麵に入っていた湯葉が美味しかった~~


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 11月3日


今日は
音楽三昧の楽しく充実した1日でした。



先ずはお友達のお嬢様の

栗原麻樹さんのピアノリサイタル





12年間、フランスでお勉強されて
今年の夏に帰国されて
これからは
日本で活動されるとの事です。


とても聴きやすい好きな曲ばかりの
プログラムで
楽しませて頂きました。


麻樹さんの真後ろの席でしたので
息使いまでが伝わってきて
演奏者が身近に感じられる
素晴らしいコンサートでした。


それぞれの作品に
個性が表れていて
とても想いの伝わる演奏でした。


アンコールの
「エディット・ピアフを讃えて」
は今後弾きたいなと思っていた曲の中の1つです。

情熱的かつ冷静さも持ちあわせたような
心地よい流れの演奏にうっとりでした。





その後は

松丸弘子先生のスタジオ

お邪魔しました。




はじめて出会うコンチェルト


沢山のピアノとエレクトーンの
アンサンブルの作品を書かれています。

とても温かく気さくなお人柄で
それにすっかり甘えさせていただき
どっぷりと楽しい時間を
過ごさせて頂きました。


とっても沢山の楽譜から
何曲か初見で合わせて戴いて
来年参加させて頂く
コンサートで弾く曲も決まりました。


早速、音源も作っていただいて来たので
楽譜を取り寄せて
練習を始めたいです。


とにかく音楽を楽しみましょう


というコンセプトのコンサートです。


お誘いを戴いた時
このコンセプトがとても嬉しくて
参加させて頂く事にしました。


今日はその入り口になる
記念すべき日となったわけです。


お腹空いたね~~

という事で
夕ご飯を食べながら
またまた楽しいお喋り




大好きなお友達と過ごす
音楽三昧の時間は
至福の時です。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2016年 10月19日


少し前になりますが
16日は

ミロスラフ・クルティンシェフ ピアノリサイタル

に行きました。




会場は
所沢ミューズ大ホール

来年4月の発表会と
同じホールです。

行くたびに
気持ちが引き締まります。



今回は
咳が酷く諦めようかと迷いつつ
強力なドリンクを飲んで

行きました。


でもこんな時は
咳込まないかとの心配ばかりで
あまり集中して聴けないように思います。




自分の席に行くと
あれ~~先日のコンサートと
同じ場所で
周囲の皆々様も同じ方たち。


右隣はある有名なピアニストさんに
そっくりな初老の方で
左隣はおばさま3人組で
それぞれ印象が強かったので
良く憶えています。


そうです。
私を含めて皆さん
こちらのセット券を買われているのですね。




当たり前ですが
これだけのプログラムを全て暗譜

自分の本番が近ずいているだけに
その凄さが更に強く感じます。



前半は
お馴染みの名曲シリーズ

どの曲も個性あふれる演奏だったと思います。

弱音は鍵盤に顔を近ずけて
弾いていらしたのが印象的でした。



休憩をはさんで後半は
ラヴェルとプロコフィエフ

更に本領発揮という感じでした。

フォルテが素晴らしく響きます。




アンコールはこちら。




1曲目はバレエ音楽ですが
とても壮大なアレンジで
オーケストラ版に負けてない感じでした。

ピアノと言う楽器は
本当に凄いです。


自宅の近くで聴ける素晴らしいコンサートは
とても嬉しいです。

いつも独りでぶらっと出かけます。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。