2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

2017年 5月24日


今日は自分のレッスン

多喜先生のお宅に伺いました。


朝9時からだったので
久々に通勤ラッシュに交じり込み
毎朝頑張っていらっしゃる皆様は
本当に大変だと感じる時間でした。


レッスン室に入ると
いつも通りのお優しい笑顔で

久しぶりね~~

そうです。
2ヵ月ぶりでした。
こんなに間が空いてしまったのは
初めてかと思います。




エチュードの1曲では

自分では気付けない癖が判明しました。

右手2の指が
他の指に比べて
お転婆なようです。


何だか動きにブレーキが
かけられているような気がしていましたが
この指が原因だったようです。


自分勝手な動きをするこのお転婆娘を
協調性のある子に教育していかないと
いけないです。


そして他のエチュードの曲では

どんなことに気をつけて弾いていますか?

と言う先生の質問に

右手の16分音符に夢中にならずに
左手の和声を聴くことです。


と偉そうに言ってみると

そうそう・・・
分かってるんだからやらないと・・・・。



自分なりに
やっているつもりでしたが
未だ未だですね。


やっているつもりだけど
出来ていない事


でした。



そして

大好きな曲

シベリウスのロマンス

本当に美しい曲です。


この曲を本当に綺麗に弾けたら
どんなに嬉しいでしょう。


でもその道のりは険しいものかと・・・・。


出だしの右手で難航。

どうしても
離鍵の時に手首から上がってしまいます。


普段の生活ではしない事を
ピアノを弾く時にはしてしまう・・・・・・・

りのちゃんの動きを観察してみて。
何もかもが自然なはずだから・・・。

孫の名前を先生が
さっと仰った事に驚きました。

凄いです。


赤ちゃんの動きは
何もかも自然なのですね。

今度会ったら
じ~~っと観察させてもらいたいと思います。

怪しいおばあちゃんですが・・・・。



課題満載でレッスンを終えました。

頭を整理して1つ1つじっくりと
取り組んでいきたいと思います。



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

スポンサーサイト

2017年 5月22日


ピアノ歴2年のちゃんのレッスンで
驚いたのは
皆が難航する曲を
1回目できちんと両手で
弾いてきたことでした。



いつも落ち着いていて
多くを語らないちゃんですが
芯が強く頑張り屋さんです。



わ~~凄いね。
この曲は皆が苦労する曲なんだよ。
先生に何回も直されて
なかなか合格できないの。
なのにちゃんは1回目で
とてもきちんと弾いて来てくれて
先生、驚いちゃった・・・・



とテンション高めの私に対して
いつも通りの落ち着きで微笑むちゃん。


お家での練習の様子を聞き出すと
それ程苦労しては無さそうです。


そして驚いたのは
お母さまにも教えてもらってないと言う事。


自力で頑張っていたのです。


この日のレッスンでは
3冊のどの本も課題をきちんとこなし
更に課題以上に先に進んでいました。



いつもお母様は始めに送りがてらご挨拶されて
レッスンが終る少し前にお迎えがてらにいらっしゃいます。


今日の事をお母様にもお話し
ちゃんの前でたくさん褒めました。


お母さまに助けて貰ってないのですね。
凄いです。


私に聞かれたくなくて
私が居ないときに練習しているんです。
なので何を弾いているのかも分かりません。


お母さまに色々言われるのが嫌で
練習を見てほしくないと言う生徒さんもいますが
ちゃんはたんに聞かれるのが恥ずかしいらしいです。



ちゃんのお家での練習は
今とても上手くいっていると思います。


それは
ちゃんの力とお母様の作る距離感が
とても良いバランスを保っているからです。


この距離感は
それぞれのご家庭で
それぞれに合ったものがあるかと思います。


それを見つけだすまでは大変ですが
その辺のお手伝いを出来ればと考えています。


誰にも手伝って貰わないで
自力で丁寧に譜読みが出来る



これは本当に素晴らしいことです。


壁にぶち当たりながらも
諦めずに自分で考えて進んでやり遂げる


これはピアノ以外でも
とても大切な事です。


ピアノを通して
このような力をつけることが出来たら
とても嬉しいです。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 5月20日


ちゃんは5月からレッスンを始めた
明るく素直な女の子です。


お母さまはいつも笑顔で
レッスンに付き添って下さっています。




先日のレッスンで
取り組んでいる3冊のうちの2冊の本で

の音が出て来ました。



私は頭の中で

ここでスラーの弾き方を

しっかり身につけてもらおう

と考えていました。





この曲では
同音連打(レ・レ)のあとに
スラーで弾く音(レ➡ド)が
来るので
スラーを会得するのは
難しいケースかと思いますので
年齢が小さい生徒さんは
この曲では
スラーに取り組まないで終わらせる事もあります。



でもちゃんは
大丈夫と考えたので
スラーにチャレンジしました。





こちらの曲は
レドレドレドレド・・・・・
とスラーで弾く音が
いっぱい続きます。


と言う事で
今日のレッスンは
スラー
がポイントと張り切っていると
ソファーに座られて
じっとレッスンを見ていらしたお母さまが
ピアノの方に近ずいていらして

すみません。

今まではつなげなくて良くて
この曲からつなげるのですか?


と質問されました。


お~~
確かに・・・・・
不思議に思われるのかも知れません。

お母さま、とても良い質問です。

実はピアノは基本的にすべて音を
つないで弾くのです。
今まではドしか無かったので
つなげませんでしたが・・・。


なるほど・・・・・

そういう事なんですね。


ドしか無かった・・・

という言葉に
思わず二人で笑ってしまいました。



子どもは
良く分らなくても取りあえず
言われたとおりに弾いてみる傾向ですが
実際、きちんと理解できないで
進んでしまっている事もあるかも知れません。


そんな中
このようなお母様からのご質問は
とても貴重で
私も色々な気付きに出会えることがあります。


レッスンに付き添われているお母様には
何か疑問を感じられましたら
どんなことでも
ご遠慮されずに質問して頂きたいと
改めて思いました。


生徒さんもお母様も
笑顔で納得できるレッスンを
目指して進んでいきたいと思います。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

2017年 5月18日


発表会の整理もほぼ終わり
バタバタと始まった新年度も
なんとか落ち着いたので
今年度のイベントを
スタートしようと考えています。


先ずは

保護者さまとの

個人面談

です。



実は
平成23年に行って以来
実施出来ていませんでした。


その理由は

個人面談がちょっと怖い・・・・・・・

からです。


今、その時の記録を
見直してみると

お一人だいたい1時間半から2時間

最高記録は2時間半

だったようです。


私自身もたっぷりお話出来て
とても楽しかったのですが
今、これと同じような個人面談を
するのはかなり厳しいかと思います。


でも
生徒さんの事をより深く知り
保護者さまのお悩みに
寄り添うには

個人面談は大切な時間

と考えますので
出来れば毎年、行いたいと思います。



レッスンに付き添われていて
毎回お会いしているお母様も
子どもさんの前では仰りにくい事も
あるかと思います。


レッスンに付き添われていないお母様は
色々気になりながらも
なかなか連絡しにくいかも知れません。



この機会に
少しゆっくりお話出来ればと思います。


私が無口(六口とも言います)なので
時間が伸びてしまうのかも知れませんので
当日は普通の方と同じ1つのお口で
お待ちしています。


短い時間ではありますが
有意義な時間に出来ればと考えています。


おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい


2017年 5月16日


この春中学にご入学された生徒さん5名が
全員レッスンを続けてくれています。


教室に

中学生になったらピアノはやめる・・・

と言う空気が無いので
自然な感じで続けてくれています。


とてもとても嬉しいことです。




そしてなんと偶然にも

全員が

吹奏楽部
入部しました。



クラリネット2名
トランペット
トロンボーン


あとお一人は
未だ聞いていませんが
サックス希望と言っていなような・・・。



次回の発表会の

オープニングアンサンブル
楽しみすぎです。



皆さん
生活がガラッと変わって
とても大変そうです。


12時に寝て
4時半に起きるという
生徒さんもいます。


学校の勉強
部活
塾の宿題

そしてピアノの練習


本当に大変だと思います。


そんな中、
生徒さんたちが通う
1つの学校では
校歌の伴奏での
オーディションのようなものが
あったとの事です。


ピアノを習った事のある生徒さんは
全員チャレンジしたそうで
家の生徒さんは
皆さん、次の段階に進むことが出来たようです。



次の段階である曲は
とても難しく
小学校で伴奏で活躍していた生徒さんも

難しい~~

って言いながら楽譜を持ってきました。


小学校の時の曲とは
訳が違うよね。


一緒に譜読みして
少し感じがつかめたようでした。


疲れ切った中で
夜遅い時間に
頑張ってレッスンに来てくれる中学生の生徒さんたち。


その時間が有意義な時間になるように
先生も頑張るからね。


大変な毎日だけど
一緒に頑張ろうね。



お母さまからの発表会のご感想です。
長らくお付き合い戴きましたが
今回が最後のご感想になります。

前略

発表会では
あの曲弾きたいと言ったりして
弾けた時の喜びを想像しながら
聴いていました。

聴く事も大切なのだなと思い
更に練習してもらえればいいのですが・・・・。

練習量が少ない時期が続き
先生にはご心配をおかけしました。

後略



おくむらピアノ教室ホームページはこちらからご覧下さい。
ブログをお読み戴きありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
応援して頂けたらとてもとても嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 下の(ピアノ教室)を押して下さい
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 上の(ピアノ教室)を押して下さい

おくむらピアノ教室

Author:おくむらピアノ教室
埼玉県所沢市でピアノ教室を
開いています。
レッスンに来てくれた生徒の
皆さんがニコニコ笑顔に
なれるようなお教室を
目指しています。
レッスンでの出来事、日常で
感じた事などを
綴っています。