2017 / 02
≪ 2017 / 01 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - 2017 / 03 ≫

2017年 2月27日


発表会のプログラム

入力が終わりました。


と言うか
主人にお願いしました。

感謝です。



プリントアウトして
今日からのレッスンから
生徒さんたちに確認を
お願いしています。



何回も見なおしましたが
不安は残るので
沢山の目で見る事が大事ですよね。



プログラムの構成

前回と同じようにしました。



この構成は
自分でもお気に入りで
お勧め出来ると思っています。




私の教室の場合は

全体を4部構成にしていて
ソロは
1部ごとに
小さい生徒さんから
大きい生徒さんまで並べて
1部ごとに完結するようにしています。


この構成の良い点

それぞれの部が可愛い曲から
  大曲まで並ぶので
  飽きずに聴いて戴ける。


小さい子ばかりとか
  大曲ばかりとかが続くと
  1人1人の印象が薄らぎますが
  これだと1人1人の演奏が印象に
  残ってもらえる。


同じ学年の生徒さんの
  演奏順に悩む必要が無くなる。


発表会のいちぶだけを聞いていただいても
  色々なレベルの演奏を聞いて貰える。



ソロの配置を決めたら
そこに
アンサンブル
組み合わせます。


全員が2回ステージに立てるように
ソロとは違う部で
アンサンブルの演奏をして貰います。



という事で
それそれの部には
ソロが10曲から13曲
アンサンブル系が
7曲から10曲
組まれています。


生徒さん皆さんが
輝けますように。

会場にいらして下さった皆様が
楽しんで下さるように。


そんな願いを込めて
もう一息
プログラム作りを
頑張ります。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

2017年 2月23日


いつもお母様がレッスンに付き添って下さっている

ちゃんが

初めて独りでレッスンに来てくれました。




レッスン室に入って直ぐに

今日はお母さんがお兄ちゃんの病院で
来れないから独りで来ました。

ってきちんと話してくれました。

え~~独りで歩いて来たの?
偉いね。
お母さんももう安心だね。



いつも通りのニコニコ顔です。



レッスンでも
とても集中して
しっかりお話を聞けたし
粘り強く頑張れました。



発表会の曲がちょっと難しくて
レッスンでも
大変な思いをしているのではって
心配していたので
お母さまが一緒でなくても
ニコニコ顔で
レッスンに来てくれたことが
嬉しかったです。



そんな事もあり
お母さまに
メールでその日の事を
ご報告しました。



それに対して
ご丁寧なお返事を戴きました。


その一部をご紹介しますね。

前略

私も〇をひとりでレッスンに行かせたのは初めてで
レッスンがどうだったのか凄く気になっていたので
先生からご連絡いただいて
頑張っていたとの事でほっとしました。
ありがとうございました。

私が帰宅後、〇に
「今日、習った所聞きたいな~!」
と言ったら
「いいよ~でも難しいなあ、上手くいかないなあ」
などと言いながらも
繰り返しピアノを弾いてくれました。

後略


お母さまはご帰宅されて
お家のご用でお忙しかったかと思いますが
じっくりとちゃんのピアノを
聞いて下さいました。



ややもすると心配のお気持ちから

きちんと出来たの?

とか

先生の仰る事ちゃんと分かった?

なんてバタバタと
子どもさんを追い詰めてしまうケースも
あるかと思いますが
ちゃんのお母様は

素晴らしい対応だったと思います。


子どもたちは
お母さまに

ピアノ聞かせて・・・・

と言ってもらうのが
とても嬉しいのです。


そしてレッスンから帰ったその日に
直ぐに復習する事は
とても大切な事です。


この両面から考えて

満点ママ

でした。


これからもご一緒に
ちゃんを見守っていきましょうね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2017年 2月20日


昨日は

教室便り Melody


を作るのに結構な時間を
費やしました。





私のパソコンが不具合で
パソコンの先生のお宅に入院しているので
主人のを借りての作業でした。



気がつけば

第85号


月日の流れを感じます。



いつもは
A4サイズにビッシリですが
今回はお伝えすることが多く
A4サイズ2枚になりました。


発表会までのスケジュールのお知らせ


メッセージ集のお写真撮り
  お顔の準備のある方はお忘れなく・・・

メッセージ集に掲載するコメント送付のお願い

リハーサル
  小5以上の生徒さんはカフェで行います。
  小4以下の生徒さんはレッスン室でじっくりと。

ヴァイオリンの先生との合わせ練習

オープニングアンサンブルの練習


リハーサルや合わせ練習の
グループ分けも
まとめてお知らせしました。




その他のお知らせいろいろ


発表会のDVDの注文のお知らせ
  30本以上でないと受けていただけないので
  皆々さま、宜しくお願いします。

発表会オープニングについて
  アンサンブル&恋ダンス&お手玉パフォーマンスの
  3本立てで~~す。


皆様に自分のお手玉を
持って戴くために
お裁縫がお好きなお母様には
多めに作っていただけるように
お願いしました。



その他諸々を
加えたら
2枚ビッシリになりました。



今日から
簡単に説明しながら
お渡ししています。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 2月8日


発表会で

親子連弾をしてくれる

ちゃんとちゃんとお母様


仲良し親子3人連弾です。



昨年の7月からレッスンを始めたちゃんと

昨年の11月からレッスンを始めたちゃんと

少しピアノ経験をお持ちのお母様

の3人です。



ちゃんもちゃんも
とても頑張り屋さんで
昨年末に決めたソロの曲を
冬休み中に
マスターしてしまいました。


いつも取り組んでいる曲よりずっと難しいのに
驚きました。



という事で

連弾はちょっと無理してもいいかな?

と思い
レベルの高い曲集から
選んで戴きました。




ジブリの曲のメドレーですが
トップに出てきたのは

崖の上のポニョ

音域も広く難しいです。

リズムも難しく合わせるのも大変。


ちゃんもちゃんも大変ですが
その二人をサポートしながら
ご自分のパートの練習をされているお母様も
かなり大変だったと思います。


レッスンでも
集中して頑張ってくれていますが
なかなか思うように進めません。


せっかく楽しくピアノを弾いてくれているのに
この曲が大変すぎて
楽しくなくなっちゃったら
悲しいなあ~~


私の頭にそんな心配がよぎりました。



お母さまに
そんな気持ちをメールで
お伝えしました。


この曲が大変すぎたら
もう少し易しい曲に変更しても
大丈夫ですよ・・・。

と言うような内容でした。


3人で話したら
子どもたちはこのまま
この曲で頑張りたいと言ってるが
私自身は不安もあるので
次回のレッスンで相談させてほしい・・・・


と言うようなお返事を戴いたと思います。



そしてレッスン日。


単刀直入に二人に聞きました。


この曲が難しすぎて
ちゃんとちゃんが
ピアノが楽しくなくなっちゃったら
先生は悲しいので
易しい曲に変えてもいいんだよ。
それともこのまま頑張る?


2人の声がピッタリ合って

このまま頑張る!

って言ってくれました。



お母さまと顔を見合わせて

頑張りましょう!

って笑顔で言いました。



そしてその次のレッスンで
例の難所を合わせてみると
何とかなりそうでした。


きっと出来るね!

って皆でニコニコになりました。



そしてその次のレッスンでは
例の難所を
3人で楽しそうに弾いてくれました。


その姿を見て
私もこみ上げるものがありました。


そしてあの時
皆の意志を確認して
仕切り直して良かったと
心から思えました。



お母さまが

合わせるのが楽しくなって来ました。
本当によく頑張ってくれています。

って仰って下さいました。


お母さまがきっといちばん頑張っていらして
いちばんご心配をされていらっしゃる事と
思います。


それでもいつも笑顔で
子どもさんたちを見守る
素敵なお母様です。



楽しく練習をして
笑顔で本番をむかえ
ステージで輝いて
素晴らしい思い出になるように
応援していきます。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2017年 2月4日


私の教室では
発表会の曲が決まると

普段の教本はストップ

して
発表会の曲の譜読みに
集中します。



皆さん、いつも取り組んでいる曲より
かなりレベルの高い曲に
チャレンジしていますので
お家での練習がスムーズに進むように
レッスン中に時間をかけて
しっかりサポートしたいと考えています。


素敵な発表会へのパスポート

に記入する時間も必要ですからね。



ある程度
曲が形になれば
少しずついつもの教本を
レッスンに戻します。


発表会の曲をあたためながら
教本を進めます。






発表会の曲の譜読みが終わり
弾きこんでいる時に
起こりやすいのは


音符を読むのが怪しくなる

事です。



いつも同じ曲を練習していると
新しい楽譜を読む機会が減るので

読譜力が落ちてしまう現象が起きる

生徒さんが少なくありません。



そんな時は
マスターしているはずの

音符カード

に取り組んでもらいます。


すると大抵は
直ぐにまた読めるようになりますので
ご心配ありませんよ。



でも今まで出来ていた事が
出来なくなるのって
とてもショックだと思います。


なので
今回は出来れば
早めの対応で
毎回のレッスンに
音符カードと初見の練習
入れていこうかなと考えています。



教本に戻った時に

あれ~~???

って事がないようにね。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。