2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

2017年 8月17日


ちゃんのレッスンが終って
ちょっと気になったので
こんなメールをお送りしました。



前略

昨日のレッスンでは
何とかしてちゃんに
会得してもらおうと
少し強い言いかたになってしまったかと思い
気になりまして
ご連絡させていただきました。

いつもちゃんのペースで
無理なく楽しくレッスンしたいと思いつつ
もう一息で出来る様になる・・・・
と思うとついつい私も力が入ってしまい
ちゃんとお母様に
お辛い思いをさせてしまったかも知れません。

次回からはちゃんのペースに合わせて
無理なく楽しいレッスンが出来る様に
進めていきたいと思います。
ちゃんにも宜しくお伝えくださいね。





ちゃんは明るく素直な女の子です。
お問い合わせ後、少しお待ちいただいて
ご入会して頂きました。



レッスンで少し厳しいことを
言う場合もありますが
出来る限りその後のフォローをして
笑顔でお別れするようにしています。


でもこの時は
次の生徒さんの時間になってしまい
充分なフォローが出来てなかったように感じ
気になってメールをしたのでした。




それに対して
お母さまから
このようなお返事をいただきました。


前略

先生に細かい事を教えて頂いて
も頑張ろうとしています。
帰宅してからもいつもなら嫌だと
言うのですが
昨日はすんなり復習してくれました。

中略

私たちは誰と競うわけでもなく
自分がしっかりとピアノの技術を
習得出来たらと思っています。
基本を大事にコツコツと
ストップしたらしたで
何かを必ず自分のものに出来ると
信じているので大丈夫です。

逆に先生がお気にされてしまっていたのが
申しわけないです。
すみません。

後略



これを読ませて頂き
とても嬉しかったです。


と同時に
とても素晴らしいお母様だと
思いました。


きちんとした考えをお持ちの上で
レッスンに通って下さっている事が
とても良く伝わりました。



大きな気持ちで
ちゃんを応援して下さっている事も
良く分かりました。





保護者様が40名いらしたら
40通りの考え方やお気持ちが
あると思います。


レッスンに何を求めていらっしゃるかも
40通りだと思います。


これからもお1人お1人のお気持ちに添って
より良いレッスンをしていきたいと思います。





今日は
亡き母の実家でもある菩提寺の
お施餓鬼でした。

父と母のお墓参りをして
少し心が軽やかになりました。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


スポンサーサイト

2017年 8月10日


ちゃんは1つのイベントを終えたあと
お家での練習が少々
思うように進んでいないように
感じていました。



レッスンカルテには

あまり練習出来ていなくてお話しする・・・

と言う感じの私の感想が書かれている日が
続いていました。




今回のレッスンの時には

少し時間をかけてじっくりお話しよう・・・

と思い
レッスン前に
最近勉強し始めたコーチングの事も踏まえて
色々考えていました。




そしてレッスンが始まりました。


ちゃんは5月から
独りでレッスンに来ています。



ちょっと様子を見てからと思い
先ずは

バーナムテクニック
です。


課題の曲はしっかり練習出来ていました。

更に課題でない曲も

先生、次の曲もやってみました。

との事で自力で練習していました。



これは前回とは違い
良い感じかも・・・・


って思った私は

ちゃん、今回は練習頑張れたんじゃない?

って聞いてみました。


はい、頑張りました。

やっぱり?


バーナムを宿題以上に進んでいたのを見て
きっとそうかなって思ったんだよ。

れんしゅうがんばりカード見せて見せて・・・


毎日30分ずつやりました。

本当だね。頑張ったね。
先生、実は今日、練習の事でちゃんと
じっくりお話しようと思っていたんだけど
その必要なさそうだね。

ママに言われてやったの?


違います。自分で考えて・・・

尚さら凄いね。

ママもきっと心配していたから喜ぶね。

ちゃんはやれば本当に上手になるよね。
今日の事を忘れないでね。
せっかく頑張ったのだからこれを続けないと・・・
続けると言う事は大変な事だよね。

そこでちゃんの努力が必要になるからね。
頑張ろうね。



お話をする必要がなくなり
褒めちぎるのみで終わったレッスンでした。


モチベーションが落ちていたのを
自分自身で乗り越えたちゃんでした。


ピアノの道は山あり谷ありです。
いつも横で応援していたいと思います。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2017年 7月23日


グループレッスンをすると
個人レッスンの時には見えない
生徒さんの姿を見る事が出来ます。



それは私にとっても
貴重な経験で
その後のレッスンへのヒントにも
なります。



お友達と一緒に何かの課題をするときに
自分だけが出来ていないような気がして
いつもと違う態度になってしまう。


このような反応があれば
その生徒さんの何が不安なのかが
良く分かります。



個人レッスンだけでは
そのような場面がないので
分からなかったけど
進んで色々と手伝ってくれる


必ず次のレッスンの時に
その事を認めて褒めます。



個人レッスンでは
ライバルは居ませんが
グループレッスンをすると
負けず嫌いだったりすることが
分かったりします。


その後のレッスンで
その性質を生かして進めます。



グループレッスンをしてみると
グループの中で
自分のペースが守れるかどうかも
分かります。


それによって
個人レッスンでの声かけが
変わってきます。





大昔息子の子育て中
学校の授業参観があると
授業中よりむしろ
休み時間の様子を
見たいと思っていました。

お友達とどんなふうに
関わっているかは
気になるところですよね。



今回も
ほぼ全員のお母様が
いらして下さいましたが
ご家庭でもなく
学校でもない子どもさんのご様子を
ご覧いただけたかと思います。



その時々で
様々なお顔を見せてくれる
生徒さんたちの様子を
しっかりキャッチして
より良いレッスンをしていきたいと
思います。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2017年 7月19日


お母様方からご相談される事の中で


お家での練習の時の
お母さまの上手な関わり方とは


があります。


多くのお母様が
悩まれているようです。



自分から練習を始めない

間違いを指摘すると怒ってしまう

適当な練習をしているように見える


そんな時
どのように関わるのが
良いのでしょうか





私なりに考えて
こんな風にお答えしています。



練習に付き添う日を決めて
それ以外の日は
本人に任せて
付き添う約束の日には
とことん付き合ってあげる。



子どもさんと

この日はママも一緒に練習するよ

と約束してあれば
子どもさんも
その日はママと一緒にやると言う
心の準備が出来ているので
注意されても
気持ちよく聞き入れてくれるかと思います。


お母さまのご都合で
急に注意なさったりすると
難しい年齢の子どもさんは
素直に受けられなかったりすることも
あるかと思います。



付き添うと約束した日は
べったりととことん
付き合ってあげて下さい。

その反対に
独りで練習すると決めた日は
多少の不協和音や不思議な音には
目をつぶり
付き添う約束の日まで
じっと我慢して下さい。

理想はあまり間を空けない方が良いですね。


子どもさんの方にも
自分でやると言う自覚が
出来る事が期待されます。





もう一つの方法は
毎日の練習時間の中で
メリハリをつける事です。



その日の最後は
必ず少し聞いてあげる

とか

ここが上手になったら
聴かせてね。


のように
目標をもたせて
練習を促すと子どもさんの
モチベーションアップになると思います。





どちらにしても
大切なことは

何か必ず褒めてあげてから
間違いや次の課題を与える


かと思います。


例えば

今日はいっぱい練習したから
難しかった両手が弾けるようになったね。
ママ驚いちゃった!
やっぱり〇ちゃんはすごいね。
次は曲のイメージを考えて弾けたら
ママ涙出ちゃうかも・・・・・。
楽しみにしてるね。



お母さま方
ここは女優になったつもりで
オーバーにごってりと
感情をたっぷり込めて
言ってあげて下さいね。





そして
何より大切な事は

お母さま自身も楽しむ事

です。


大切な時間を
子どもさんのために
使うのですから
楽しまないと損ですよね。


ママが楽しそうにしていたら
子どもさんの気持ちも明るくなり
モチベーションもアップすること
間違いないしですよね。




子どもさんには
それぞれ個性がありますし
ご家庭それぞれ考え方が
異なると思いますので
その都度、最善の方法を
一緒に考えていきたいと思います。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 7月13日


教室では
読譜力をつけるために
これに取り組んでいます。









10個の音符が揃った時に
こちらの
音符カード合格証
初めてチャレンジします。




音符を読んで鍵盤上で弾きます。

男の子用と女の子用が
あります。


その後、教本で音符が増えるタイミングで
次の合格証に進んでいきます。

10個   30秒
13個   35秒
18個   45秒

というように進んで

終点は28個   60秒

です。



秒数に拘るのは
速く読めないと
実際に楽譜を読むのには
役立たないからです。


自分が弾こうとする速さで
読めている必要があるので
この秒数を決めています。



これで育った生徒さんたちは
読譜力には自信があります。



学校の伴奏も譜読みが速いので
オーディションに強いです。



そして
3月に大学を卒業し社会人になった生徒さんが
パーソナルデータの

この教室で良いと思われるところ

の項目に

音符カードがある事

と書いてくれていました。

嬉しいですね。


彼女はお仕事が忙しく
あまり練習出来ませんが
読譜力があるので
レッスン中に初見でもかなりこなせます。

また、時々は私と
初見で連弾を楽しんだりしています。

こんな風に育ってくれたら嬉しいですね。



最近、幼児さん3人が
音符カードでちょっと難航しています。

3人共、進度が速いので
音符の数も多くなっているんです。

お家では出来たのに

レッスン室では上手くいかない・・・・

でももう一息だね。

頑張りましょうね。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。