2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

2014年 12月25日


今日は生徒さんの

グレンツェンピアノコンクール東京本選
の応援に行き
その後、自分のレッスンで恩師のお宅に伺いました。


コンクールでは優秀賞を戴いて
無事に本選を通過出来ました。


私にとって2回目のグレンツェンコンクールですが
幼児さんのチャレンジは今回が初めてです。

予選に続き、幼児さんでも
こんなに深い事を要求して
それを自分の物に出来ると言う事を
学ぶ事にもなりました。


子どもたちの可能性は無限大ですね。


会場もメリークリスマスでした。





嬉しい結果を見届けてから
恩師のお宅に向かいました。



新宿のデパートの上階で
お一人様ランチをして
エスカレーターで降りてくると
何やらバ・バ・バーゲンの気配



でもレッスン前にそんなことで体力を消耗しては
いけないので両目瞑って通り過ぎました。



今年最後のレッスンです。


今回の2週間は前半はなんやかんやで
あまり練習時間が取れず、これでは伺えないと思い
レッスンを延期して頂こうかも思いましたが
後半で挽回しようと自分なりに頑張ったつもりでした。


でも・・・・・・


やはり付け焼刃の練習になってしまったようでした。



エチュードは

自分の駄目な部分を探し出して
それに有効な練習方法を探し出す工夫が足りない

とのお言葉。


1か所、具体的に練習方法を教えて頂きましたが
やはりここまで細かい練習は出来ていませんでした。


そして、今日はバッハさまの難しさを再認識しました。


原典版を使っているのですが
アーティキュレーションで悩み
他の版の解釈を書き込んでいました。


色々な版の解釈を参考にするのは良いけど・・・・・・・・
スタッカートを書き込むのはやめなさい。

とのお言葉。


帰宅して早速消しました。


他の作曲家では悩まない事を
バッハさまでは悩み、迷います。

法則性があるようでない。

様々な解釈がある中で自分はどうするのか


これがまた大切な勉強なのですね。



この1年間
どれぐらい自分が成長できたのかは
自分では良く分りませんが
練習嫌いで努力出来なかった私が
毎日、自分の決めた練習時間を
こなすべく頑張れるようになった事だけは
確かです。


来年はいつも先生が繰り返し仰られる事を
1つ1つ身につけて
自分の財産にしていきたいと思います。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


スポンサーサイト

2014年 12月13日


昨日は自分のレッスン
恩師のお宅に伺いました。


西武線がちょっと遅れて気を揉みましたが
何とかギリギリセーフで間に合いました。


長い間弾き続けていた

インヴェンション8番
合格を戴きました。

いつもは弾き出して直ぐに
ストップがかけられてしまうのですが

弾いている
弾いている
未だ弾いている・・・・

と最後まで通して聴いて戴けました。


そして

神経を張り巡らして弾けるようになったね。
この曲での目的が果たせたので
これは終わりにしましょう。

との嬉しいお言葉。


神経を張り巡らす感覚って
自分では未だきちんとは分かりませんが
テーマを引き立てながらも
テーマ以外の音もコントロール出来るように
なったかも知れません。

以前よりそれぞれのパートの音が
聴けているかも
な~~んて思ったりしています。


この曲を長く勉強した成果を大切にして
進んで行きたいです。


チェルニーでは

勉強の第1歩は自分の状態に気付く事だぞ。

とのお言葉を戴きました。


先生の仰る

メトロノームときちんと合わない。
左手が少し遅れる

と言うご注意は確かに自覚がありませんでした。


家ではいつもメトロノームで合わせていても
実際はきちんと聞いていなかったのかも知れません。

もしかしたらメトロノームの音が聞こえない時が
ピッタリあった時なのかも・・・・です。


生徒さん達が合わないと言うのとは
状況が違い、とても難しい事かと思います。

でも自主練習の時間を頂き
取り組んでみると少し分かったような
気がしました。


イタリア協奏曲3楽章は譜読みでしたが
少し曲想も考えながら弾いていきました。


インヴェンションも一段落なので
今度はこちらに力を入れなさい。

との事で次回、頑張りたいと思います。



今日、明日と教室の

グループレッスン&クリスマス会

をしています。


4つのグループに分かれますが
私も1曲ずつ弾かせて頂こうと思います。


恩師のレッスンに伺う目的の1つは

生徒さんにとってお手本となれるような
演奏がいつでも出来る先生でありたい

と言うものもあります。


年内最後のレッスンに向けて
頑張りま~~す。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2014年 11月28日


先程アップした記事を間違って削除してしまい
消えてしまいました。


読みにいらして下さった皆様には
大変申し訳ありませんでした。


先程の内容を思い出しつつ
もう一回同じ内容でアップさせて頂きます。




昨日は自分のレッスン
恩師のお宅にお邪魔しました。


前回のレッスンで自分の力不足に凹み
前半は練習が捗りませんでしたが
後半は巻き返しを図ったつもりです。


問題となっていたインヴェンションを
練習の初めに持ってきて
時間をかけて取り組むように
努力しました。


レッスン前日に録画して聞くと

少し良くなったかな?

って自分では思っていました。



と・こ・ろ・が


レッスンで弾き始めると

左手だけ弾いて・・・・

と先生のお言葉。


弾けていると思っていたのは
自分だけだと認識しました。


自分では弾けていると思っているのだろうけど
君の弾けているのと僕のそれとは
大きな隔たりがある・・・・・。


仰られるとおりです。


曲全体の構成をもっと細かく深く考える。

mollの時の響きを表現する。

各声部を弾き分け
お互いに影響されない。


どれも未だきちんと出来ていなかったかと思います。



ここでやると少しずつ良くなるのに
なぜ家での2週間で改善出来ないのか?

そんな風に仰りながらも
辛抱強くご指導下さる先生に感謝しつつ
次回は何とか成果を出したいと思います。


今まで弾いてきた自分のピアノの殻を破るための
正念場なのかも知れません。



他の曲は出来ずにこの1曲のみで終わったレッスンでした。

いかに今、この曲が自分にとって必要な物かと
言う事も再認識しました。


レッスン後は意気消沈して
お腹は空いたものの
何を食べて良いのか判断できず・・・・。


音大時代の恩師のレッスンの帰りにも
良く食べていたのをふと思い出し
銀座アスターに寄りました。


シーフード焼きそば
やっぱり美味しかったです。




エネルギーチャージして
生徒さんのレッスンに突入でした。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2014年 11月13日



今日は自分のレッスン
恩師のお宅にお邪魔しました。


道中いつも聞こえてくるのは


2週間自分では頑張ったつもりでも
大した成果が無いんじゃないかな?


何とか時間を作って頑張ったんだから
自信を持たないと・・・・・・。



と言う2つの相反する心の声です。


そして今日、より多く聞こえて来たのは
前者の声。




前回、インヴェンションで撃沈で
先生も


イタリアン協奏曲の譜読みは出来る範囲で良いから
インヴェンションを何とかして来なさい。


と仰っていました。


自分でもそのように取り組んだつもりでしたが
先日、前回のレッスン前に録画したものと
聴き比べたら


あまり変わっていないのでした。


そのあと、再び改善したつもりですが
自信はありませんでした。


譜読みは弾けなかったものが弾けるようになる喜び
曲想をつけると音楽が素敵になる喜び
暗譜が出来たら達成感があります。


ここまでは比較的目に見えやすい上達ですが
今は成果が目に見えにくい部分への
取り組みなのかも知れません。


始めにインヴェンションで撃沈してもと思い
他の物から弾かせて頂いていたら
先生が


今やるべきなのはこれではないだろう


と仰られ、インヴェンション登場



前回から更なる細かいご注意を戴き
またも撃沈でした。



正直言って次回までに
きちんとこなしていけるか不安ですが
忍耐強くレッスンして下さる先生の
お気持ちに応えて何とか頑張りたいと
思います。


練習の仕方も見直さないとですね。



可愛いチョコレートを見つけました。


先生にお持ちし、自分用にも
1サイズ小さいのを買いました。









おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい。

2014年 10月30日

 

今日は自分のレッスン

恩師のお宅に伺いました。

 

大決心をして17年ぶりにレッスンを再開させて頂き

1年が過ぎました。

 

昨年の10月19日に

かなりの緊張の中、レッスンに伺ったのを

ちょっと懐かしく思い出します。

 

この1年

長かったような短かったような・・・・

どちらにも思えます。

 

 

始めの頃(今もですが)先生のご注意に対して

なかなか改善できない自分が申し訳なく

次回のレッスンに伺うのが辛いと

思う時期もありましたが、本当に少しずつですが

丁寧な練習が出来るようになってきたかも

知れません。

 

数少ない貴重な先生からの

お褒めのお言葉は私の宝物です。

 

この1年、周囲の皆様に励まされて

頑張って来れたように思います。
ありがとうございます。

 

同じように音楽に携わる皆々様からの

励ましのお言葉は心に響きます。

 

そして、自分の練習時間を確保するために

家事が今まで以上に手抜きになっていても

じっと我慢してくれている夫にも感謝です。

 

 

今日のレッスンは西武池袋線が遅れて

30分も遅刻してしまいました。

 

いつもなら池袋まで35分でいけるのに

なんと1時間半かかりました。

 

大幅な遅刻で本当に申し訳ありませんでした。

 

明日はハロウインなのでお菓子を

買ってお持ちしようと思い下見もしていて

いつもより1台早い電車に乗ったのですが・・・。

 

お菓子も買えずダッシュで伺いました。

 

 

今回、1番練習に力を入れたインヴェンションでしたが

早くも2小節目で撃沈でした。

 

正直言って自分では結構、細かく丁寧に練習したつもり

でしたがやはりまだまだです。

 

もう一歩踏み込まないとです。

 


もっと音を聴いて左右を弾き分けないと・・・。

 

フレーズの最後の音に神経を使って・・・。

 

出来ているかどうかを判断するのは

指の動きでは無くて音だからな・・・。

 


まだまだやる事が満載です。

 

 

イタリアン協奏曲2楽章は合格を戴けました。

次回は3楽章に進みます。

やはり新しい曲の譜読みはワクワクします。

 

エチュードは譜読みだったので

 

特に言う事は無いので

次の段階に進めなさい。

 

とのお言葉。

 

次回、譜読みに毛が生えたような感じに

ならないように頑張らないとです。

 

 

レッスン後、先生が色々お話して下さいました。

 

自分の音がきちんと聴けて判断出来るテンポで

練習すること。

余裕がない時には聴けていない。

 

自分の練習の結果をきちんと判断し

課題を見つけてゆっくり丁寧に神経を張り巡らせて

部分練習をすることの積み重ねが大切。

 

自分で出来たつもりでは駄目で

誰もが納得する演奏を目指しなさい。

 

 

今までも繰り返し仰られている事ですが

インヴェンションの不出来で凹んでいた私の心に

いつも以上にしっかりと響いたお言葉でした。





おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。

ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村  
 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい。

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。